オレが初恋の人との切ない一部始終をただ淡々と語るスレ

1: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 13:44:03.03 ID:mqRroadC0

これを書ききる事で自分の気持ちに整理をつけたい
スローペースになると思うが淡々と

 
2: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 13:45:49.29 ID:mqRroadC0

いざとなると何から書こうか迷うが
ホントに最初から

 
3: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 13:46:00.39 ID:dRA7zMXGO

期待

 
5: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 13:48:43.87 ID:mqRroadC0
>>3
ありがとう
ハードル下げて
 
4: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 13:47:14.64 ID:mqRroadC0

オレの初恋の人の名前は
足立ミカ(仮名)
小学校の同級生
背が低くて可愛かった
 
6: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 13:49:14.49 ID:mqRroadC0

Perfumeのかしゆかみたいな感じ
確か小学校3年位の時に同じクラスになって好きになった
 
7: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 13:50:43.23 ID:mqRroadC0

タイプはお嬢様タイプ
ピアノが上手だった
音楽の授業で合唱がある時はいつもピアノ担当だった
読書も好きみたいで休み時間はよく1人で読書をしていた
 
8: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 13:51:45.44 ID:mqRroadC0

といってもぼっちだった訳ではない
友達も多いし明るい性格だった
だからオレ以外にも彼女のこと好きだった奴は沢山いただろう

 
9: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 13:54:09.37 ID:mqRroadC0
それに比べてオレはなんの取り得も無いガキだった
勉強も嫌いだしスポーツも苦手
活発で元気だったらまだいいんだがそういう訳でもない
友達も多くないし内気

どう考えても彼女とは釣り合わないし
小学生なりに彼女に対して凄い劣等感を感じていた
 
10: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 13:54:55.11 ID:mqRroadC0

内気なオレだったから話しかけるなんてとても出来なかったし
ただ遠くから眺めているだけだった
 
11: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 13:57:26.32 ID:mqRroadC0

初めて話しかけたのは小学校6年生の時
その時も同じクラスだった
次の授業が音楽で音楽室に移動するのだが
オレは何かの理由で移動が遅れて
急いで教室に教科書を取りに行った
 
12: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 13:58:35.53 ID:mqRroadC0
すると彼女が1人で座って本を読んでいた
オレは迷ったが2人っきりのチャンスなんてそうそう無いし
思い切って話しかけた
 
13: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 13:59:27.84 ID:dRA7zMXGO

みとるで~

 
15: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 14:07:57.98 ID:mqRroadC0
>>13

ありがとう
気長にどーぞ
 
14: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 14:06:42.81 ID:mqRroadC0

オレ「何読んでるの?」
ミカ「○○だよ」
オレ「ふーん、面白い?」
ミカ「凄く面白いよ、読み終わったら貸してあげようか?」
オレ「いやいい」「もうすぐ音楽の授業始まるよ」
ミカ「あ、そうだね行かないと」

みたいな会話だった
本借りればよかったと後からどれだけ後悔したかわからない

 
16: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 14:09:30.51 ID:mqRroadC0
それから中学も同じ中学に入った
オレは別に好きな人が出来たが
足立ミカへの想いはずっと心の隅に残っていた
結局中学の3年間は一度も話した記憶が無い

 
17: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 14:11:59.24 ID:mqRroadC0

高校は別々だったが
電車は同じで足立ミカの高校はオレの高校の2つ隣の駅だった
オレは高校では彼女も出来たし
足立ミカは電車の中でチラッと見かけるだけになったので
彼女の事は殆どの時間忘れ去っていた
 
18: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 14:13:35.42 ID:mqRroadC0

高校に入って更に成績が落ちたオレは
落ちこぼれの連中とつるむようになり
高校2年の終わり頃から不登校気味になっていった
で結局ある悪さをして2年で退学になった
 
19: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 14:15:40.56 ID:mqRroadC0

暫くは仕事もせずニートだったが
20歳の時に何とか地元のある会社に就職して落ち着いた
足立ミカがその後どうしたか知らなかったし
知ろうともしなかったが
噂では高校を卒業した後上京してこっちには長く帰って来ていないらしかった
 
20: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 14:17:28.68 ID:mqRroadC0
それから更に数年後

26歳の時だった
オレは高校の先輩がマスターをしてる地元のバーで1人で飲んでいた
 
21: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 14:18:00.06 ID:mqRroadC0

少し離れた席で30歳前後の男がマスターと喋ってる
オレは聞くでもなくその話聞きながら飲んでいた
 
22: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 14:30:14.48 ID:GELcHfxa0

今日はここに張り付く

話の途中悪いが
最近の話?

 
24: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 14:37:39.53 ID:mqRroadC0
>>22
結末はつい最近

 
25: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 14:39:26.42 ID:mqRroadC0

暫くして
あれ?と思った

その男は最近好きになった女の話をしているようだったが
どうやらその相手の女が足立ミカとおぼしき節があったからだ

 
26: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 14:41:02.74 ID:mqRroadC0
その話に出てくる女の歳がオレと同じだし
彼女と同じ町名が出てきたし
最近都落ちしてこっちに帰ってきたとかなんとか云々・・

 
27: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 14:42:54.39 ID:mqRroadC0

絶対足立ミカだと確信したオレは
その客が帰るまでネバり

客が帰った後マスターに聞いてみた

そしたらやっぱりそうだった
最近東京から帰って来てたらしい

 
28: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 14:45:11.62 ID:mqRroadC0

マスターは仕事柄人の噂とか情報に詳しい
でもそれを口外しないのもオレの仕事と言っていて
そういう情報は滅多に教えてくれないし話さない

 
29: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 14:46:51.99 ID:mqRroadC0

でもオレはどうしても足立ミカの情報が知りたくて
しつこくマスターに頼み込んで色々教えてもらった
人に言いふらさないという条件で
 
30: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 14:48:33.84 ID:mqRroadC0

マスターの話によるとこうだった

足立ミカの両親は再婚同士で
彼女は母親の連れ子だった

親父は飲んだくれでろくに仕事もせず
母親は今で言うDVに苦しんでいたそうだ

 
31: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 14:50:10.76 ID:mqRroadC0

嘘かホントか分からないが足立ミカ本人も親父から性的な虐待を受けていたそうだ

 
32: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 14:51:21.61 ID:auxx3Meh0
ほうほう
 
33: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 14:51:33.41 ID:mqRroadC0

母親は娘を養う為に水商売をしていた
いよいよ金に困ると自分の身体を売っていたらしい
地元では噂になるので少し離れた街で
 
34: 忍法帖【Lv=3,xxxP】(2+0:8) 2013/03/23(土) 14:52:08.08 ID:cNQ/nFRg0
おいww
 
35: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 14:55:01.35 ID:mqRroadC0

マスター曰く
「オレも聞いた話だから真相は分からない」と言っていたが
そう言えば昔彼女の友達が
彼女の家に一度も遊びに行った事がないみたいなことを話してるのを
聞いたことがあるのを思い出し
多分マジなんだろうとオレは思った
 
37: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 14:57:17.33 ID:mqRroadC0

高校を出たくらいに親父が失踪
母親も男が出来て家を空けるようになり
帰ってきても酒びたりだったようだ

 
41: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 15:00:30.82 ID:mqRroadC0

実は足立ミカには離れ離れの弟がいた
実の弟かどうかは分からないが
彼女はすったもんだの末その弟と合流し
家を捨て上京した
 
42: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 15:01:04.67 ID:mqRroadC0


理由は分からないが最近1人で帰ってきた
という事だった
 
44: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 15:02:54.07 ID:mqRroadC0

オレはショックだった
あんな綺麗でお嬢様だった彼女が
家ではそんな辛い目に遭っていた事に
想像を絶する辛さだったろう
でもオレが見ていた足立ミカはいつも明るい笑顔だった
それが衝撃だった
 
45: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 15:03:56.99 ID:mqRroadC0

オレは会いたいと思った
絶対会うしかないと思った
今何か困ってるなら何かしら彼女の力になりたいと思った
ただ初恋の人の顔を見てみたいってのももちろんあったが

 
46: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 15:04:28.66 ID:mqRroadC0

聞けば彼女もまた1人でこのバーにやってくるらしい
田舎だからバーは町で数件しかないのが功を奏した
 
47: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 15:05:35.31 ID:mqRroadC0

オレはマスターにまたまた頼み込み
今度足立ミカが来たらオレに連絡をくれるように約束を取りつけた
マスターは乗り気じゃなかったけど
オレが余りにしつこいから

 
48: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 15:06:51.83 ID:mqRroadC0
それから2、3ヶ月は連絡が無かった
オレもその間店には行かなかったし
その事を忘れかけていたが
ある夜

マスターからメールが来た
 
49: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 15:08:05.13 ID:mqRroadC0

「ミカちゃん来てるぞ」
「引っ張っててやるから来るなら来い」

オレは確か風呂に入っていたが
急いで上がりダッシュで店に向かった

 
60: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 19:55:03.90 ID:mqRroadC0

店に入るとカウンターに後姿の足立ミカであろう女が1人
奥のボックスに2、3人客がいた
 
61: 12013/03/23(土) 19:57:58.13 ID:mqRroadC0

もちろんマスターがオレを呼んだのは内緒なので
女から少し離れた席に座ってビールを頼んだ

女は凄く小さな声でマスターと話していた
チラッと横顔を見る
確かに足立ミカだった
面影があった

 
62: 12013/03/23(土) 19:59:38.56 ID:mqRroadC0

オレは暫く黙ってビールを飲みながら携帯弄ったりして
そ知らぬ振りをしていた

足立ミカも時折マスターと一言二言話して微笑むくらいで
ほとんど黙って1人静かに飲んでいた

 
63: 12013/03/23(土) 20:00:48.47 ID:mqRroadC0

ボックスの客がマスターを呼んで
マスターはオーダーを取りにカウンターを出た
オレはチャンスだと思って話しかけた
 
64: 12013/03/23(土) 20:01:50.19 ID:mqRroadC0

「あの、失礼ですけど、もしかして足立ミカさんですか?」
彼女はビックリしながらも
「はい、そうですけど」と言った
 
65: 12013/03/23(土) 20:03:47.69 ID:mqRroadC0

オレ「オレに見覚えない?同級生のシンジ(仮名)だけど」

ミカ「・・・あ!シンちゃん!覚えてる覚えてる!久しぶり!」

オレ「久しぶり!どうしたの?こっち帰ってきてるの?」

ミカ「うん、淋しくなって帰ってきたww」

みたいな会話

 
66: 12013/03/23(土) 20:05:24.09 ID:mqRroadC0
それからオレが彼女の隣に移動し
いろいろ話した
話したと言っても昔の思い出とか
あまり立ち入った事は聞けないし
彼女もそんなことは話さなかった
 
67: 12013/03/23(土) 20:06:44.04 ID:mqRroadC0

小学校の時2人きりの教室でオレが話しかけた事は覚えててくれた
それまで一度も話したこと無かったのに唐突に話しかけられて
あの時は少しビックリした~って笑ってた
嬉しかった
 
68: 12013/03/23(土) 20:08:15.10 ID:mqRroadC0

2時間ほど話しながら飲んだと思う
もうけっこうな時間だった

彼女はそろそろ帰るねと言った
オレは今度一緒にご飯でも食べようって誘ってみた
彼女は笑顔でうんって言ってくれた

 
69: 12013/03/23(土) 20:09:58.42 ID:mqRroadC0


オレのアドレス教えてくれと
また連絡するからって言ってくれた
オレは内心めちゃくちゃ嬉しかったが
顔に出さずに「ああいいよ」って答えた

彼女は先に帰り
オレも暫くしてマスターに礼を言い店を出た

 
70: 12013/03/23(土) 20:11:40.06 ID:mqRroadC0
その帰り道
初恋の人に会えた喜びと
彼女のアドレスをゲットした喜びと
次のご飯の約束の喜びで
ホントはめちゃくちゃ嬉しいはずだったが
何故か心に引っかかるものがあって素直に心の底から喜べなかった
 
71: 12013/03/23(土) 20:13:00.85 ID:mqRroadC0
それは数年振りに見た彼女が驚くほど痩せ細っていたからだった
昔はどっちかっていうとぽっちゃりだったのに
いろいろ苦労したんだな、とその時は思った
 
72: 12013/03/23(土) 20:14:18.59 ID:mqRroadC0

でもあの目はおかしかった
何か色が黒目じゃなくて
何ていうか目が白かった
元気のない生気の無い目だった
笑顔もなんか笑ってはいるんだけど空っぽっの笑顔っていうか
寂しそうな笑顔だった
 
73: 12013/03/23(土) 20:15:42.60 ID:mqRroadC0

家に帰ってから暫くして
「今日は楽しかった、ありがとう」
「ご飯楽しみにしてるからね」
ってメールが来た
絵文字がこれでもかってくらい付いてたのを覚えてる
オレは絶対近いうち誘うからって返信した
 
74: 12013/03/23(土) 20:17:13.81 ID:mqRroadC0
それからは余り覚えてないんだが
多分1ヶ月くらい空けてからご飯のお誘いメールをしたと思う
すぐしたかったけど
何か必死さを悟られるのがイヤで暫くは我慢していた
 
75: 12013/03/23(土) 20:20:20.59 ID:mqRroadC0

最初は彼女が焼肉が食いたいって言うか ら
焼肉屋に行くことにした
彼女は焼肉は久し振りらしくかなり喜んでいた

その時も立ち入った話はしていない
同級生のあいつは今何してるとか
オレがくだらないバカ話したりして彼女を笑わせていた

彼女は楽しそうに笑っていたが
相変わらずどこか陰のある笑い顔だった

 
76: 12013/03/23(土) 20:21:59.80 ID:mqRroadC0

そして食べたいって言ってた肉もほんの少ししか食べなかった
マジでビックリするくらい少しだけ
でも「食べ過ぎてもうお腹一杯だぁ」って笑ってた

オレは楽しかったが
何故かどこか哀しかった

 
77: 12013/03/23(土) 20:24:12.04 ID:mqRroadC0

それからまた暫く間隔を空けて
2回目の飯は小洒落た居酒屋へ行った
帰りにコーヒー飲んで普通にまたねって別れた

その時は彼女の笑顔が前よりは明るく思えた気がする

 
78: 12013/03/23(土) 20:25:41.77 ID:mqRroadC0

その次は初めて昼間に遊んだ
USJ

楽しかった
彼女も凄く喜んでた

 
79: 12013/03/23(土) 20:26:17.97 ID:mqRroadC0

いやUSJだっけ?
多分

 
80: 12013/03/23(土) 20:27:19.73 ID:mqRroadC0

その後は暫く会わずにメールばっかしてた
彼女の返信は凄く遅かったがオレの意味無しの馬鹿なメールにも必ず付き合ってくれた

相変わらず絵文字のオンパレードで読み難かったが

 
81: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 20:30:42.30 ID:mqRroadC0
書き忘れたが彼女は今付き合ってる人はいないって言ってた
バーにいた彼女に片思いの男の事も「知らない」って
ぶっきらぼうに言っていた
 
82: 12013/03/23(土) 20:31:53.05 ID:mqRroadC0

ある夏の夜
オレは家でテレビを見ながら完全にだらけモードに入っていた

彼女からメール
「今○○だけど、来れないかな?」

オレはソッコーで着替えて歯を磨いて車で向かった

 
83: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 20:34:32.88 ID:mqRroadC0

彼女は車に乗るなり突然呼び出した事をネコのモノマネで謝り
「マック食べた~い」って子供みたいに駄々をこねた
オレはしょうがないなーって笑いながら車を出した
 
85: 12013/03/23(土) 20:38:23.06 ID:mqRroadC0

マックでひとしきり楽しい話をした後
車に乗った
彼女は急に黙ってうつむいていた

オレは「どうする?もう送っていこうか?」と聞いた
彼女は暫く黙った後

「シンちゃんとホテル行きたい」
「ダメ?」
と言った

 
92: 12013/03/23(土) 20:56:30.46 ID:mqRroadC0

オレは嬉しかったが唐突だったので正直戸惑った
でも「オレも行きたいww」って笑った

道中かーちゃんから着信があったが
ガン無視した

 
95: 12013/03/23(土) 21:04:10.81 ID:mqRroadC0

ホテルに着くなり彼女はシャワーに入った
その後オレも入った
上がるなり彼女は抱きついてきた
彼女は恥ずかしいのか顔は上げなかった
 
96: 12013/03/23(土) 21:05:10.03 ID:mqRroadC0

彼女は凄く痩せていた
左の腕と左の太ももに割と大きめのタトゥーがあった
オレは何も聞くまいとスルーした
 
97: 12013/03/23(土) 21:06:27.66 ID:mqRroadC0


情けない話だが
オレは何故か立たなかった

焦って立たそうと努力するんだが
逆効果で全くダメだった

 
98: 12013/03/23(土) 21:07:40.15 ID:mqRroadC0

彼女はそれを察したのか起き上がり
オレを寝かせて上から抱きついてキスをしてきた

その時彼女の背中に手を回したんだが
あばら骨が浮き出ていたのを覚えている

 
99: 12013/03/23(土) 21:08:56.10 ID:mqRroadC0

「ゴメンね、あたしガリガリ過ぎて」って彼女が言った
「違うって、オレ何か緊張してて」
的な会話があった
恥ずかしかったし情けなかった
 
100: 12013/03/23(土) 21:09:50.39 ID:mqRroadC0
その時は食べても食べてもお腹しか大きくならないって
笑いながら言っていた
なんでかなーって
 
101: 12013/03/23(土) 21:10:40.50 ID:mqRroadC0

その時オレは確かに彼女の事が好きだったが
好きとは違う何か別の感情があったように思う

なんか哀れみというか
とにかく
何か無性に哀しかった

 
102: 12013/03/23(土) 21:11:56.39 ID:mqRroadC0

彼女はそのまま口でしてくれた
オレも何とか発射した

オレは「ゴメンな」って謝った
彼女は優しく笑っていた

全く今思い出しても恥ずかしいし情けない失態だった

 
103: 12013/03/23(土) 21:13:40.99 ID:mqRroadC0

その後2人でベットで朝方まで話をした

彼女は全てを話してくれた

ある2つの謎以外全てを

 
104: 12013/03/23(土) 21:15:43.21 ID:mqRroadC0

その途中でまたかーちゃんから着信

マナーモードにしてまたガン無視

そんな記憶がある

 
105: 12013/03/23(土) 21:17:09.75 ID:mqRroadC0

なんか泣けてきたわ
 
106: 12013/03/23(土) 21:17:47.47 ID:mqRroadC0

自分で書いといて泣くというww

ちょっとタイム

 
107: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 21:20:26.71 ID:k/muGK7N0
>>1のペースでまったり書いてけばいいよ
 
108: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 21:25:07.48 ID:k/yC0v160

顔洗ってこい

 
109: 12013/03/23(土) 21:29:56.59 ID:mqRroadC0

>>107
サンクス

>>10
後で風呂はいる
ちょっと復活

 
110: 12013/03/23(土) 21:32:10.63 ID:mqRroadC0

彼女は話した

血のつながらない親父にレイプされた事
大好きだった母親が男を作って家に帰らなくなった事

家庭が崩壊し
小さい頃一緒に住んでいた弟を1人で探し出し家を出た事

 
112: 12013/03/23(土) 21:36:37.60 ID:mqRroadC0

彼女は東京で弟と暮らし始め
音楽教室の講師と飲み屋のウェイトレスをして暮らしていたらしい

弟も姉を大切にしていたそうだ
弟はバイトをしながら何とかと言うインディーズバンドの付き人をしていたらしい

 
114: 12013/03/23(土) 21:38:30.52 ID:mqRroadC0

暫くは幸せだったが
ある時弟が飲み屋で喧嘩して相手のサラリーマンに大怪我させたしまった

お金が無かった彼女はその時付き合っていた男に相談した

 
115: 12013/03/23(土) 21:39:57.35 ID:mqRroadC0

その男がとんでもないクズで
なんだかんだ上手い事言って彼女を風俗で働くように仕向けた

で、給料の半分を弟の喧嘩の相手の入院費や慰謝料に
残りのほとんどをその男がピンハネした

 
116: 12013/03/23(土) 21:40:40.93 ID:mqRroadC0

怖い男で文句は言えなかったそうだ
実際何度も殴られていたらしい

 
117: 12013/03/23(土) 21:41:23.62 ID:mqRroadC0

オレは「何でそんな男と付き合ってたの?」って聞いたが
「まぁ色々あって・・長くなるから」ってそこは話さなかった
 
118: 12013/03/23(土) 21:43:10.71 ID:mqRroadC0

その男は弟の喧嘩相手に取り合って慰謝料をかなり安くさせたらしい
傷害事件ならそんな事出来るのかどうか疑問に思ったが
その辺は詳しく聞かなかった

示談だったのかな

 
119: 12013/03/23(土) 21:44:24.26 ID:mqRroadC0

そんな事もあってその男から逃げなかったそうだ

弟の為に
弟を助けたい一心で耐えたって言ってた

 
120: 12013/03/23(土) 21:44:58.05 ID:mqRroadC0

タトゥーもその男に強引に入れさせられたそうだ

 
121: 12013/03/23(土) 21:46:22.02 ID:mqRroadC0

実はバーで会った時からうすうす思っていたんだが
もしかしたら何か薬をやってるんじゃないかって疑ってた

目の色が変だし
痩せ過ぎだし

 
122: 12013/03/23(土) 21:47:29.89 ID:mqRroadC0

でもさすがにそれは聞けなかった
腕を見た時に何かしらの跡がないかチラッと見たりしてたが
確認できなかった
 
123: 12013/03/23(土) 21:49:26.91 ID:mqRroadC0

そして慰謝料を払い切り
男と何とか別れたそうだ

別れられたが凄く殴られたって
蹴られたって

でも別れられる嬉しさで全然痛くなかったって
彼女は笑って言った

 
124: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 21:50:01.90 ID:sxxfu0c20

慰謝料は払いきったの?
 
127: 12013/03/23(土) 21:51:07.83 ID:mqRroadC0
>>124

って言ってたよ
 
132: 12013/03/23(土) 22:12:27.78 ID:mqRroadC0
そしてそれから数年後
弟がカナダ人の女性と知り合い
一緒になる為にカナダへ旅立ったらしい

 
133: 12013/03/23(土) 22:14:46.98 ID:mqRroadC0

弟は「ねえちゃんも一緒に行こう」って
「日本なんかにいたって嫌な思い出しかない、一緒に行こう」って
しつこく誘ったそうだが彼女はその時は断ったそうだ

でもお前があっちで幸せになったら呼んでくれって
その時は必ず行くからって答えたそうだ

 
136: 12013/03/23(土) 22:18:47.76 ID:mqRroadC0
その1年後
弟から連絡があり
向こうで正式に結婚することになった
赤ちゃんも出来たんだよって
彼女は嬉しそうに笑いながら話してくれた
 
138: 12013/03/23(土) 22:22:02.14 ID:mqRroadC0

オレは夢中で聞いていた
時間はほとんど朝になっていた

そして暫く沈黙した時
オレは告白した

 
139: 12013/03/23(土) 22:23:18.99 ID:mqRroadC0

ミカちゃんの事が好きだ
付き合ってくれないか

オレが絶対に幸せにするからって
 
144: 12013/03/23(土) 22:41:05.70 ID:mqRroadC0

彼女は微笑みながら泣いていた
ありがとう、ありがとうって繰り返した

その後の彼女の言葉は
一生忘れられないくらい鮮明に覚えてる

 
148: 12013/03/23(土) 22:50:59.27 ID:mqRroadC0

「あたしもね、シンちゃんの事大好き」
「今まで辛いことばっかだったけど、シンちゃんと再会して一緒にご飯とか行って
今までの事全部忘れるくらい楽しかった」
「ありがとう、ホントにありがとう」

書いてて恥ずかしいけど
確かにこう言ってくれた

 
150: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 22:53:10.40 ID:QHsU2MAF0

追い付いた。
1の文章なんか好きだわ。彼女への優しさが伝わってくる。
 
152: 12013/03/23(土) 22:53:56.53 ID:mqRroadC0
>>150

マジですか
ありがとう

 
153: 12013/03/23(土) 22:55:19.19 ID:mqRroadC0

「あたしね、弟の所に行くんだ」
「あたしにはやっぱり家族が必要なんだ」

「幸せな結婚とか憧れるけど、あたしはやっぱ家族を、たった一人の家族を取りたいんだ」
「シンちゃんゴメン、付き合えない、でもあたしシンちゃんの事愛してる」

 
154: 12013/03/23(土) 22:57:00.61 ID:mqRroadC0

断られたのは悲しかったけど

嬉しかった

 
161: 12013/03/23(土) 23:21:27.14 ID:mqRroadC0

今まで家族に恵まれなくて悲惨な人生を歩んできたからこそ
今となっては唯一の家族である弟を取ったんだとオレは理解した

この子には恋人の愛情よりも肉親の愛情が必要なんだって思った

 
162: 12013/03/23(土) 23:22:29.25 ID:mqRroadC0

カナダへ行くのはこっちに帰ってくる時にはもう決めていたそうだ

こっちには何か身辺整理みたいなことをしに帰ってきたらしい

 
163: 12013/03/23(土) 23:24:09.51 ID:mqRroadC0
ちなみに母親は既に実家にはおらず
遠くの街で1人で暮らしてるらしかった
あと母親には会いに行ってないって言ってた
 
164: 12013/03/23(土) 23:25:09.93 ID:mqRroadC0

あと自分は病気なんだって言ってた
定期的に病院に通ってるって
病名は教えてくれなかった
たいした事無いんだけどね~って笑って誤魔化してた
 
165: 12013/03/23(土) 23:25:48.08 ID:mqRroadC0

痩せてるのは
極度に少食なのは病気のせいなんだなって悟った
 
166: 12013/03/23(土) 23:27:09.30 ID:mqRroadC0
それから1ヶ月は毎日メールをした
内容は他愛の無い話ばっか
オレは会社の飲み会で今日は二日酔いだとか
彼女は今日買い物に行ったら凄くかわいい時計見つけたとか

そんな話
 
167: 12013/03/23(土) 23:27:40.09 ID:mqRroadC0

いつカナダに行くのかはこっちからは聞かなかった
行く時は言ってくれるだろうと思っていた
 
168: 12013/03/23(土) 23:29:04.64 ID:mqRroadC0

ある日
オレは普通に出勤し仕事をしていた

仕事中はなかなかメールチェック出来ないので
昼休みに飯食った後メールをチェックしてみると
彼女からメールが来ていた

 
169: 12013/03/23(土) 23:38:03.04 ID:mqRroadC0

「ゴメンね、今日の昼過ぎの便でサヨナラします」
「ホントにゴメン、別れが辛くて1人で行きたかったから」

「シンちゃん愛してるよ、ほんとにゴメンなさい」
「いつかきっと再会しよう!ありがとう、さようなら」

 
170: 名も無き被検体774号+2013/03/23(土) 23:38:22.22 ID:Vc5Cildl0
ほう
 
171: 12013/03/23(土) 23:39:13.44 ID:mqRroadC0

直ぐに空港に向かっても絶対間に合わない

彼女がわざとオレに出発の日を教えなかった事に少しムカついた

 
172: 12013/03/23(土) 23:40:05.71 ID:mqRroadC0

でも別れが辛かったっていう言葉を信じた
 
173: 12013/03/23(土) 23:40:41.65 ID:mqRroadC0

オレは「さようなら、愛してる」とだけメールをした

確かそれだけ

 
174: 12013/03/23(土) 23:41:36.65 ID:mqRroadC0

涙が溢れてきたので急いでトイレに走り昼休み中トイレに篭った

午後の仕事は目が真っ赤にはれて皆にジロジロ見られたけど

恥ずかしいとは思わなかった

 
175: 12013/03/23(土) 23:42:54.42 ID:mqRroadC0

その日は遅くまで返信を待ったが

それ以降彼女からのメールは途絶えた

オレを置いて外国に行ってしまった

ああ
鼻が詰まる

 
176: 12013/03/23(土) 23:52:37.75 ID:mqRroadC0

その後は彼女を忘れようと必死だった
でもなかなか忘れられなかった
当たり前か

何かに集中してる時はいいんだが
ボーっとしてると不意に涙が溢れてきたり
自分でもどうしようもなかった

 
177: 12013/03/23(土) 23:53:35.20 ID:mqRroadC0

仕事以外は部屋に閉じこもるようになり

休みの日は彼女とのメールのやりとりを一日中眺めたりしていた

 
178: 12013/03/23(土) 23:54:52.21 ID:mqRroadC0

それから6年が経った

彼女の事は常に胸の中にあったが
流石に立ち直っていた

 
179: 12013/03/23(土) 23:55:26.87 ID:mqRroadC0

彼女がいなくなってから4年後には好きな女が出来て
付き合っていた
 
180: 12013/03/23(土) 23:55:57.92 ID:mqRroadC0

日常の生活では足立ミカを思い出す事も少なくなっていたその頃
かーちゃんから電話があった
 
181: 12013/03/23(土) 23:57:04.01 ID:mqRroadC0

「実家にあんた宛の封筒が届いてるから取りに来なさい」って
「って言うかたまには帰って来なさい」って怒りながら

 
190: 12013/03/24(日) 00:41:17.22 ID:fsPNzlmK0

オレはかーちゃんに誰から?って聞いた

「分からない、外国からみたい」って
オレはドキッとした

 
191: 12013/03/24(日) 00:42:35.17 ID:fsPNzlmK0

身体に電気が走ったみたいにドキッとした
一瞬にして6年前にタイムスリップしたような感覚だった

オレはその足で直ぐに実家へ向かった
ドキドキしながら

 
192: 12013/03/24(日) 00:43:11.23 ID:fsPNzlmK0

封筒を見てちょっとヘコんだ

ミカからじゃなかったからだ

 
193: 12013/03/24(日) 00:43:45.08 ID:fsPNzlmK0

足立という苗字だったが男の名前だった

弟だった

 
198: 12013/03/24(日) 00:46:17.50 ID:fsPNzlmK0

読み始めてオレは固まった

その手紙をオレは一生忘れない

 
199: 12013/03/24(日) 00:47:18.54 ID:fsPNzlmK0

封筒の中身は達筆の文字がビッシリ詰まった便箋10枚位と

チェーンの無い古びたネックレスが入っていた

 
200: 12013/03/24(日) 00:48:03.37 ID:fsPNzlmK0

一字一句は覚えていないが
こう書いてあった
 
201: 12013/03/24(日) 00:49:11.73 ID:fsPNzlmK0

はじめまして
私は足立ミカの弟です

卒業された中学校にあなたの実家を問い合わせてお手紙差し上げましたと
突然のお手紙をお許し下さいと

 
203: 12013/03/24(日) 00:50:47.67 ID:fsPNzlmK0

実は姉は3ヶ月前

病気で他界しました

カナダで私達夫婦と暮らし始めて3年後に体調を崩し病院通いでしたが

風邪をこじらせてから急に悪化して(ry

 
204: 12013/03/24(日) 00:52:22.85 ID:fsPNzlmK0

長々と書いてあったが
要点は

自分がカナダに連れてきたからねえちゃんは死んだんだって
自分を責め、オレに謝罪する内容だった

 
205: 12013/03/24(日) 00:53:49.15 ID:fsPNzlmK0

死因は詳しくは書いてなかったが
要は元々内臓疾患で体が悪いのに外国で暮らすようになり
食事も環境も変わってしまい病気を悪くしてしまったんだって
自分のせいなんだって書いてあった
 
207: 12013/03/24(日) 00:55:26.15 ID:fsPNzlmK0

カナダは火葬なんだそうだ

骨は拾わないんだって

 
208: 12013/03/24(日) 00:56:14.93 ID:fsPNzlmK0

でも彼女は亡くなる前に

自分の骨はお母さんのいる日本に届けてくれって弟に告げていた

 
211: 12013/03/24(日) 00:58:15.43 ID:fsPNzlmK0

長く母親と連絡を取ることをしなかった彼女だが
あんな母親でもやっぱり実の母親

死ぬ間際はやっぱり母の元に返りたかったんだ

泣けてくるわ

 
212: 12013/03/24(日) 01:00:11.48 ID:fsPNzlmK0

弟は姉のお骨を持って日本に帰り
母方の親戚に届け
その親戚宅でまたお葬式をあげ
身内のお墓に入れてあげたそうだ

 
215: 12013/03/24(日) 01:03:44.74 ID:fsPNzlmK0

弟は母親に会ったとは書いていなかった
 
216: 12013/03/24(日) 01:04:16.56 ID:fsPNzlmK0
そしてカナダに帰って
姉の部屋をかたずけていた ら
また別の手紙が出てきたらしい

 
217: 12013/03/24(日) 01:05:48.92 ID:fsPNzlmK0

それには手紙と一緒に彼女がずっと身に着けていた

四葉のクローバーのネックレスが入っていたそうだ

 
219: 12013/03/24(日) 01:07:17.92 ID:fsPNzlmK0

もっとも古くてチェーンが取れてしまって
四葉の部分だけをいつも財布に入れて大事に持っていたらしい

小さい頃からずっと
すごい

 
220: 12013/03/24(日) 01:10:50.64 ID:fsPNzlmK0

手紙は弟宛で
このネックレスを日本にいるオレに届けてくれと
何とか探し出して届けてくれと
オレにこれをあたしだと思って持っててくれって伝えてくれって
あれからずっと今でも愛してるって伝えてくれって書いてあったそうだ

 
222: 12013/03/24(日) 01:11:43.55 ID:fsPNzlmK0

最後に入院する日の3日前の日付けだったって
もう帰ってこれないって悟ってたのかな
 
224: 12013/03/24(日) 01:13:10.40 ID:fsPNzlmK0

なんでその時オレに直接手紙をくれなかったんだろうと思ったが
彼女なりの理由があったんだろう

その時は歩くのも辛いくらい症状は悪かったそうだ

 
225: 12013/03/24(日) 01:14:35.12 ID:fsPNzlmK0

っていうかメールは出来るんだか ら
何でメールで連絡してくれなかったんだろうと思った

後に考えたんだが
完全に日本を絶ちたかったんじゃなかろうか

 
226: 12013/03/24(日) 01:15:37.19 ID:fsPNzlmK0

弟の手紙には

お骨を日本に持ち帰るまでにこの手紙に気付いていた ら
あなたに直接お渡し出来たのに
手紙という形になってすいません

って書いてあった

 
227: 12013/03/24(日) 01:17:25.58 ID:fsPNzlmK0

幸せを呼ぶ四葉のクローバー

小さい時に母親から貰ったものらしかった

 
228: 12013/03/24(日) 01:18:56.96 ID:fsPNzlmK0

今手元にあるけど

正直うpするのは何か罪悪感みたいなのがある

 
229: 名も無き被検体774号+2013/03/24(日) 01:19:26.04 ID:hSDtNboU0

うーん肝炎かな。
だとしたら、1も心配

 
230: 12013/03/24(日) 01:21:08.49 ID:fsPNzlmK0
>>229
移るから?
でも毎年人間ドッグ行ってるから多分大丈夫かと

 
231: 12013/03/24(日) 01:21:59.86 ID:fsPNzlmK0

オレは泣きまくった
多分生まれてから一番泣いた
この先もあれ程泣くことがあるだろうかってくらい泣いた
 
232: 名も無き被検体774号+2013/03/24(日) 01:23:24.26 ID:PSoHuNe20
>>225

日本というより、1を絶ちたかったんだろ
連絡すればより辛くなるから

 
233: 12013/03/24(日) 01:24:19.52 ID:fsPNzlmK0
>>232
うん
そうだな
 
234: 名も無き被検体774号+2013/03/24(日) 01:24:39.40 ID:CwOqiM920
そうだな。
>>1に未練を残してたんだろうな。
 
235: 12013/03/24(日) 01:25:31.52 ID:fsPNzlmK0
>>234
それはそれで嬉しいんだけど
 
236: 名も無き被検体774号+2013/03/24(日) 01:25:56.52 ID:PSoHuNe20

弟には連絡したの?
 
237: 12013/03/24(日) 01:28:20.93 ID:fsPNzlmK0

>>236
もちろんした
お悔みと
お礼の手紙

去年の年末には実家にメープルシロップクッキーが届いた

 
238: 12013/03/24(日) 01:28:55.00 ID:fsPNzlmK0

彼女に幸せを届けなかった
不幸ばっかり届けたネックレスを壁に投げつけたことがある

拾ったけど

 
240: 12013/03/24(日) 01:31:31.50 ID:fsPNzlmK0
その後
おれは彼女の墓参りに行った
新幹線に乗って
 
242: 12013/03/24(日) 01:33:11.05 ID:fsPNzlmK0

親戚は彼女の母親の兄弟だと思うけど
詳しくは知らない

 
244: 12013/03/24(日) 01:34:39.18 ID:fsPNzlmK0

墓参りをして香典渡して挨拶してお茶を頂いたが

気まずくて直ぐにおいとました

 
246: 12013/03/24(日) 01:36:36.87 ID:fsPNzlmK0
>>243

弟ね
うんそう思う

 
247: 12013/03/24(日) 01:37:19.42 ID:fsPNzlmK0

直ぐにおいとましたのは正直言うと

親戚なら何で彼女のこと助けてくれなかったんだって
ムカついてたから

 
248: 12013/03/24(日) 01:39:34.82 ID:fsPNzlmK0

あと
その親戚の人から彼女の命日は彼女の母親の誕生日だったって聞かされた

それ聞いてその場でオレは涙ぐんでしまった
そんなことってあるんだ

 
249: 12013/03/24(日) 01:40:21.94 ID:fsPNzlmK0
ちなみにおれのばあちゃんの命日もオレのかーちゃんの誕生日

 
250: 12013/03/24(日) 01:41:56.63 ID:fsPNzlmK0
それか ら
去年の年末におれのとーちゃんが病気で入院した
今は退院したんだが
その時付き添いに行ってたかーちゃんが言ってた
 
251: 12013/03/24(日) 01:43:27.31 ID:fsPNzlmK0

足立ミカちゃんの母親が病気なんだって
この病院に診察に来てすぐに入院って診断だったんだけど
お金が無いみたいでどこか別の病院に入院したらしい

 
252: 12013/03/24(日) 01:44:54.13 ID:fsPNzlmK0

足立ミカちゃんのお母さんはずっと1人暮らしで

近所の人には娘のことばっかり話すんだって

 
253: 12013/03/24(日) 01:46:15.62 ID:fsPNzlmK0

外国に行ってしまったけど
外国から手紙とかお土産がしょっちゅう届くんだって
自慢げに話していたそうだ

 
254: 12013/03/24(日) 01:47:29.49 ID:fsPNzlmK0

嘘なんだけど

やっぱり娘に会いたかったんだろう

 
255: 12013/03/24(日) 01:51:57.90 ID:fsPNzlmK0

オレは話を聞く限り
彼女の母親がそう長くはないような気がする

オレはこのクローバーをこのままずっと持っているべきか
それとも母親の病院を探し出し
母親の元に返すべきなのか未だに迷ってる

なんか彼女の思いの詰まったこのクローバーを母親の元に届けてあげたくて
母親が生きている内にオレはそうするかもしれない

 
256: 12013/03/24(日) 01:52:47.68 ID:fsPNzlmK0

ありがとう

終わりです

 
257: 名も無き被検体774号+2013/03/24(日) 01:53:13.33 ID:sCcm4Qtb0
おつ

 
258: 名も無き被検体774号+2013/03/24(日) 01:53:33.73 ID:waGUCu0r0

 
259: 名も無き被検体774号+2013/03/24(日) 01:53:53.61 ID:CwOqiM920
>>255
1が持っておきなよ。
彼女は形見を1に託したかったんだよ。
 
260: 12013/03/24(日) 01:55:20.39 ID:fsPNzlmK0
>>259
うん
その気持ちも分かってる
 
262: 名も無き被検体774号+2013/03/24(日) 01:55:27.64 ID:PSoHuNe20
おつかれー

クローバーは彼女の意志を大切にした方がいいんじゃないかな?
そのまま持っておくのも辛いだろうけど
 
263: 12013/03/24(日) 01:56:32.22 ID:fsPNzlmK0

みなさんサンクス

あと余談だけど

 
264: 12013/03/24(日) 01:59:11.18 ID:fsPNzlmK0

ホテルで彼女がオレに言わなかった
隠した2つの事
今でも謎なんだけど

それは病名と弟が実の弟なのかどうなのかって事

 
265: 12013/03/24(日) 02:01:22.15 ID:fsPNzlmK0

彼女の母親が娘の事しか言ってない事を考えると
血は繋がってなかったんじゃないかと思う

弟は知らない
でもミカちゃんは知っていた

のではないだろうか

 
266: 12013/03/24(日) 02:02:15.10 ID:fsPNzlmK0

以上です

付き合ってくれてありがとう

 
270: 名も無き被検体774号+2013/03/24(日) 02:07:20.24 ID:krRXVQqc0

クローバーを持ち続けることに重さを感じてないかな?
持ち続けることで一生引きずることになりそうだから、母に渡すのもありだとは思う

 
273: 12013/03/24(日) 02:09:00.08 ID:fsPNzlmK0
>>270
ちょっとそんな感じはある
でも持っていたい気もするし
暫く考えます

 
274: 名も無き被検体774号+2013/03/24(日) 02:13:47.99 ID:krRXVQqc0
>>273
今の彼女が大事なら、その娘の気持ちも考慮してあげてね
生きてる限り、未来が大切だから

 
275: 1 2013/03/24(日) 02:21:02.39 ID:fsPNzlmK0
>>274

確かに
ありがとう

 
284: 12013/03/24(日) 14:19:43.14 ID:fsPNzlmK0

最後にします

今更ふと
彼女の人生って何だったんだろうなって考える
辛いだけの人生って何なんだろうって

彼女、松たか子のおやすみって曲が好きで
病院のベッドでよく聞いてたんだって
それ聞くとただ当たり前の幸せが欲しかっただけなんだろうなって

彼女はカナダ行きをオレに告白した時
ホントはオレに一緒に行って欲しかったのかもしれない
無理矢理にでも止めて欲しかったのかもしれない
好きなら何でそうしなかったんだって
今更ながら凄く後悔してる

でもここに書くことで
何かサッパリしたと言うか
何となく吹っ切れた
書いてよかった

彼女の事ずっと忘れないで
なおかつ、ちゃんと前向きに生きていこうと思う

読んでもらってありがとうございました

 
287: 名も無き被検体774号+2013/03/26(火) 22:52:41.40 ID:vNQqvzhS0

乙です

>>1の幸せと彼女のご冥福をお祈りします

 

 

元スレ:オレが初恋の人との切ない一部始終をただ淡々と語るスレ

(引用元:樫野有香|ウィキペディア