卒業式の日にラブレターで告白した話する

1: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 03:28:09.91 ID:JcQzMMZC0
深夜ですが需要あれば書こうと思います。

 

2: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 03:32:59.74 ID:JcQzMMZC0
流石に深夜だからみんなもう寝てるか(´・ω・`)

 

3: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 03:34:09.10 ID:KdVz3yJx0
見てる

 

4: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 03:35:35.34 ID:JcQzMMZC0
>>3
ありがとう
見てくれる人いてくれるなら書きます

 

6: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 03:37:12.41 ID:JcQzMMZC0
スペック
俺 当時高3 フツメン 175cm 55kg
相手 同じく高3、同じクラス 165cmくらい 顔は桐谷美玲似

 

7: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 03:41:56.38 ID:JcQzMMZC0
相手(以下ミレイ)と出会ったのは高校に入学したとき
俺の通っていた高校は服装に結構厳しくて、入学式の前に新入生の制服のサイズや着こなしチェックがあり、
そのために入学前に登校日があったんだ

 

9: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 03:48:03.14 ID:JcQzMMZC0

 

11: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 03:53:39.62 ID:JcQzMMZC0
俺は理系なんだが、結構みんなマジメみたいだったようでチェックが予定より早く終わったらしい
30分ほどの待ち時間が出来た
当然ほぼ全員初対面なので、友達作りがそこらで始まった
とりあえず俺は近くの2人に声をかけ、仲良くなった(以下タカ、トシ)
タカは試験の日の面接で見たことがあった
トシは初対面
こうして一応2人の男友達をGET
俺は女友達も欲しいなーと思って女子を見渡した

 

12: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 03:55:37.35 ID:UNsJdFg90
タカトシはあの顔でいいの?

 

14: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 03:56:33.64 ID:JcQzMMZC0
>>12
だいたい合ってます

 

13: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 03:56:08.60 ID:JcQzMMZC0
タカトシのスペック
タカ 170cmくらい、やや太り気味 後の委員長
トシ 160cm無い、チビ やや太り気味 後の生徒会長
役職でお分かりだと思うが、2人ともかなり賢かった

 

15: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 04:01:30.04 ID:JcQzMMZC0

話に戻るが、

女子は10か11人だったが、3つくらいのグループに分かれてた
板野友美似の女子を中心とするグループ
ミレイともう1人
その他
見たいな感じだ

見回すと他の男子が早速女子に声をかけていた
しかし、女子は女同士のけん制のやり合い?みたいなのに忙しくて男子は軽くあしらわれてた

それを見たチキンな俺は無理だな、と思ってその日は帰った

ちなみにミレイといた女子はミレイの幼馴染で顔は今井悠理枝似

 

16: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 04:02:06.46 ID:JcQzMMZC0
今井悠理枝
https://www9.atwiki.jp/kusakaoru/pages/2057.html
こっちも参考に

 

17: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 04:10:44.37 ID:JcQzMMZC0

1年の委員長はミレイに声をかけてた男(仮にA)がなった(タカは2年から)副委員長はその取り巻き
男子は2グループが出来て、タカトシを中心とするグループとAを中心とするグループ
タカトシのグループはヲタク系が集り、Aの方はリア充が集まった
俺はその中間でどちらにも友達がいた

ちなみに俺は中学時代はヲタクで、休み時間はラノベを読んでた

最初はリア充グループにいる時間が長かったのだが、もともとヲタな俺は段々とタカトシグループに引き寄せられていった

このときミレイとその幼馴染(以下ユリエ)とは普通のクラスメイト的な関係だった

 

19: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 04:24:12.37 ID:JcQzMMZC0

部活とか学力については
俺 帰宅部 学力はクラスでまんなかくらい
ミレイ 吹奏楽部 学力はタカトシレベル

俺とミレイの関係が少し変わったのは1年の体育祭
まぁ俗に言う運動会だ
運動会のシメに全校生徒でフォークダンスを踊るんだが、このとき偶々俺とミレイが最初のペアになった
ミレイは運動が苦手でフォークダンスもヘタクソだった
なのでペアの俺が教えることに
あ、俺は帰宅部だったけど幼稚園から武道習ってたからか運動神経はよかったです

ダンスを教えながらや、休憩時間にミレイと話をするようになった

このときに生まれて初めて女友達と呼べる存在が出来た
体育祭が終わっても時々ミレイと2人で話をするようにもなった

 

20: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 04:34:23.11 ID:JcQzMMZC0

俺はDTヲタで小、中と女子と雑談する時間なんてほぼ皆無だったので、ミレイと話をするときは結構緊張してた
それを察知したのかミレイは時々
「なんでそんなに緊張してんのww」
みたいな感じで笑ってた

ある日、ミレイと話をしていると、ユリエが近づいてきた
ミレイ「あ、俺くん。紹介するねこの子ユリエちゃん」
俺「クラスメイトだから名前くらい知ってるよw」
ミレイ「ユリエちゃんは私の幼馴染なんだーw」
俺「そうなんだ。ユリエ、よろしく」
ユリエ「よろしくね!」

女友達がなぜか2人に増えた

ちなみにミレイは結構物静かなタイプで、ユリエは活発なタイプ。ちなみに吹奏楽部。

 

24: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 04:46:29.56 ID:JcQzMMZC0

雑談についてだけど、タカも吹奏楽部でミレイと親交があった
会話するメンツは
俺+ミレイ・・・A
A+ユリエ・・・B
B+タカ・・・C
みたいな感じだった

Cの時は音楽トーク
Bの時はテレビとか学校行事の話
2人のときはお互いの趣味の読書の話をしていた

俺はヲタだったが濫読家だったのでいろんなジャンルを本を読んでいた
ミレイは非ヲタなので、近代小説や推理小説の話が主で、
好きな作家は伊坂だ東野だなんて話をしてた

 

25: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 04:48:46.08 ID:JcQzMMZC0
タカはヲタといっても楽器ヲタで、本来高価な楽器は学校から借りるんだが、
タカは学校に無断でバイトして70万くらいのマイ楽器を買うくらいの男だった

 

27: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 04:56:46.31 ID:JcQzMMZC0

ミレイやユリエと話す機会が増え、2人と俺はどんどん親密になっていった
話していて分かったことが

・ミレイは物静かで友達が少ない
・だからいつもユリエの友達から友達を作ってた
・男友達は今までいなかった
・俺と俺についてきたタカが始めての男友達

ということ。
ユリエに「俺くんミレイに気があるんじゃないの~?w」とかも言われた
その時は「そんなことね~よwナンパかよww」
みたいな感じで軽く流したが、その一言を言われたことで徐々にミレイのことを異性として意識し始めた

3人ともケータイは当時持ってなかったので、メアド交換とかは出来なかった

 

29: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 05:10:52.80 ID:JcQzMMZC0

結論から言えば俺はミレイに恋をしていた

またひとつき程経ち、文化祭のシーズンになった
出し物はオバケ屋敷で、俺は案内係、ミレイは受付だった
案内係ってのは、オバケ屋敷に入る人に諸注意をして道具(懐中電灯)を渡す役だ。
また、回って返って来た人に声をかけ安心させ、最後の最後ににトシがその人を全速力で追いかけるという役でもあった。

オバケ屋敷といっても所詮高校生の出し物。
波が去ってひと段落すれば暇になった

俺はその時に勇気を振り絞って言った。
「ミレイ・・・。よかったら今日最後、踊らない?」
俺の高校は祭りの最後はダンスで締める風習らしく、
文化祭の最後にも生徒会主催のフォークダンスがあった
それにミレイを誘ったのだ

ミレイは
「でも俺くんは体育祭知ってると思うけど、ヘタだよ?それでもいいの?」
俺はそれでもいい、と言った。
ミレイは少し赤くなって「分かった」と言った。

 

30: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 05:26:29.03 ID:JcQzMMZC0

文化祭のフォークダンスは、体育祭のとは違って、自由参加だった
だから参加するのはほとんどカップルで、人数稼ぎに生徒会+先生が加わるみたいな感じだ

俺の高校のフォークダンスはオリジナルで、連続回転や特殊なステップがあって結構難しい
少しでもミレイを楽しく踊らせてあげようと、俺は一生懸命彼女をリードした

踊っていて俺はふと気がついた
ミレイが体育祭の時よりもダンスが上手になっていたのだ

ダンスが終わり、ベンチで休憩している時にそのことを聞くと、
「実は、どうせ来年も踊るんだからって、ユリエちゃんと練習したの・・・」
ユリエGJ!!と心の中でガッツポーズをした

今思えば、俺の気持ちにユリエは気がついていたのかもしれない

会話の最後に告白しようと思ったが、タイミング悪く吹奏楽部の先輩が来て
閉会式のミーティングがあると言ってミレイを連れて行った

閉会式の最後に吹奏楽部の演奏会があって、結構ノリノリな感じで行われる
それで盛り上がりが最骨頂になって、終わり!みたいな感じなんだ

あ、さっきフォークダンスがシメって言ったけど、それは出し物のシメってことなんだ
ややこしくてスマソ

ミーティングに向かうタカに聞いたが、吹奏楽部は閉会式の後打ち上げがあって遅くなるらしい
俺は仕方なく文化祭が終わって閑散とした学校を去った

 

35: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 05:42:36.21 ID:JcQzMMZC0

なんとなくタイミングを逃したタキンな俺は、改めてミレイに告白する勇気も無く、そのまま2年生になった
2年生になり、委員長がタカに変わった。副委員長にはタカが俺を指名した
タカが委員長するなら、と俺も快諾した
また、生徒会選挙が行われトシが生徒会長になった
トシに誘われ、俺も生徒会の役員になった

ちなみに当時の状況を説明しとくと

俺:ほぼヲタグループの一員
タカ:俺がヲタと知っているが女子の前では隠してくれていた。彼女はマイ楽器(名前とかつけてた)。
トシ:生徒会長。東方ヲタ。生徒会はヲタの巣窟だった
ミレイ:俺がオヲタとは知らない。
ユリエ:同上。2年になってから他のクラスの男子と付き合っている

こんな感じだ

 

36: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 05:49:15.28 ID:JcQzMMZC0

副委員長、生徒会役員。2つの仕事を兼務するのは結構なハードワークだった
帰宅部だからとはいえ、予備校にも通っていた俺は毎日ヘトヘト
それでもチャンスを待つためにミレイやユリエとはできる限り話をする時間を作った

そして夏休みが来た
俺は毎日予備校に通っていたが、予備校は高校の目と鼻の先にあるので、休み時間には学校に行ってミレイたちと話をした
ユリエが時々それとなく気を利かせて2人きりにしてくれるんだが、チキンな俺は結局ミレイに告白できなかった

そして夏休みが終わった

 

39: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 06:07:26.85 ID:JcQzMMZC0

2学期が始まった

ここである事件が起こる
ユリエが彼氏と別れたのだ

 

40: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 06:11:25.04 ID:JcQzMMZC0

事件の詳細について書く

ユリエが言うには、彼氏が実は重度のヲタで、Hするときにコスプレを強制させられたらしい
ちなみにユリエは非処女、ミレイは処女
自分をキャラに当てはめられてるだけに思えて嫌になったらしい
そしてこの事件はユリエのココロにトラウマと思い込みを植えつけた

ヲタはみんな人間として最低だ、と

 

41: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 06:15:07.52 ID:UNsJdFg90
極端だなあユリエ
しかしマズい事になったな

 

42: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 06:19:28.09 ID:JcQzMMZC0
>>41
なんかユリエも最初はノリノリだったんだが、彼氏が思わずそのキャラの名前を夢中で呟いちゃったらしい・・・w
それで喧嘩になったみたい

 

43: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 06:21:18.17 ID:UNsJdFg90
「これ着て」じゃなくて「なりきって」にするべきだったねw

 

45: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 06:24:55.00 ID:JcQzMMZC0
>>43
そうだねww乙女心は難しいよね(゛・ω・`)

 

44: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 06:23:48.15 ID:JcQzMMZC0

俺は内心ヒヤヒヤしながらユリエの相談相手になっていた
俺がヲタだとばれたら、絶交されるかもしれない
そうしたらミレイとも・・・
ビクビクしながら生活した

後で知ったがユリエの彼氏は生徒会副会長だった
前にも書いたが、生徒会はヲタの巣窟
時々副会長が「彼女にコスプレしてもらってるんだw」と言っていたのはユリエのことだった

幸い、生徒会メンバー以外に生徒会がヲタの巣窟であることを知るものはいなかった
俺は休み時間はミレイと話し、放課後は生徒会室で仕事をしながらヲタトークというのが日常だった

半月ほど経ってユリエも落ち着き、なんとか元の関係にもどりつつあった

そのころ、2年目の文化祭をするに当たって、開校100か110周年を記念して学校誌を出すことになった
役員の俺は会長と共に編集者に選ばれ、毎日部活生や先生が書いたエッセイを受け取り、PCに打ち込んでいっていた

 

46: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 06:27:33.06 ID:JcQzMMZC0

あ、体育祭は何事も無く終わっちゃいました
俺チキン乙

体育祭終わって1ヶ月くらいしてユリエと副会長は分かれました

 

47: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 06:34:26.95 ID:JcQzMMZC0

話戻ります
ここから多分流れ早いです

とある日、俺はいつものようにエッセイをPCに打ち込みながら会長とヲタトークをしていた
話が盛り上がり、結構な大きさの声で話してたと思う
水泳部のエッセイを打ち込み終わって、次はどこだと作成要領を見ようとした瞬間

バァァァァァン!!!!
ドアがすさまじい音を立てて開かれた
「最っっっっっ低っ!!!!!!」
そこに立っていたのは、号泣したユリエだった

俺はいきなりのことに呆然としていた
ユリエは手に持っていた原稿用紙を机に叩きつけ、走り去っていった

そう、水泳部の次のエッセイは『吹奏楽部』だった
そしてユリエは吹奏楽部の部長だった

 

48: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 06:35:32.62 ID:JcQzMMZC0
やばい書いてたら悲しくなってきた・・・
でも一度始めたら最後までがんばります!

 

49: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 06:36:02.63 ID:UNsJdFg90
あうあー
がんばれ

 

50: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 06:41:28.93 ID:JcQzMMZC0

ユリエに俺がヲタであることがばれてしまった
俺は焦った。尋常じゃないくらい焦った。
しかしどうすることもできなかった

後でタカに聞いたんだが、
ユリエは号泣したまま部室へダッシュ
何事かと部員に聞かれ、俺がヲタであることを暴露
当時部長のユリエの影響で吹奏楽部全体が反ヲタみたいな雰囲気だったらしい
当然部室には練習中のミレイもいた

これも後でタカに聞いたんだが、ミレイは
「ヲタクの人が皆最低なわけじゃないよ。ユリエも俺くんがいい人なのは知ってるでしょ?」
とその時はかばってくれてたらしい

 

51: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 06:44:50.36 ID:UNsJdFg90
その時は、か・・・

 

52: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 06:49:17.78 ID:JcQzMMZC0

次の日から、女子の俺に対する態度が変わった

ユリエがあることないことを吹き込んだらしい
なんとなく無視されているような感じだった

それでも俺は一縷の望みを持ってミレイに話しかけた

俺「おっす。おはよう」
ミレイ「・・・おはよう。ゴメン・・・」

そういってミレイはこっそり俺に紙切れを渡した
そこには「放課後に多目的室で待ってる」とだけ書いてあった

当時ミレイは放課後の自主練習で多目的室を使っていた
クラスにはミレイとユリエのほかにも吹奏楽部の女子がいるから、多分2人きりで話したかったんだと思う

 

53: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 06:57:46.80 ID:JcQzMMZC0

放課後、多目的室に行くとミレイが練習していた
コチラに気付いたようで、少し悲しそうな目をしていた

俺「なんの話?・・・まぁ大体想像はつくけどね・・・」
ミレイ「うん・・・」
沈黙。
ミレイ「私はね、大丈夫なんだけど・・・みんながね、俺くんとはもうかかわるなって・・・」
ミレイは泣いていた。
俺はミレイの手を握って、
「そか・・・でも俺はミレイに信じて欲しい・・・みんなにもヲタクがみんな酷いヤツじゃないんだってわかって欲しい・・・」
ミレイ「2人で一緒にがんばれば、ユリエもわかってくれるかな・・・?」
俺「きっとわかってくれるよ」

その日はミレイを慰めて、予備校をサボって家に帰った。

 

54: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 07:00:21.89 ID:JcQzMMZC0

翌日、朝起きると俺は違和感に気付いた
熱がある。関節が痛い。喉が痛い。
熱を測ってみると、39℃あった。
病院にいき、検査をしたところインフルエンザだった

俺は学校から1週間の出席停止をくらった

 

56: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 07:05:00.24 ID:JcQzMMZC0

一週間、俺は煩悶としてがら生活した
ミレイはどうなってるんだろうか・・・大丈夫なんだろうか・・・

一週間後、無事俺は登校した

まわりの態度はさらにあからさまになっていた

 

57: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 07:06:08.19 ID:JcQzMMZC0

ミレイのほうを見ると目が合った

彼女は涙目になって下を向いた

どうなっているんだ
俺は何も分からずただ呆然と一日を過ごした

 

58: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 07:17:23.82 ID:JcQzMMZC0

放課後、呆然としながら下校していた俺はタカに呼び止められた
タカ「おい、俺ー」
俺「・・・なんだタカ?」
タカ「委員長として・・・いや、友達として俺にはこの一週間何があったかお前に言う義務があると思ってな・・・」

タカは部活をサボって俺を近くの喫茶店に連れて行った

タカ「最初に言っておく。今回のことでミレイを責めるんじゃないぞ」
俺「・・・。なにがあったんだよ・・・」
タカ「いいか、俺。ミレイはな、この一週間ずっと1人でお前をかばおうとし続けたんだ」
驚愕した。彼女はたったひとりで動いてくれていたのだ。
タカ「でもな、相手はあのユリエだ・・・。話は悪いほうへとどんどん進んでいったんだよ」
吹奏楽部は俺の高校で一番規模の大きい部活だった。全校生徒の約2割が吹奏楽部なのだ
そしてユリエはその部長・・・。
反ヲタの主張は次第に俺個人に対する批判に変わっていった
俺がインフルエンザで休んだのも、逃げた、と捉えられたらしい
タカ「流石にミレイも全校の女子相手にするのは無理だったんだ・・・」
タカ「知り合いの男子にはちゃんと話をしてある。男子はお前を嫌ってはいないんだ」
俺は泣きそうになった。いや、おそらく泣いていたんだろう
ありがとう、とだけタカに伝えて俺は家路に着いた

 

59: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 07:21:34.44 ID:UNsJdFg90
ユリエ・・・(´・ω・`)

 

60: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 07:24:05.53 ID:JcQzMMZC0

次の日からは女子は俺を避け始めた。
昨日タカが部活をサボって俺と話しをしていたのがバレていたらしい
ユリエがそれを気に入らず、女子達にけしかけたようだ
ミレイもこの日から目さえあわせてくれなくなった

女子で数少ない俺の理解者は、生徒会役員の腐女子3人だけになった

 

62: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 07:30:03.47 ID:JcQzMMZC0

なんか結構暗くなってきたので、3つほど明るい事件を紹介しとこう

・タカが女子に告白されるも、「俺の嫁はコイツ(楽器)だから」と低調にバッサリお断り
・トシと街に遊びに行った時、俺がトイレに行っている間にトシが小学生と間違われ警官に補導されそうになった
・気付いたら俺×トシのBL小説が腐女子3人の間で完成していた。俺は攻めだった

 

63: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 07:31:53.44 ID:UNsJdFg90
腐女子自重ww

 

64: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 07:33:33.64 ID:/tz6iu0AO
腐女子何やってんだよwww

 

67: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 07:40:45.61 ID:JcQzMMZC0

ここからまた歳月が飛びます

気がつけばもう3年生の終わり。
受験ということもあり、ケータイを親からかって貰った。
2次試験を間近に控えた3月のある日。
俺はセンターに失敗し自己ワーストを記録。泣く泣く志望学部を代えることになった。
ひと段落が着き、ぼーとしているとメールがきた。タカからだった
「16時に喫茶店に来い」
というものだった

喫茶店につくと、タカがいた。
タカ「おう。久しぶり。勉強どうよ」←2月から自由登校で1ヶ月会ってなかった
俺「志望学部変えちまったよ・・・」
みたいな話を1時間くらいした

タカ「ところで、だ」
俺「ん?」
タカ「お前、再来週卒業式だぞ。このままでいいのか?」
俺「どういうことだよ・・・」
タカ「ミレイに気持ちを伝えないのかってことだよ」
俺「もう無理だろ・・・」
タカ「でも好きなんだろ?これで最後なんだぜ・・・?」

タカにも俺の気持ちはバレていた。まぁあれだけ知ってれば当然か・・・

タカ「まぁ考えとけよ・・・本当に、最後なんだからな」
俺「ああ・・・考えとくよ」
そういって俺はタカと別れ家に帰った。

 

69: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 07:44:00.36 ID:UNsJdFg90
タカ超いい奴
一生の友人になるかもな

 

70: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 07:44:01.27 ID:FcCRW0JO0
ずっと見てるよ
楽しみにしてる

 

72: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 07:46:34.61 ID:JcQzMMZC0

帰り道、頭の中が急にグチャグチャになって涙が出てきた。
俺はチャリを全速力でこいで泣きながら家に帰った・
母親に「受験勉強のし過ぎでついに頭もおかしくなったの!?」って言われた

自分の部屋に入り、ベッドに転がって考えた
どうすればミレイに気持ちを伝えられるのか、と。

そして思いついたのがラブレターだった。

 

73: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 07:47:51.38 ID:UNsJdFg90
いよいよか・・・ゴクリ

 

74: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 07:50:19.68 ID:JcQzMMZC0

さっそく便箋を用意した。
桜のイラストが淡く描かれた便箋だ。

俺の高校の卒業式は大学の前期試験の結果発表の3日後だった。

2次試験は、学部を変えたとはいえ同じ大学なので傾向は過去問の勉強が使えた。
俺の結果は合格だった。
その日、タカからメールがきた
「俺は落ちた。でもミレイは受かったぞ!」

タカの優しさに涙が出た

 

75: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 07:52:53.12 ID:JcQzMMZC0

タカにお礼を言い、俺はラブレターぼ執筆に取り掛かった。
しかし、普通の高校生が恋文なんて書いたことがあるはずない。

俺はVIP+にスレを立てた

「ラブレターの書き方教えてください」
と。

 

76: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 07:53:06.56 ID:AW+BZEyUO
んでんで?

 

78: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 07:55:49.17 ID:JcQzMMZC0

実際2vhに期待はしてなかった。

しかし、優しい人が数人いた。

俺のラブレターについて、構成や気持ちの言葉への仕方など、たくさんのアドバイスをくれた。
中にはラブレターで交際をはじめ、今は家庭もちの人もいた。

2日かけて、校正やアドバイスをもらい、俺はついにラブレターを書き上げた

 

79: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 08:00:48.02 ID:JcQzMMZC0

卒業式の前日。卒業式予行の日だ。
無事予行も終わり、その日の学校は終了。
俺はトイレに行ったすきにミレイの靴箱にラブレターを入れた。

中に、明日、○○時(卒業式の前)に屋上前に来てください、と書いた。
(屋上は鍵がかかっており、その前の踊り場しか使えない。そこは人気が無く告白スポットだった)

家に帰っても、心臓がバクバクしていた。
その日は、ちゃんと読んでくれただろうか・・・、答えはどうなのだろうか・・・と思い、寝られなかった

そして卒業式当日。俺は心臓が破裂しそうになりながら登校した。

 

82: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 08:04:06.62 ID:JcQzMMZC0

俺は約束の30分前に登校し、踊り場に座り込んだ(こうすれば下から見えない)
約束の時間が刻々と迫ってくる。
階段を上る一般生徒の足音でさえいちいちドキドキした

約束の5分前、まだこない。
3分前、まだこない。
1分前、まだこない。
5、4、3、2、1、・・・0

彼女は来なかった。

 

83: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 08:04:57.65 ID:aQ4lmsmV0
・・・・・・!?

 

90: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 08:09:52.63 ID:JcQzMMZC0

約束の時間を5分過ぎた。
10分過ぎた。
15分過ぎ、予鈴が鳴った。高校生活最後のHRまであと5分。

そして、本鈴が鳴った・・・。

俺は教室に戻った。
そこには、楽しそうにユリエと話をするミレイの姿があった。

俺は目を合わせないように、タカトシとの談笑に混じった

 

91: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 08:12:43.24 ID:JcQzMMZC0

そして高校生活最後のHR。
担任は泣きながら最後の講和をしてくれた。
2年生で担任が変わったので、1年次の担任も来て話をしてくれた。泣いていた。
タカからの言葉もあった。アイツも泣いていた。

俺も泣いていた。すべてを失い、泣いていた。

 

92: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 08:16:55.38 ID:/tz6iu0AO
(;_;)

 

94: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 08:17:46.33 ID:JcQzMMZC0

卒業式は正直どうでもよかった。
早く帰りたかった。タカトシと早く打ち上げのカラオケに行きたかった。
今思えば、タカもトシも前期落ちてたのに、あんなに楽しく話してくれたのは俺を気遣ってだったのかもしれないな・・・

卒業式が終わり、解散になった。1年の委員長だったAは同じクラスのKに告白し、成功していた。

校門を通り、さあいざカラオケに!というところで、タカに肩を叩かれた。
俺「ん?どうした?」
タカ「ミレイが呼んでるぞ」
振り返ると、ミレイが下を向いて少しはなれたところに立っていた

 

97: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 08:19:09.78 ID:UNsJdFg90
あーびびった

 

99: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 08:25:17.15 ID:JcQzMMZC0

ミレイ「俺くん・・・ちょっといいかな・・・」
俺「・・・」
正直待ち合わせに来なかった時点で俺は期待していなかった。実際もう無視してカラオケに行きたかった。
俺「・・・・・・」
タカ「おい俺。最後なんだろ。ケジメつけろって!な!」
トシ「先に行って歌っとくからな!w」
そういって二人は俺の背中を叩き、押した。

ミレイにつれられて行ったのは多目的室。

俺「今更・・・なんなんだよ・・・」
ミレイ「どうしても言わなきゃいけないことがあるの・・・俺くんには絶対に私から伝えなきゃいけないの・・・」
沈黙。
ミレイ「私ね・・・手紙貰った時すごくうれしかったの・・・何かいてあるんだろうって・・・」
ミレイ「でもね、その時隣にユリエちゃんがいたの・・・」

 

101: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 08:26:59.86 ID:UNsJdFg90
ユリエの野郎・・・

 

106: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 08:37:02.16 ID:JcQzMMZC0

ミレイ「それでね・・・ユリエちゃんが言ったの。もしOKなんかしたら、絶交して、私の秘密大学でバラすって・・・」
ミレイとユリエは同じ大学、同じ学部、同じ学科。
ミレイは教えたくなかったけど、ユリエがミレイの親に聞いたらしい。
幼馴染だけあって、すぐしゃべったらしい。
学力も同じくらいで、担任からのOKも出ていた。
結果は2人とも合格だった。

タカがそのことを俺に教えなかったのはヤツの優しさだろう・・・

ミレイ「ごめんね・・・私、俺くんとは付き合えない・・・」
俺「そうか・・・」
ミレイ「私の秘密も俺くんには言うね。私・・・片方の耳が殆ど聞こえないの・・・」
いきなりの暴露だった。
ミレイ「幼稚園の頃にね・・・日本脳炎にかかって、右の耳がダメになっちゃったの。今はまだ聞こえるけど、当時は殆ど聞こえなくて・・・」
ミレイ「それでコミュニケーションがとれずに、引きこもりみたいになりそうだったの・・・」
ミレイ「そんな時にユリエちゃんが私を誘って輪の中につれてってくれたの・・・」

確かに、ミレイは相槌を打つ際にフフッと笑うことが多かった。今思えば、耳が悪くて聞き取れない時はそうしていたのだろう。

ミレイ「私の行く学科、人数少ないからユリエちゃんに秘密言われちゃうと・・・多分友達できなくなっちゃうの・・・」
確かに、女子はおしゃべり好きだ。俺のケースは特異で、ユリエなしでは彼女には友達は多分できないだろう。

 

107: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 08:38:15.15 ID:KZAb8Gzj0
ユリエどうしようもないクズだな

 

108: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 08:38:55.82 ID:UNsJdFg90
ユリエそれはないだろ・・・・・・

 

109: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 08:41:53.45 ID:JcQzMMZC0

俺「そうか・・・うん、それがユリエの決めたことだったら俺は納得するよ」
俺「でも一つだけ言いたいことがある・・・」
ミレイ「・・・何?」
俺「せめて待ち合わせ場所でそれを伝えて欲しかったよ・・・」
ミレイ「ごめんなさい・・・」

俺「じゃあな・・・3年間ありがとう・・・」
立ち去ろうとすると、
ミレイ「待って!!」
振り向くと、抱きつかれ、キスをされた
ミレイ「これくらいなら・・・許してくれるよね・・・いいよね・・・神様・・・」
ミレイ「バイバイ・・・俺くん・・・」

彼女はそういうと走り去っていった。

終わり

 

111: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 08:43:02.20 ID:JcQzMMZC0

駄文でしたが、読んでくれてありがとうございました。
おかげで胸がスッキリしました。

質問等ありましたらどうぞ~

あ、ちなみにミレイはキリスト教徒です。

 

118: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 08:50:23.73 ID:JcQzMMZC0
>>116
ミレイとの関係についてですが、学校での立場上連絡先を交換することもできず、絶縁状態です。
もうすぐ一年がたちます。
現状俺はもうあきらめてます。彼女がユリエから自立できた時、機会があればお付き合いでもしたいと考えてます。

 

110: 名も無き被検体774号+ 2012/01/15(日) 08:42:09.16 ID:/tz6iu0AO
ユリエが誘って輪に入れたのは自分の為だろうな、そいつと絶好したほうがいいよw

 

 

元スレ:卒業式の日にラブレターで告白した話する