初恋を語るから聞いてくれ

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:13:51.50 ID:pmg2zw+n0
たつかな。

 

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:15:34.46 ID:Wa/eEzTY0
俺は聞いてる
話せ

 

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:18:24.32 ID:pmg2zw+n0
ちなみに私の初恋は高1です。

 

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:19:24.87 ID:pmg2zw+n0
相手は同じ学校の隣のクラスで
野球部のセンターでした。

 

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:20:23.99 ID:pmg2zw+n0
私は地味であまり目立つようなタイプじゃなくて
その人は私とは真逆の性格で明るくて
人気者でした

 

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:20:34.83 ID:Wa/eEzTY0
>>1って女だよな?

 

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:20:59.77 ID:pmg2zw+n0
>>18 女です

 

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:21:59.25 ID:Wa/eEzTY0
>>20
了解
続けなさい

 

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:22:05.49 ID:pmg2zw+n0
私は吹奏楽部で
練習の合間の休憩をグラウンドを見ながら
ほどんど過ごしていました

 

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:25:26.92 ID:pmg2zw+n0
私が彼のことを見ていたように
部活の友達も彼を見ている人が
ぽつぽつといました

 

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:27:48.15 ID:pmg2zw+n0
自分は恋愛には疎い子だったので
単純に憧れのような目線で見ていました

 

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:30:28.96 ID:pmg2zw+n0
でもある日聞いてしまった
彼は野球部のマネージャーの子が好きだと

 

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:32:22.44 ID:pmg2zw+n0

周りの友達はみんな
納得していた

そのマネージャーの子は
優しくて可愛くて
絵に描いたような完璧な子だった

 

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:32:31.26 ID:ZPNS1nwJ0
ほう

 

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:33:16.26 ID:pmg2zw+n0
>>34
見てくれてる人がいてくれて嬉しい
ありがとう(´・ω・`)

 

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:34:07.59 ID:pmg2zw+n0
私は対照的に大人しいし
顔だってかわいくないし
勝ち目はなかった

 

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:35:50.58 ID:pmg2zw+n0

そもそもそれが恋だとは自分でも気づいていなかったし

好きだと聞いたときもそこまでショックも受けなかった
私はただの憧れ程度にしか思っていなかったので
それからも彼を眺めていた

 

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:37:41.78 ID:pmg2zw+n0
そして夏
私は野球部の地区予選の
応援に行くことになった
もちろん部活としてだけど

 

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:38:57.55 ID:pmg2zw+n0
うちの高校は弱小で
毎年一回戦負けで
きっと選手たちも諦めかけていたであろう

 

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:39:55.97 ID:pmg2zw+n0

一年生は応援席で
吹奏楽部と一緒に応援していた

そこにはもちろん彼もいた

 

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:41:39.89 ID:pmg2zw+n0

人いるかな?

後半相手校と凄く離されて
応援も投げやりになる中
彼だけは顔を真っ赤にして応援していた

正直友達はそれを見て引いていた
「なんであの人あんな必死なのw」
とか言ってたし

 

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:43:14.49 ID:pmg2zw+n0

試合が終わって結局うちの高校は
綺麗に負けて

球児の夏は終わった

 

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:45:55.54 ID:pmg2zw+n0
そして学校について
吹奏楽部は各自解散になった
みんなが帰っていく中
私はベタだが忘れ物をしてしまい
学校に引き返した

 

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:47:57.74 ID:pmg2zw+n0
忘れ物をカバンの中にいれ
いつもの癖でつい
グラウンドを見てしまった

 

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:50:10.77 ID:pmg2zw+n0
野球部のいないグラウンドは新鮮で
何だか少し寂しいような気がした

 

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:51:54.40 ID:pmg2zw+n0

暗くなってきたので少し急ぎ足で
私は玄関へ向かった

すると見覚えのあるユニフォームが
目に入った

 

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:54:16.93 ID:pmg2zw+n0

告白現場だった。

ある意味一番出くわせたくなかった
彼がマネージャーに告白するところを
私は見てしまった

思わず反対側の靴箱の後ろに隠れてしまった

 

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:55:13.87 ID:Zc/atCA9I
…期待

 

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:56:01.64 ID:ZPNS1nwJ0
どきどき

 

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:56:33.49 ID:pmg2zw+n0

こういうことはしてはいけない事だと分かっているけど
でも私のクラスの靴箱の前で告白なんてしているものだから
隠れざるを得なかった

内容は
「入部した頃から好きでした
 いつも一生懸命俺らを支えてくれて
 本当感謝しています
 これからは俺があなたを支えていきたいです」
みたいな感じだったと思う

 

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:57:09.47 ID:Zc/atCA9I
ほうほう

 

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 22:59:11.08 ID:pmg2zw+n0

しばらく無言が続いた
多分五分くらい
私は後半グラウンドなんて見て
浸ってないで早く帰ればよかったと
後悔していた

そしてマネージャーが涙ぐんだ声で言った

 

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:00:51.38 ID:pmg2zw+n0

「ごめんなさい」

私は思わず目を見開いてしまった
お似合いだのどーのとうたわれていたのに
こんなにあっさり振られてしまうものなのかと

 

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:01:03.57 ID:ZPNS1nwJ0
男前やな

 

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:03:21.46 ID:pmg2zw+n0
マネージャーは何回も謝っていた
それを彼はなだめるように
「なんとなくわかってたことだから
これからもまた浅井(マネージャー)とは
普通の友達として接するから」
みたいなことを言っていた

 

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:05:35.26 ID:pmg2zw+n0

これからは名前で呼ぶことも増えるから
私→吉川
彼→柳
でお願いします

浅井さんが帰っていったあと
きっと柳くんも帰ったと思い
私は自分の靴箱へとため息をつきながら歩いた

 

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:07:19.00 ID:pmg2zw+n0

しかし考えが甘かった
そこには彼がいた
靴箱にもたれかかって下を向いていた

(やばい・・・やっちまった)
私は気づかないふりをしようとしたが
彼がこちらに気づいた

 

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:08:01.64 ID:8D1mpCgC0
ふむ

 

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:09:56.47 ID:pmg2zw+n0

「あ・・・ごめんね
いまちょっとどくわ・・・」
顔は泣いていなかったけど
声がかすれかかっていたので
少し泣いたのかなと思った

「あ、ごめんなさい・・・」
私は軽く頭を下げた
ゆっくり立ち上がる彼は見上げてしまうほど
大きかった。

 

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:10:07.54 ID:ZPNS1nwJ0
きまずいな

 

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:11:52.73 ID:pmg2zw+n0

「今日、野球部惜しかったですね」
私は何か会話をしなければならないと思い
思い切って話かてみることにした

「あぁ・・でも惨敗だったけどねw」
彼は笑ってくれた

 

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:11:56.89 ID:Zc/atCA9I
出来れば三人の細かいスペックよろ

 

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:17:07.55 ID:pmg2zw+n0

>>72
もうちょっと待ってて(´・ω・`)

「吹奏楽部の子だよね?」
彼が私を知っていることに驚いた

「は・・・はい」
思わず声が裏返ってしまった

 

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:20:34.24 ID:pmg2zw+n0

>>72
吉川 私 ♀
当時大体159cm/46kg
黒髪ロング吹奏楽部でおとなしめ

柳くん 彼 ♂
当時180cmくらい/中肉中背
優しくて頭も程々に良く
男女問わずに人気者だった

浅井さん マネージャー ♀
当時154cmくらい/細い
可愛くて色白で明るくて完璧
肩くらいのショート

 

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:23:23.94 ID:pmg2zw+n0

「今日の応援の時のやつかっこよかった!
いつも練習してると演奏が聞こえてきて
励みになってるよ!ありがとう!」
イケメンは言うこともイケメンだと痛感した

「あ、ありがとうございます」
人見知りの激しい自分はうまく会話ができなかった

 

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:23:35.85 ID:Zc/atCA9I
>>77
thx
柳君がイケメンすぎる…

 

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:25:33.30 ID:pmg2zw+n0

「名前、なんていうの?」
柳くんが言った

私は何故か考えた
ここで下の名前を言うべきなのか
それとも苗字で名乗るべきなのか

普通にフルネームで答えればいいものの
私は
「吉川です」
そう答えた

 

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:27:07.40 ID:ZPNS1nwJ0
吉川・・・・

 

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:28:28.71 ID:pmg2zw+n0
「吉川さんね!
俺は柳○○、これからよろしくね」
(吉川さんかぁ・・・)
名前を教えたら名前で呼んでもらえたのかと
少し後悔した

 

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:31:09.62 ID:pmg2zw+n0

その日は結局校門まで一緒に帰ったが
家の方向が真逆だということが
発覚し、柳くんが送ってくれるというのを
私はかたくなに拒否しそのまま
ばいばいをした

家についてから今日のことをいろいろ思い出した
先輩に音を外して怒られたこと
柳くんの告白現場
そして吉川さん

濃い一日だった。
そう考えて私は眠りについた

 

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:32:40.45 ID:QuuUpUGl0
なんか青春だな

 

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:33:54.67 ID:pmg2zw+n0
それから特に柳くんと関わることもなく
夏休みが終わり、季節はめぐり10月になった
一方的に柳くんを見かけることはあったが
校内で会うことはあまりなく
私はこの平和な日々がずっと続けばいいと思っていた

 

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:34:45.56 ID:0zPdzn3h0
良スレの予感

 

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:37:31.97 ID:pmg2zw+n0

そんなある日
私は教科書を忘れた
「ブスのドジっ子は痛いゾ☆」
と幼馴染み(以下よっちゃん)が私を小突いた

「他に英語があるクラスってないっけ」
「え~2組にあったきがする」

私は走って2組へ向かった

 

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:40:32.02 ID:pmg2zw+n0

そして2組について私は気づいた
私に2組の友達がいないということに

いろんな人にジロジロ見られた
恥ずかしさで死にそうになっている私
「吉川さん!」
聞き覚えのある声が聞こえた

 

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:42:37.21 ID:8D1mpCgC0
フラグ

 

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:44:34.54 ID:pmg2zw+n0
柳くんだった
「久しぶり」
あの日と同じ優しい笑顔で私に話しかけてくれた
「あ、久しぶり」
「どーしたの?」
柳くんはオロオロと慌てていた私を見つけて
声をかけてくれたのだ
「あの、英語の教科書かりたくって・・・でも友達が・・」
友達の少ない私は声をかけてくれたことが
とても嬉しく感じて泣きそうになった
「あぁ、いいよ!ちょっと待っててね!」
そう言って小走りで自分の席まで
教科書を取りに行ってくれた

 

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:47:03.80 ID:pmg2zw+n0
「はい!」
私の前に教科書を差し出した柳くん
「あ・・・ありがとう」
私は頭を深々と下げた
「いやいや大丈夫だよ!じゃあまた後でね!」
手を振りながら教室に入っていく柳くんの背中を
私は目に焼き付けた

 

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:50:59.07 ID:8D1mpCgC0
ほう

 

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:51:56.37 ID:pmg2zw+n0

結局英語は教科書を使わず
小テストをしただけだった

私は授業終了のチャイムとともに
2組へと走った

柳くんは友達と楽しそうにおしゃべりをしていた
この空気を壊していいのかと少しためらったが
「や、柳くんいますか!」と大声を出してみた

 

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:55:45.44 ID:pmg2zw+n0

誰だあいつという目で女子からは見られ
男子はみんな柳くんを「また告白かよー」と冷やかしていた

「ちげーよ馬鹿」
柳くんは笑いながらそう言って私の方へ来た
「ごめんね騒がしくって」
「ううん楽しそうで羨ましい
これ、ありがとうございました」
私は少しずつ目を見て会話ができるようになり始めた

 

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:56:47.43 ID:8D1mpCgC0
いい流れ

 

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 23:58:04.16 ID:pmg2zw+n0

勝手な思い込みかもしれないけれど
前よりも柳くんと話す機会が増えて
仲良くなれてきたかもしれない
そう思っていた

気がつくと季節は冬になっていた

 

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:00:52.50 ID:bRskHqW90

野球部は冬になると校内をランニングしたり
空いている教室で筋トレをしたりなどしていた

私はグラウンドから柳くんが見えないから
冬は嫌いだった

でも、会う機会が多くなるので
そこらへんは冬のほうがいいかもなんて思ってた

 

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:03:12.60 ID:pmg2zw+n0
私はその日、たまたま帰りの時間が
浅井さんとかぶった

 

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:05:24.98 ID:bRskHqW90

ベタかもしれないけど
浅井さんは私のことを柳くんと
付き合っていると勘違いしていた

「ねぇ、吉川さんって柳と付き合ってるの?」
初めてかけられた言葉がそれだったので驚いた

 

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:07:43.41 ID:bRskHqW90
「いや、付き合ってないです!」
私は否定をした
「ふーん。でもなんかいい雰囲気だから
付き合ってるのかなーって思った!」
浅井さんはそう言いながら私を見上げていった
「吉川さんは柳のこと好きなの?」

 

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:09:07.24 ID:bRskHqW90
どう答えるべきか分からず
しばらく黙ってしまった
しかし、ここで言わなくてはと思い
「好きです」
私はそう答えた

 

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:10:55.95 ID:bRskHqW90

浅井さんは可愛らしい笑顔で
「そっかそっか!じゃああたし応援するね!」
そう言って私の頭を撫でた

自分より身長の低い女の子に頭を撫でられるのは
なんだか不思議な気分だった

 

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:12:39.60 ID:bRskHqW90
その日私は帰り道でいろいろ考えた
いい雰囲気ってことは
付き合ってるふうに見えるということなのかと
少し嬉しかった
このとき私は少し自惚れていた。

 

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:13:52.17 ID:layto5F5I
浅井さんヤキモチだな

 

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:14:41.00 ID:bRskHqW90
そして次の日
なぜか噂が広がっていた
よっちゃんが走って私のところに来て
「ねぇ、吉川って柳のこと好きなの??!」と
言われた瞬間
体中の血が一気に下に流れていった

 

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:17:50.41 ID:bRskHqW90
「なんでよっちゃんが知ってるの??」
私は今にも消えそうな声で言った
「いや、すっごい噂になってるからさ
冗談に決まってるよね?」
よっちゃんは少し笑いながら言った
「だって吉川が恋なんてするわけないじゃん!
噂広めた奴も馬鹿だなあww」
よっちゃんは私の肩を叩きながら言う

 

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:20:52.73 ID:bRskHqW90

私はショックで声も出なかった
よっちゃんに手を引かれるがままに
教室に入った

クラスメイトからも質問攻めにされたが
全部「えー」「いやいや」「違うよー」
をローテーションして乗り切った

作り笑顔をしていたが泣きたかった
もう心がぼろぼろだった

 

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:20:54.37 ID:layto5F5I
浅井さん自分の友達にも協力仰いだのか…
それとも浅井さん自身が流したのか…

 

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:23:23.74 ID:bRskHqW90
柳くんに合わせる顔がなかった
きっと気を使ってもらうだけだと
そんなことなら無視し続ける方がいいと
私は柳くんを避けるようになった

 

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:25:05.35 ID:bRskHqW90

思えばあの時私が
浅井さんに好きなんて言わなければ
良かったんだと心から後悔した

きっと彼女がすべて噂を流したんだと
私は浅井さんをすごく恨んだ。

 

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:26:54.96 ID:bRskHqW90

そして一週間くらいたった頃
浅井さんに呼び出された

正直行く気になれなかったけど
それでもやっぱり彼女に言いたいことが
たくさんあったから行くことに決めた

 

119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:29:32.94 ID:bRskHqW90

「なんの用ですか?」
私は勇気を振り絞ってすこしキツめに言ってみた
「えーwwいやいや柳のことだよww」
浅井さんは悪びれる様子もなく
「ドンマイドンマイwww」と軽く言っていた

ドンマイってなんだよお前が言うからいけないんじゃん
私は心の中でそう叫んだ

 

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:31:49.34 ID:bRskHqW90

「柳と気まずくなっちゃったね
でも大丈夫だよ!柳みんなに優しいもん!」
浅井さんの言い方に真ぞこ腹が立って
気づいたら私は浅井さんをぶっていた

パシンという音が誰もいない玄関に響いた

 

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:35:06.30 ID:bRskHqW90

浅井さんはあたしに叩き返してきた
「うるさい!お前がおかしいんだよ!
現実見ろよ!」
あの浅井さんから出る言葉だとは思わなかった

「つりあわないことくらい知ってる!
あたしだってそのくらい自分でも理解してるんだから!」
私はこの時既に泣いていた

 

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:37:33.68 ID:bRskHqW90
「じゃあ諦めろよ!あんたに柳とか
もったいないんだよ!」
ぎゃーぎゃー言いあってるところを
清掃員の人に見つかって止められた
私と浅井さんはそのあとも不仲が続いた

 

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:39:03.52 ID:bRskHqW90
そして次の日私は
柳くんに告白することを決意した
ここまで来たらもう玉砕してもいいや
くらいの覚悟だった

 

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:39:24.46 ID:layto5F5I
うわぁ…

 

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:40:51.22 ID:bRskHqW90
自分はもうかなり落ちていた
きっとどうせ今更なんて言ったって
みんな浅井さんの味方をするんだ
そう思いながら私は2組に行った

 

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:42:34.85 ID:bRskHqW90
2組に行って柳くんを呼ぶと
柳くんはまた笑顔だった
「あ、吉川さん!久しぶり!」
なんでこの人は私の気持ちを知っているはずなのに
いつもどおりに接してくれるんだろう
私は気がつくと泣いていた

 

128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:44:05.58 ID:bRskHqW90

泣く私を気づかってくれて
彼は「廊下いっこか」と優しく言ってくれた

私はうなずくことしかできなかった

 

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:45:34.84 ID:bRskHqW90
そして廊下に行って私は告白を実行することにした
「あの、柳くん」
私は真っ直ぐに彼を見つめた
「うん?」
「私、柳くんのことが好きです」
彼は黙ってしまった

 

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:46:00.58 ID:layto5F5I

柳君テライケメンw
頭の中でクズな事考えてるヤツは笑顔でないわ…

ソースはもちろん…

 

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:48:00.41 ID:bRskHqW90

「ごめん・・・
付き合うことはできない」
柳くんは重い口を開いてそう言った
私は涙をこらえた
「吉川さんの気持ちは嬉しい
ありがとう」
優しく笑う彼を見ると出会った頃を思い出した
私は失恋したんだ

いま、柳くんに振られたんだ。
そう思うとすごく切なく悲しかった

 

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:49:47.46 ID:bRskHqW90

「ううん気持ち伝えられて良かったよ
これからも友達としてよろしくね」

それくらいしか言える言葉を見つけられず
私は柳くんに背中を向けて走った

「吉川さん!」

 

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:50:52.61 ID:layto5F5I
…ッ!

 

134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:51:27.49 ID:bRskHqW90

柳くんは私の名前を叫んだ

「ありがとう!俺、すっごい嬉しいよ!
これからも仲良くしような!」

私は声を上げて泣いた
何回も何回もうなずいた

こうして、私の初恋は終わった

ここまで見てくれてありがとう!
なんかすっきりした!

 

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/08(水) 00:57:41.72 ID:layto5F5I

浅井がビッチで柳君がイケメンな話だな

 

 

元スレ:初恋を語るから聞いてくれ