俺と彼女と、ときどき誠くん

2019年4月18日

1: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 17:47:50.30 ID:vIdx2X9P0
付き合い始めて5年を過ぎた俺と彼女の話
うまく書けないかもしれないけど頑張って読んでくれ
日付が変わる前に彼女のところにいくから
結構中身のない文章になるかもしれぬ
どうか生暖かい目で見守ってくれ




3: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 17:50:42.21 ID:vIdx2X9P0
8年前のあの話からする
当時俺12歳 彼女11歳
同じ小学校に通ってた
学年は一個違い
全校生徒100人くらいの小さな学校
委員会、クラブ、登下校班が同じだった

 

4: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 17:54:13.25 ID:vIdx2X9P0
夏休み明けにあった宿泊学習という5、6年合同の修学旅行的なやつ
2日目の夜のキャンプファイヤーのときに告白されたんだったな
もちろん周りは生徒だらけ
男らしく立ち回れなかったあの時が人生で1番の汚点
あの花で仁太がめんまにいった台詞に近いことを言った気がする
つまり拒絶したわけだ

 

5: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 17:57:39.10 ID:vIdx2X9P0
彼女(以下「まみ」とする)は泣いてた
その後俺を待っていたのは女子10人に囲まれての公開処刑
まみちゃんの何が気に入らないわけ!?
女の子泣かせるとかサイテーなどなど

 

6: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 17:59:27.85 ID:vIdx2X9P0
誰かROMってたら返事をくれ
ちと恥ずかしくなってきた

 

7: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 18:01:03.43 ID:cToRUFVz0
みてるわーwwww

 

8: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 18:01:58.35 ID:vIdx2X9P0
>>7
ありがとう

 

9: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 18:03:29.84 ID:vIdx2X9P0
あまりにも惨めだった
女子の罵倒
男子の笑い声
俺は泣いた

 

10: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 18:06:06.42 ID:vIdx2X9P0

宿泊学習が終わった最初の日曜日
まみから電話がかかって来た

ごめんね、誠がぐずっちゃって手がつけられないの
みたいな内容だった気がする
あの頃は頻繁にまみの家に招かれては
まみの弟の誠くんと3人で遊んだりしてた
弟が欲しかった俺としては本当の弟ができたみたいで
喜んで面倒見たりしたな

 

11: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 18:10:13.28 ID:vIdx2X9P0

その日は俺も気まずくて
断ろうかと悩んだけど誠くんの泣き声が聞こえてきて
速攻で支度して家を出た
まみの家について
誠くんはひとしきり遊んだあと
疲れたのか眠ってしまったため

俺とまみだけで気まずい空気が流れてた

 

12: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 18:13:55.13 ID:vIdx2X9P0

俺は覚悟を決めてまみに謝った
あの時は泣かせちゃってごめんねと

そしたらまみはどうしたと思うよ?
いきなり抱きついてきたんだぞ
女の子耐性皆無の俺は
意味のわからない言葉を発していた
そもそも小学生男子で女の子耐性ある奴がいるのか
いや、いないだろう

 

13: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 18:17:20.20 ID:vIdx2X9P0
そんなまみにつっかえながらかけた言葉が
「俺さ好きとかよくわかんないし
どう答えればいいのかもわかんないけど
まみちゃんと遊ぶのは楽しいよ」
なんともまぁへたれ全開の台詞だった気がするよ
でもまみは笑顔でありがとうって言ってたから
きっとあの時の俺は間違ってなかったんだな

 

14: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 18:20:01.79 ID:vIdx2X9P0
翌日 月曜日
登校日な訳で
前述したとおり一緒に学校に行く訳で
その中には俺を囲んだ女子のうちの一人もいる訳で
みんなにおはようと声をかける中
その子にはシカトされて朝から気が滅入った
まみが待ち合わせ場所に到着して
おはようと声をかけるなり女子Aは
「なんで普通におはようって言えるの?」
って言ってきやがった

 

15: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 18:22:22.80 ID:vIdx2X9P0
俺はそんな理不尽なと思ったが
ここでは言わなかった
というか後でも言えなかったんだが
お前ら、女子ってなんか怖くなかったか?
そんなこんなで俺は下級生の話を聞きながら登校した

 

16: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 18:24:41.16 ID:vIdx2X9P0
教室に入るなり女子からは侮蔑の目
男子一同はにやにやしてた
この状況を楽しめる訳もなく3ヶ月もの間
俺はクラスで浮いた




17: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 18:27:04.91 ID:vIdx2X9P0

3ヶ月の間辛かったのは
委員会で委員長だった俺の話を
まみ以外誰も聞いてくれなかったこと
クラブで部長だった俺の指示を
まみ以外誰も聞いてくれなかったこと

人知れず俺は泣いた

 

18: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 18:30:17.40 ID:vIdx2X9P0
月日は流れまみの家のクリスマスパーティーに誘われた
二つ返事で了承してプレゼントを持ってまみの家へ
初めての他人の家でのクリスマスだったな
19時頃始まったのに気づいたら22時回ってたんだ
俺んちは母子家庭で俺一人っ子
母親は水商売でこの時間は家にいないということは
まみ父たちも知ってたようでなぁなぁで泊まることになった
俺はまみの部屋で寝ることに

 

19: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 18:33:51.22 ID:vIdx2X9P0
布団でゴロゴロしてるとまみが唐突に謝ってきた
なんのことかわからず聞き返すと一言
「キャンプファイヤー」とつぶいた
それで察した俺は曖昧な反応しか返せなかった
正直今の状況が楽しかったからね
まみと話すために学校行ってるようなもんだったし
多分この時にはもう好き?になってたんだと思う
なんで同じ学年じゃないんだろうとか
同じクラスにいたらなぁとか
そんなことばっか考えてたしね

 

20: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 18:36:09.04 ID:vIdx2X9P0
冬休みが明けて学校が始まったわけだが
なんと驚くことに俺ぼっち現象が終わった
みんな飽きたのか俺にはわからなかったが
素直に嬉しくはあった

 

21: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 18:37:33.30 ID:vIdx2X9P0
3月に俺は卒業式を迎えた
まみが泣くかと思ってたがとてもいい笑顔だった

 

22: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 18:48:22.26 ID:vIdx2X9P0

中学校では一応バスケ部に入った
部活がない日はだいたいまみの家に行ってたな
おかげで1年の頃はあまり友達がいなかった

2年になりまみが入学してきた
また一緒に帰ったり出来るねって言われてドキッとしたな
中2のときにはちらほらと付き合い始める男女が目立ってたからね
それでもヘタレだった俺はアクションを起こすわけでもなく登下校をともにしただけだったが
部活の仲間たちにはいい加減告れよと散々言われた覚えがある

 

23: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 18:59:49.05 ID:vIdx2X9P0

毎年恒例だったイベントであるバレンタイン
想定していない事態になった
まみからの告白である
一瞬でフリーズした俺
顔を真っ赤にして俺の返事を待つまみ
「ごめん、ほんとごめん」
今でも思うなんで俺はいきなりこの言葉を発したんだ
まみは今にも泣き出しそうだった

誤解を解くのが大変だった
また告白させちゃってごめんと伝え
めでたく付き合うことになったわけだが
いかんせん知識がない
唯一何かしたかと聞かれたら
手を繋いで歩くことになったことくらいかな

 

24: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 19:02:01.83 ID:vIdx2X9P0
ご飯食べるからちょっと休憩
質問なんてないよね?

 

25: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 19:07:34.74 ID:vIdx2X9P0
ちなみに今現在見てる人はどれくらいいるのだろうか
さっきの1人だけかな

 

26: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 19:12:09.51 ID:NpIHmmlj0
勢いが435有るから結構見てんじゃないの?

 

27: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 19:15:47.61 ID:vIdx2X9P0
>>26
そうなのか
レスないから見られてないんだとばかり

 

28: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 19:21:16.39 ID:blTuAyW20
見てるから続けろください

 

30: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 19:29:52.83 ID:aj/CwRSi0
見てるよ~

 

31: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 19:31:11.77 ID:vIdx2X9P0
じゃあそろそろ高校編はいりますかー
地元の公立高校に進学した俺
その年はまみのことは隠してたな
まみとは1個しか変わらないが
中学生という響きに罪悪感を感じていた
今考えると変な話だよな全く
バイトしてバイクの免許取ったり
ノリで受けた漢検2級受かったのもこの年だったかな

 

32: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 19:35:10.11 ID:vIdx2X9P0
2年になって同じ高校に入ってきたまみ
堂々と付き合い始めた
一番楽しかった頃だな
某ネズミの王国へ制服デートしたり
夏には鴨川の海世界いったり
充実していたと思う
いや、していたな

 

33: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 19:40:21.04 ID:vIdx2X9P0
3年になりバイクで事故ってしまった
山道のクランクで横転
このへんのことはあまり覚えてない
気づいたら病院にいた
まみのことについて聞いたけど
詳しいことは教えてもらえなかった

 

34: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 19:50:01.14 ID:vIdx2X9P0

翌日 検査を終えた俺は退院することになった
まみはどうやらずいぶん前に帰宅してたらしい
病室にはいなかった
まみの家に行って会わせてもらった
顔に白い布かぶせてあってさ
まみの家族みんな目が真っ赤だったのを覚えてる

そのあとも葬式ごっことかやってたな
まみは生きてるのに酷い話だよ
そして俺は高校をやめた
まみが一緒にいて離れないでって




35: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 19:52:25.00 ID:vIdx2X9P0

それからまみは毎日俺んちに来るようになった
俺も楽しかったから毎日まみとたわいもない話をしたり
時には一緒に近所の公園に行ったり
最近までずっとこんな感じ
3年の秋に学校辞めてからだから
もう2年くらいこんな生活してることになるな

淡泊になったがこんな感じ
聞いてくれてありがとう

 

36: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 20:02:33.05 ID:Pex1dSSd0
今はフリーター?

 

37: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 20:05:13.49 ID:vIdx2X9P0
>>36
ニートだ

 

38: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 20:09:12.72 ID:Pex1dSSd0

ニートかよww

でも命あってよかった
お幸せに!

 

39: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 20:11:47.10 ID:vIdx2X9P0

>>38
ニートはいいぞ

そうだな
命あってこその今だからな

 

40: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 20:13:07.05 ID:NpIHmmlj0
コレはSSって事でおk?

 

41: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 20:14:03.39 ID:vIdx2X9P0
>>40
いや、ノンフィクション

 

42: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 20:41:54.90 ID:IpKQm1LU0
まみと二人乗りしてたの?

 

43: 名も無き被検体774号+ 2012/12/29(土) 20:51:54.57 ID:vIdx2X9P0
>>42
そうだよ
まみと2人で出掛けてる最中だった

 

 

元スレ:俺と彼女と、ときどき誠くん