エア彼氏と付き合ってるけど質問ある?

1: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:09:50.24 ID:j+AU/SKW0
ラブラブだわ

 

2: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:10:25.63 ID:zJn/Ywwm0
オレにもラブラブなのが見えるわ

 

4: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:11:08.56 ID:j+AU/SKW0
>>2
だろ・・・
マジ私に一途すぎてな

 

7: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:12:29.75 ID:j+AU/SKW0

スペック書くね
誰も見てなくても書くね


23歳OL
Cカップ

彼氏
25歳
同じ会社の営業職
身長181センチ体重64キロ
細マッチョ
顔は谷原章介を若くして、スパイスとして松田翔太を少々
やさしい

 

8: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:12:41.65 ID:hxoP94V+0
彼氏うp

 

9: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:13:13.49 ID:j+AU/SKW0
>>8
目を閉じれば見えてくるだろ
察しろ

 

12: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:13:42.74 ID:j+AU/SKW0

誰も見てなくても続けるね

・出会い
・初デート
・初エッチ
・はじめてのケンカ

あたりを適当に書いていくよ

 

13: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:13:47.59 ID:pFr5+IeH0
www

 

14: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:14:09.64 ID:CGtNk8TB0
同じ会社でイケメンか…
羨ましすぎるな。。

 

20: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:15:49.22 ID:EENvruF+0
悲しくなんない?

 

21: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:15:56.29 ID:j+AU/SKW0

書き溜めしてないからゆっくり付き合ってね

【出会い】

あれは私が22歳の春
そう去年のことだった。

颯爽とスーツに身を包んだ私は、
期待と不安に胸を膨らませながら会社に入った。

入社してまもなく、
彼と出会うこととなる。

 

22: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:17:24.86 ID:j+AU/SKW0

会社に入ったらもちろん、会社の内部構造を覚えることから始まる。

入社してからしばらくは研修期間で、
自分の部署と家を行き来するだけなのだが、
ある日総務部へのお使いを頼まれた。

総務部の場所なんて分からない。
私は困ってしまって、廊下をうろうろしていた。

 

23: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:18:19.33 ID:1h0Z0QqOO
喪女拗らせるとこうなるのか…

 

24: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:19:00.70 ID:j+AU/SKW0

その時、

「どうしたの?」

後ろからさわやかな声が聞こえた。(cv.保志総一朗)

身長が150しかない私が振り向くと、彼の胸が見えた。

「新入社員?」

やわらかく微笑む彼に、私はドキッとした。

 

28: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:21:14.92 ID:j+AU/SKW0

彼「どうしたの?」
私「そ、総務部が・・・」
彼「総務部?総務に行きたいの?」
私「は、はい」
彼「ならこっちだ」

彼は颯爽と歩き出した。
私が突然のことで驚いていると、
彼は振り向いて

「ほら、はやく」

と笑った。

恋に落ちた瞬間だった。

 

29: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:21:41.96 ID:j+AU/SKW0

【現実パート】

廊下に貼ってあったレイアウト表見てたどり着いた。

 

30: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:22:02.94 ID:uyIYCf4Ui
やべえ
哀しくてニヤニヤしてくる

 

32: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:24:40.59 ID:T4obMTHA0
現実パートいるのか

 

33: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:24:50.17 ID:j+AU/SKW0

無事、「総務部」と書かれたドアの前に着く。

私「あ、ありがとうございました・・・!」
彼「いやいや。仕事がんばってね」

それだけ言うと、彼は去っていってしまった。
私は後悔した。名前を聞かなかったことを・・・

 

34: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:25:25.09 ID:j+AU/SKW0
現実パートいらないか
じゃあ彼との甘い話だけ書くよお////
ノロケになるけどごめんね

 

35: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:26:24.25 ID:pFr5+IeH0
涙でてきた

 

36: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:27:30.55 ID:v1ljS/r00
現実パートもほしいんだが需要ないのか?

 

37: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:27:31.84 ID:j+AU/SKW0

自分の部署に戻った私は、どうにかして彼のことを知るすべはないか考えた。
総務部で迷うくらいなので、ある程度広さのある会社なのだ。

しばらく考えても、いい案は浮かばなかった。

 

38: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:30:46.22 ID:j+AU/SKW0

そんなこんなで、入社してから1ヶ月が経とうとしていた。

お昼休み。
私はいつものように、仲良くなった同期とともに
社食へむかっていた。

私「今日の日替わりパスタは何かなあ☆」
同期「私はサバミソにする☆」

そんな会話をしながら社食に入った私は目を疑った。
彼がいたのだ。

 

40: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:31:59.46 ID:yjzj8TN80
同期もエアなら、全米が泣く

 

42: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:33:35.01 ID:j+AU/SKW0

【現実パート】

私「(むしゃ…むしゃ…)」
~自席にて、ニコニコ動画を見ながら~

 

43: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:34:19.47 ID:pFr5+IeH0
現実パートwww

 

44: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:35:31.44 ID:j+AU/SKW0

彼が目に入ったとたん、心臓がどきどきして止まらなくなった。

どうしよう、会えた・・・

私「同期ちゃんごめん、先行ってて」

そういうと、私は彼の元へ向かった。
彼はiPadを見つめながら、一人でご飯を食べていた。

私「あ、あのっ」

勇気を振り絞って声をかけると、彼がスッと顔を上げた。

 

45: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:38:40.54 ID:T4obMTHA0
なかなか積極的だな

 

46: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:38:46.41 ID:j+AU/SKW0

下から見上げられる形になって、彼の睫毛が長いことに気づく。
ドキッとした。

私「あ、あの。」
彼「ああ、この前の!」

覚えてくれてた!

これだけで私の心臓は張り裂けそうだった。
どうしよう、言葉が出てこないよ・・・

私「こ、この前はありがとうございました!」
彼「良かったね、総務ちゃん」
私「? 総務ちゃん?」
彼「はは、名前も聞かなかったからさ」
私「す、すみません! 新垣 ユイです」
彼「俺は谷原。 谷原翔太。営業部。よろしく!」

 

47: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:39:48.97 ID:j+AU/SKW0

エア私は新垣似なんだ。すまないな。

【現実パート】
私「(カチッ…カチッ…)ふひっ…(クソゲーオブザイヤー2010www)」

 

49: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:40:02.42 ID:1qbeIUPT0
新垣ゆいwwwwwwワロタwwwwwww

 

53: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:44:44.25 ID:T4obMTHA0
俺が間違ってた
>>1 の才能は現実パートで発揮されてる

 

56: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:45:37.75 ID:j+AU/SKW0

食事のジャマをしたらだめだって思って、
その後は会話もそこそこに同期の元に戻った。

すると同期が、イスをガタガタッと寄せてきた。

同期「ユイちゃん、谷原さんと知り合いなの?」
私「えっ!谷原さんのこと知ってるの?」
同期「知らない女子社員なんていないよぉ~!」

同期「あの通り外見はイケメン、営業の成績も抜群。
   しかも性格までいい。当然チェックするでしょ」
私「・・・」

谷原さんは女性社員の中では有名なイケメン営業マンだった。
私はなんだか複雑な気持ちで、ナスのミートソースパスタ(日替わり)を食べた。

 

55: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:45:34.08 ID:/JXawhC+0
エア彼氏との普段のエッチ方法をkwsk書いてくれ。
あと同棲するのか?

 

58: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:46:50.00 ID:j+AU/SKW0
>>55
もう☆この早漏が☆
順序よくかいてくよー

 

60: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:48:20.10 ID:j+AU/SKW0

私は迷っていた。
あのときのお礼ができていないのだ。

口ではお礼を言ったけど、何かしないとな~
と考えていた。

っていうのは建前で、もう一度谷原さんに会いたいと思ってた。

 

61: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:48:20.33 ID:CweNpFGj0
お前ら、この文章をデブスがニヤニヤしながら書き込んでるのを想像してみろ…

 

62: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:48:52.55 ID:j+AU/SKW0
ちなみに私は別に可愛くないけどピザじゃないから安心してよね☆

 

63: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:50:01.06 ID:cv6nXxvb0

エアのスリーサイズ教えて!

現実パート 体重何キロ?

 

66: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:52:02.67 ID:j+AU/SKW0

>>63
エア
86 – 58 – 88

150cm 42キロ

現実
150cm 45キロ

 

65: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:50:42.00 ID:j+AU/SKW0

意を決して、谷原さんにメールをすることにした。
会社では社内検索システムがあって、
メールアドレスなら名前検索で出てくる。

件名:新垣ユイです。

・・・おかしいかあ。

件名:この前はありがとうございました。

本文:
新垣ユイです。
この前はありがとうございました。
本当に助かりました。

・・・この続きが思い浮かばない。

 

69: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:54:17.26 ID:j+AU/SKW0

ともかく踏み出さなきゃと思って、

新垣ユイです。
この前はありがとうございました。
本当に助かりました。

この三行を送った。

返事はその日のうちに帰ってきた。

件名:アドバイス

本文:
業務外のメールはそれと分かるようにしておこう。
仕事をしていく上で大事なことだよ。

何度もお礼言わなくても大丈夫だよ(笑)
仕事がんばって。

 

71: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:56:19.88 ID:j+AU/SKW0

【現実パート】

私「(めるめる)

件名:親睦会のお知らせ
本文:
私たち新人とみなさまとの親睦会を行いたく思います
以下略」

私「(なんで歓迎会まがいの幹事を新人がやるんだよ)」

上司「おい業務外のメールはそれと分かりやすくしとけ!」

私「ヒッ すいません・・・」

 

72: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:59:16.68 ID:hxoP94V+0
現実いいなw

 

73: 名も無き被検体774号+ 2012/02/15(水) 23:59:19.09 ID:j+AU/SKW0

それ以来、谷原さんとの連絡を取ることはなくなってしまった。
そりゃそうだよね・・・

何事もなく、2ヶ月が過ぎる。

会社に通うために一人暮らしをはじめた私。
仕事にも慣れてきたて余裕が出てきたので、
新しく住む町を散策してみようと思った。

良く晴れた日曜日の昼、
とってもいいにおいのするパン屋さんを見つけた。

 

75: 名も無き被検体774号+ 2012/02/16(木) 00:01:46.85 ID:j+AU/SKW0

カランコロンカラーン♪

小気味いい音とともに、ドアが開く。
パンのいいにおいが私を包む。

魔女の宅急便のような幸せな雰囲気を堪能していると、
先客が一人いることに気づいた。

私「えっ・・・」

そこにはなんと、谷原さんがいた。

 

76: 名も無き被検体774号+ 2012/02/16(木) 00:03:26.30 ID:+XAh84m/0

谷原さん「あれっ・・・」
私「こ、こんにちは!」
谷原さん「えー新垣さん?偶然・・・え、この辺に住んでるの?」
私「は、はいっ!谷原さんもですか?」

谷原さんはラフな私服姿で、すごくドキドキした。

谷原さん「そうだよー メゾン・ド・パラダイスってとこわかるかな」
私「それ、私のマンションです・・・!」

 

77: 名も無き被検体774号+ 2012/02/16(木) 00:05:10.21 ID:+XAh84m/0

そこから私と谷原さんは急激に仲良くなった。

お手製の肉じゃがをおすそ分けしたり、
お互いの部屋で一緒にお料理をしたり。

お互い料理が趣味みたいなところもあって、
すごく話が盛り上がった。

そしてほどなく、私たちは付き合うことになった。

 

78: 名も無き被検体774号+ 2012/02/16(木) 00:05:39.66 ID:j+AU/SKW0

【現実パート】

私「(チン)
  パスタはファミマがいちばんうめーな」

 

79: 名も無き被検体774号+ 2012/02/16(木) 00:05:55.24 ID:+XAh84m/0
やだ誰もいない予感////

 

80: 名も無き被検体774号+ 2012/02/16(木) 00:08:39.19 ID:z/Yhl0Qv0
付き合う過程が割りと雑w

 

81: 名も無き被検体774号+ 2012/02/16(木) 00:08:46.42 ID:5cb0Vo2m0
エア彼氏は包茎なのか?

 

82: 名も無き被検体774号+ 2012/02/16(木) 00:09:55.98 ID:+XAh84m/0
>>81
化成だよ////

 

83: 名も無き被検体774号+ 2012/02/16(木) 00:10:14.14 ID:uF6nQQR90
告白はどっちから?

 

85: 名も無き被検体774号+ 2012/02/16(木) 00:12:27.09 ID:+XAh84m/0

>>83

彼から////

私の部屋で、二人でパエリアを作っていたのね。
彼がなんか手持ち無沙汰な感じでムール貝をいじってたから、

「どうしたんですか?」

って聞いたの。

そしたら彼が真剣な顔で、

「好きだ。付き合って欲しい」

って。
オーソドックスな告白だったけど、もうすごくときめいた///
台所でエプロンして二人で並んで・・・ってヘンな構図だったけどw

 

87: 名も無き被検体774号+ 2012/02/16(木) 00:13:27.99 ID:+XAh84m/0

なにか聞きたい話あるかなー?

彼からのメールとか晒せばいい?////

 

88: 名も無き被検体774号+ 2012/02/16(木) 00:13:32.40 ID:5cb0Vo2m0

>>82
何センチ?

あと、エア彼女のスレ頼む

 

90: 名も無き被検体774号+ 2012/02/16(木) 00:14:53.42 ID:+XAh84m/0

>>88
わかんないけど、おっきくなったときで15センチくらいかな////

エア彼女のスレ?

 

92: 名も無き被検体774号+ 2012/02/16(木) 00:20:46.84 ID:+XAh84m/0

>>91
あるよー////
頭をやさしく抑えられてちょっと興奮した。

いつもやさしい言葉遣いの彼が、
「すっげ・・・」
ってちょっと男っぽい言葉を使ったのにときめいた////

 

93: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 00:26:08.81 ID:+XAh84m/0

初デートでディズニーランドに行った話をゆっくりかいてくね!

携帯になるからID変わるかもしれない
とりっぷつけとくね////

 

95: 名も無き被検体774号+ 2012/02/16(木) 00:33:20.61 ID:47uQHJla0
マジキチワロタ 

 

96: 名も無き被検体774号+ 2012/02/16(木) 00:36:24.95 ID:UZWnRvMA0
マジキチでワロタ

 

98: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 00:53:20.47 ID:+XAh84m/0

とある晴れた日曜日の昼下がり。
めいっぱいおしゃれした私は、舞浜駅に立っていた。

期待と不安とドキドキでどうにかなりそうだった。

待ち合わせは朝8:30。
私は8:00には着いてしまっていた。

ところが、8:30になっても、8:45になっても彼がこない。

 

99: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 00:53:40.22 ID:+XAh84m/0
ふええ><
あーうー規制で携帯からかけなかったよお><

 

100: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 00:54:22.48 ID:+XAh84m/0

改札からはさっきから人が波のようにあふれだしてくる。

私はそれをぼんやりと見つめながら、不安な気持ちを加速させていた。

8:20。
私の携帯が鳴った。

彼からだ。

 

101: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 00:57:13.68 ID:+XAh84m/0

彼「もしもし!?今どこ!?」
私「ま、舞浜駅です・・・」

彼・私「えっ」

声はすぐ、後ろから聞こえた。
そう、柱のこちらとあちらに、ふたりして立っていたのだ。

顔を突き合わせて、私たちは思わずふきだした。

 

102: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 00:59:17.98 ID:+XAh84m/0

チケットはもう買ってあったので、
スムーズに入場ができた。

とにかく乗り物に乗ろう!と話し合っていた私たちは、
一目散にビッグサンダーマウンテンに向かった。

無事について列に加わると、
私は少し息が上がっていた。

すると彼が、
彼「ごめん、走らせて。大丈夫?」

と声をかけてくれてすごくキュンってした。
乗り物たくさん乗りたいって言ったのは私なのに。
なんて気の遣える人なんだろうって。

 

103: 名も無き被検体774号+ 2012/02/16(木) 01:01:15.49 ID:V2Amnt760
このスレすっげ・・・

 

104: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 01:01:18.16 ID:+XAh84m/0

日曜日だからか、やっぱりそれなりに混んでいて。

ビッグサンダーマウンテンの列って、
小屋?みたいなのに入るまではすごく狭いんだよね。

後ろから前からぎゅうぎゅう押されて、
背の低い私はうわーってなっていた。

その時、彼が後ろから私をぎゅっと抱きしめた。

付き合ってから間もなくて、
まだ手を握ったことしかなかったから、
すっごくドキドキしてしまって。

リアルに体固まってたと思うw

 

105: 名も無き被検体774号+ 2012/02/16(木) 01:02:45.81 ID:8kgWdDk40

後ろからも押されてるのに後ろからぎゅっ

なんてマッチポンプwwwwwwwww

 

107: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 01:03:33.82 ID:+XAh84m/0
>>105
横に並んでた彼が、列が動くときにそっと後ろに回ってくれたの////

 

106: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 01:02:53.68 ID:+XAh84m/0

【現実パート】

私「ドキドキでwwww壊れそうwwwwwww1000%LOVEwwwwwwフフォウ!」
~自室にて、ニコニコ動画での配信を見ながら~

 

108: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 01:05:46.66 ID:+XAh84m/0

体制的には、彼が私の首あたりに腕を回してる体勢。
身長差があるからどうしても少し不恰好になるwww

彼が前かがみの体勢だからつらくないか、とか、
どうしようぎゅっとされちゃってる、とか、
周りから見られてちょっと恥ずかしいよぉ・・・とか、

いろんなことを考えてたw

頭がぐるぐるってなっちゃって、
もうほとんど会話らしい会話ができてなかったと思う。

でも彼からもそんなに話しかけてこなくて。
彼も緊張してるのかな?なんて思ったら本当いとおしくなった////

 

110: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 01:07:38.84 ID:+XAh84m/0

嬉しい時間はあっという間って本当で、
山を登りきって小屋の中に入った。

列に少し隙間が空くようになって、
自然に彼が腕を解いた。

「あっ・・・」

って思わず声が出てしまったw

彼が「ん?」って言う。
私「なんでもないですwww」

ごまかしたけど、彼にはわかってたみたいで。
スッて手を握られた。

彼「これで我慢して?」

 

111: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 01:09:24.62 ID:+XAh84m/0

余談なんだけど、この彼の「ん?」って、
私にとってはすごく萌えポイントなんだ。

身長が30センチぐらい違うから、
彼は自然と少しかがんで私の顔を覗き込む形になる。

サラサラッて髪の毛が少し流れて、
すごくときめくの////

しかも、「ん?」って言い方が可愛いんだよー!
もっと見ていたいのに、可愛くて恥ずかしくて、
目をそらしちゃう。

 

112: 名も無き被検体774号+ 2012/02/16(木) 01:12:08.49 ID:FlC+5CU60
むしろリアルパートのほうが面白い件

 

117: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 01:18:37.37 ID:+XAh84m/0

ビッグサンダーの列に並んでる間中、ずっと手を握ってた。
彼の手はやっぱり大きくて、私の手がすっぽり埋まってしまいそう。

嬉しかったことは、彼が恋人つなぎをしてくれたこと。
指と指がからんで、ほんとうにドキドキした////

ビッグサンダーマウンテンを乗り終わって、
隣のスプラッシュマウンテンに並ぶ。

私も彼も絶叫系は大好きだと分かっていたので、
マウンテン系は3つとも乗ろうね!と話し合っていた。

「スタンバイ 90分」の文字。
彼と一緒なら長くないって思った。

 

118: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 01:23:27.08 ID:+XAh84m/0

スプラッシュから出ると、時間はもうお昼だった。

彼が「何が食べたい?」って聞いてくる。
彼はいつも私の気持ちや気分を優先してくれるんだ。

私「なんでもいいですよ!」
彼にも食べたいものがあるだろうし……って思ってこう答えちゃうけど、
実はこの答えって一番困るよねw

彼「んーwじゃあ辛いもの以外でどっかさがそっかw」

ホラ、こうやって、辛いものがニガテな私を気遣ってくれる。
やさしいんだから、もう……!

 

120: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 01:25:01.13 ID:+XAh84m/0

ふわぁ///
谷原さんからメール////

「おーい、起きてる?」

起きてますよぉ////
って返事する!

 

122: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 01:25:58.20 ID:+XAh84m/0

谷原さん
「明日会社だから早く寝ろ」
だってww

もう、谷原さんもだよ……☆

 

124: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 01:27:44.52 ID:+XAh84m/0

というわけでユイは寝るよ!

明日また来て続きを書くから、
覚えてたら良かったら見に来てね!

終始こんな感じでマイペースに行くよ!

 

126: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 01:29:28.93 ID:+XAh84m/0

>>125
ありがとう!
明日また来るね!

携帯からの規制が解除されれば
コンスタントに投下できると思うんだな

 

130: 名も無き被検体774号+ 2012/02/16(木) 01:51:15.83 ID:O0WCsiUT0
妄想のディテールが完璧すぎて何故か悲しい

 

146: 名も無き被検体774号+ 2012/02/16(木) 22:57:18.07 ID:ewW23aZqO
保守

 

147: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 23:02:29.24 ID:+XAh84m/0
みんな待っててくれてありがとう////
携帯が規制されたから書き込めなくてごめんね////

 

148: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 23:04:23.06 ID:+XAh84m/0

今日ね、仕事が終わって帰ろうと思ってたら
谷原さんからメールが来てたの。

「何時に終わる?」

って!

会社では付き合ってることは内緒にしてる。
だから、「えっ?」って思いながら

「18時です!」
って返事した。

そしたら、

「◎◎(最寄駅前のレストラン)で待ってる」

って・・・!

 

150: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 23:06:40.40 ID:+XAh84m/0

私はとにかく急いで仕事を終わらせようとがんばった。

でも色々仕事が詰まってて退社したのは19時。
急いでレストランに向かったら、
赤ワインのグラスをくるくる回した谷原さんがいた。

私「ごめんなさい!遅くなっちゃって・・・」
彼「18時じゃなかったの?w」
私「ごめんなさい・・・」
彼「・・・」
私「谷原さん・・・? 怒ってます、か?」
彼「怒ってる」
私「えっ・・・ど、どうしよう・・・」

本気でオロオロする私。
そんな私を見て、谷原さんは、

「一杯だけでいいから、ワイン付き合ってくれたら許す!」

ってニコッと笑った。

もう、だいすき・・・////

 

152: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 23:08:05.67 ID:+XAh84m/0

【現実パート】

私「(カタカタカタカタカタ)」

私「(マジサビ残つらいわマジ信じられないわどんだけだよ)」

私「(しかも周りもう誰もいねーよ)」

私「ズルズル (ペヤングうめー)」

 

153: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 23:10:52.51 ID:+XAh84m/0
昨日のディズニーランドの続きかくね////

 

155: 名も無き被検体774号+ 2012/02/16(木) 23:20:47.44 ID:+XAh84m/0

ディズニーランドのつづき*

結局お昼はピザを食べようってことになった。

スペースマウンテンの近くにある、宇宙っぽいピザ屋さん。
ディズニーランドのご飯って、どれも美味しいんだよね☆

ピザは2種類あって、
ソーセージのピザと、エビのピザ。

どっちもおいしそうで、私はすっごく迷ってしまった。

彼「どしたのw」
私「えっ?」
彼「さっきからうーんうーんってうなってw」

!口に出ちゃってた!
私は顔がかあって熱くなるのを感じながら、正直に話した。

私「ピザ・・・どっちにしようか迷っちゃって・・・」
彼「wwwwどっちも食べたら?」
私「そんなに食べられませんよー!」
彼「じゃあ、ひとつずつ買って、半分こしようか」
私「・・・はい・・・////」

 

156: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 23:45:44.31 ID:+XAh84m/0

おなかいっぱいになった私たちは、
最後のマウンテン系、スーペースマウンテンに乗ることにした。

長い待ち時間を終えて、彼とコースターに座る。

スペースマウンテンは他の二つと違って、
室内型のコースターなんだよね。
でもって、宇宙がテーマだから、中が暗いの。

それが怖くって、私、コースターが走り出すと
ぎゅっと目をつむった。

そしたら、
彼が私の手をぎゅって握った。

 

157: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 23:46:47.73 ID:+XAh84m/0

彼「・・・怖い?」
私「だ、大丈夫です!」
彼「強がっちゃってww」

彼は笑いながら、コースターが走ってる間中手を握っていてくれた。
すっごくドキドキしたのは、怖かったからじゃないよね・・・☆

 

159: 名も無き被検体774号+ 2012/02/16(木) 23:50:20.58 ID:8kgWdDk40
TDLにさりげ詳しいな・・・もしかしてリア充?

 

160: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 23:53:39.43 ID:+XAh84m/0

>>159
だって彼氏と行ったんだよお・・?///
忘れるわけないよお////

(ヒント:都民)

 

161: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 23:55:05.88 ID:+XAh84m/0

そんなこんなで色々なアトラクションに乗っていたら、
いつの間にか日が暮れていた。

アリスのレストランでごはんを食べてから、
エレクトリカルパレードを見ようってことになって場所取り。

実はトゥーンタウンの前って、パレードが帰る道だから穴場だったりする。
そこに立って、パレードの到着を待った。

秋口だったから、空っ風が吹いて夜は少し寒い。
無意識に身を縮めた私に、彼の手が触れる。

 

162: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 23:58:39.19 ID:+XAh84m/0

彼「・・・寒い?」
そういいながら、ぎゅってしてきた。

ぎゅうって、ハグって、不思議だよね。
何度されてもドキドキするし、
本当に慣れなくて。

彼の触れてる箇所からどんどん熱が伝わってくる気がして、
心臓がバクバクバクバクいってた。

ぎゅってされてるドキドキと、
そのドキドキが彼に伝わっちゃったらどうしよう!
っていう恥ずかしさで、もう私また大混乱。

かたまっちゃう。

 

163: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/16(木) 23:59:37.01 ID:+XAh84m/0

のどの奥から声を振り絞って、

「……はいっ……」

って答える。
彼は、

「そっか。」

って耳元で囁いて、私を強くぎゅっとした。

 

164: 名も無き被検体774号+ 2012/02/17(金) 00:00:55.16 ID:q9N597nh0
何この虚しいドキドキ感w
>>1の才能に嫉妬。

 

166: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 00:03:50.06 ID:+XAh84m/0

そんなとき、小さく音楽が聞こえてくる。
パレードが来たみたいだった。

音楽はどんどん近づいてきて、
いつの間にか空は夜になっていることに気づいた。

みんなの視線がパレードへ向く。
暗い中、キラキラとした行進がこちらへ向かってくるのが分かった。

左から来るパレードをまっていると、
つん、と右のほっぺたをつつかれた。

「?」

条件反射で振り向くと、
ちいさく、触れるだけのキスをされた。

みんなはパレードを見てた。
私の視界は谷原さんでいっぱいだった。

谷原さんは優しい目で微笑んだ。

 

167: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 00:04:11.59 ID:0MK8KW7y0
これが初ちゅーです/////

 

169: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 00:08:18.30 ID:0MK8KW7y0

もうその後はふわふわしちゃって、
パレードがいつ終わったのかも覚えてない。

でもパレードの間中ずっと彼は私を抱きしめてくれていて、
とってもぽかぽかあったかかったのを覚えてる。

帰りにディズニーストアで、おそろいのストラップを買った。
ハートの形をした、銀色のストラップ。
ハートに耳が付いていて、ミッキーとミニーになってる。

彼がミッキーで、私がミニー。
私はそれをキーケースにつけた。
今でも見るたびニヤニヤしちゃう////

 

170: 名も無き被検体774号+ 2012/02/17(金) 00:08:54.98 ID:0MK8KW7y0
そんなこんなで、初デート&初ちゅーは無事終了したのでした////

 

172: 名も無き被検体774号+ 2012/02/17(金) 00:10:11.50 ID:vfZIpBVG0
>>1のこの才能はいくつかのことに応用できるはずなのに・・もったいないwwwww

 

173: 名も無き被検体774号+ 2012/02/17(金) 00:11:41.29 ID:yPTFyxQXP
>>172
むしろこの才能だけに全力を尽くすべき
いつか妄想世界に入れると思う

 

177: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 00:15:18.23 ID:0MK8KW7y0

とりあえず何書けばいいかな~?

・初えっちの話
・ケンカした話
・萌えた彼氏エピソード
・安価で彼氏にメール

そもそも需要ある?w

これで終わりでも、
ユイ的には最高の彼氏自慢できたから満足だよお////

 

113: 名も無き被検体774号+ 2012/02/16(木) 01:12:23.41 ID:5cb0Vo2m0

・普段の休日
・普段やりとりしてるメール
・初キス
・初エッチ
・はじめてのケンカ
・バレンタインデー&ホワイトデーの出来事

これも頼むぞw読み物として最高だw

 

178: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 00:17:04.25 ID:0MK8KW7y0

>>113かいてくね

普段の休日は前にもかいたけど、
お互いの部屋で料理作ることが多いよ///

うちの会社結構いそがしくて、
休日はゆっくりしたいんだあ・・・☆

ディズニーにいったのが10月で、
そこから何回か出かけたりもしてるけど、
本当数えるほどだよ。

 

180: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 00:25:53.94 ID:0MK8KW7y0

普段やりとりしてるメールは・・・
他愛のないことばっかりだけど、

萌えたやりとりを書いてくね///

うちの会社は土日が休みなんだけど、
毎週日曜日に会うことにしてるのね。
土曜日は各自の用事に使おうって約束にしたの。

で、付き合って1ヶ月ぐらいの土曜日のメール。

彼「おはよー」
私「おはようございますー早起きですね」
彼「起きちゃったー
  あのさ、ひとつお願いがあるんだよね」
私「??なんですか??」
彼「ユイって、呼んでもい?」

い?って聞いてくる彼がほんっと可愛すぎて悶えた。

「喜んで!」って返信したら、
次の日(日曜日)のデートで会ったとき、

「おはよ、ユイ」

って呼んでくれたの////

 

183: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 00:27:59.45 ID:0MK8KW7y0

【現実パート】

去年の10月ごろに私に来たメール

会社の後輩「来年結婚します////」

私の返信

なし

 

184: 名も無き被検体774号+ 2012/02/17(金) 00:29:23.85 ID:fzv7uWnw0
なしかよw

 

186: 名も無き被検体774号+ 2012/02/17(金) 00:32:14.12 ID:OFUtwfFX0
>>183
返信しろwww

 

185: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 00:30:43.11 ID:0MK8KW7y0

ちなみに、付き合い始めたのが去年だから、
バレンタイン/ホワイトデーイベントは今年が初なんだよ////

この前14日には手作りチョコあげたの。
でも私、料理は好きなんだけど
お菓子作りはあんまり得意じゃなくって……

チョコを湯煎で溶かそうとしたら、
水が入って分離しちゃったの……

泣きそうになって、
必死で近くのスーパーでまたチョコを買ってきたんだけど、
時間がなくて、ただのトリュフになっちゃった…・・・
ブラウニー作ろうと思ってたのに。

 

187: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 00:32:50.87 ID:0MK8KW7y0

でも要は気持ちだからって思って、
可愛い箱を買ってきて、リボンできれいに包んだ。

小さな紙袋に入れて彼にハイッて渡したら、
本当に嬉しそうな顔するんだよ・・・・・・////

「開けていい?」

って、キラキラした笑顔で聞いてくるの。
私が「うん、でも、きれいにできなくて・・・」っていうのも全然聞いてなくって。

開けた瞬間、トリュフを見て、
バッて手で口を押さえてた。

「どうしよう・・・・・・嬉しい」

って言ってくれて、なんか涙が出そうになったw

 

189: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 00:34:39.95 ID:0MK8KW7y0

「食べていい?」

って聞く彼。
いちいち聞かなくてもいいのにww

「うん」

って答えると、光の速さで食べる。

「うまい」
って可愛い笑顔を向けた後、私をぎゅっとしてくれた////

ひとつ食べただけでフタをしめ始めたので、
「もう食べないの?」って聞いたら、
「もったいないから後でじっくり食べる」だってw

 

191: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 00:35:28.44 ID:0MK8KW7y0

そう、気づいた人もいるかもしれないけど////
今年に入ってやっとタメ語で話せるようになったんだよ///

きっかけは……わかるよね////

 

192: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 00:36:34.56 ID:0MK8KW7y0

【現実パート】

2/15
私「コンビニのチョコwww半額wwwうはwwwウマスwww」

 

194: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 00:37:05.22 ID:0MK8KW7y0
ごめんね///
ユイおふろはいってくるね////

 

193: 名も無き被検体774号+ 2012/02/17(金) 00:37:04.87 ID:fzv7uWnw0
もちろん初エッチは事細かに書いてくれるんだろうな

 

195: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 00:37:39.15 ID:0MK8KW7y0
>>193
かくよお////
明日になるけどな!
ユイはまったく懲りないし悪びれないよ!

 

196: 名も無き被検体774号+ 2012/02/17(金) 00:39:24.54 ID:LkziceB5i
目頭が熱くなるな

 

197: 名も無き被検体774号+ 2012/02/17(金) 00:43:16.39 ID:OFUtwfFX0
現実パート殺伐すぎワロタ

 

203: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 01:13:13.83 ID:0MK8KW7y0

やだみんな///
ユイには谷原さんがいるからだめだよお///

ちなみに部屋着っていうかパジャマは、
昔プチローズで買ったルームウェアだよ////

 

204: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 01:14:07.52 ID:0MK8KW7y0

ケンカの話と、初えっちの話は明日かくね。

携帯が規制されてなかったら携帯からかけるんだけど・・・(;_;)
会社のPCから書くわけにもいかないから、
また今日ぐらいの時間になるかなあ。

 

205: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 01:14:43.56 ID:0MK8KW7y0

待っててくれる人は良かったら明日も来てね☆
ノロケ聞いてくれて本当感謝だよお///

あと、聞きたい話があったら適当に書いておいてね☆

 

211: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 01:54:52.99 ID:0MK8KW7y0
おやすみー(^o^)

 

212: 名も無き被検体774号+ 2012/02/17(金) 02:44:15.46 ID:5r59Dk6n0
明日も待ってるぞー

 

230: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 23:20:53.41 ID:0MK8KW7y0
みんなただいま///保守ありがとお!

 

236: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 23:29:26.55 ID:0MK8KW7y0

じゃあ初めてケンカしたエピソードを書くね。

私はというと、開発部にいるんだけど、
彼は営業部所属。

結構、出張とかもあったりするんだよね。

去年の11月、彼は大阪のほうに出張があるって、
木曜日から金曜日に泊りがけで出かけて行った。

 

237: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 23:31:03.91 ID:0MK8KW7y0

「お土産買ってきてくださいね!」
なんてメールをしたのが水曜日の夜。

「おう、任せろ!」って返信が来て、
そこから木曜日一日、連絡がなかった。

 

238: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 23:33:13.48 ID:0MK8KW7y0

彼はけっこうマメな人で、
1日に何回かメールをくれる。

私はかまってちゃんだから、それが嬉しくて///

「おはよう」とか、
「おやすみ」とか、
大半がそんな他愛のないメールなんだけれど。

たまーに、本当になにかきっかけとかがあるわけじゃないんだけど、
嬉しいメールをくれるときがある。

たとえば。

私「今日は疲れました~~」
彼「お疲れ!」
私「谷原さんもお疲れ様です!」
彼「ねえ、今何してた?」
私「今ですか?お風呂入ろうかと」
彼「そっか・・・」
私「?どうしたんですか?」

彼「ん?ちょっと会いたいなって思ったから」

胸にキュンキュン着て、
脱ぎかけたジャケット羽織り直して彼のお部屋に行っちゃった////

 

239: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 23:35:29.65 ID:0MK8KW7y0

話を戻すね。

そんなマメな彼が、
1日まるまるメールをくれないっていうのは珍しかった。

出張だし、忙しいんだろうなーって思ったけど、
金曜の朝起きてもメールが入ってなかったのはちょっと寂しかった。

金曜日。
私は普通に会社に行く。メールは来ない。
お昼。食堂で日替わりパスタを食べる。メールは来ない。
夕方。残業になりそうなので、同期と夜ご飯。メールは来ない。

私はメールが来ない寂しさと、なぜか少しの憤りを感じていた。

 

240: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 23:36:30.27 ID:0MK8KW7y0

忙しいっていったって、メールの一通ぐらい送れるんじゃないの?

第三者から見たらどう考えても理不尽な思考が、
私の頭をぐるぐると回り始めていた。

 

241: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 23:38:00.49 ID:0MK8KW7y0

でもなんでか自分からメールをする気にはなれなかった。
くやしかったのかも(笑)

いつだって谷原さんからメールをくれてた。
私のことを気にかけて、かまってくれてた。
だから私は、私から連絡する方法を、知らなかった。

おかしいよね?
メールの送信ボタンを押せばいいはずなのに、
それはいつもの返信ボタンじゃなくって。
件名に「Re:」って付いてないだけで、
こんなにもハードルが高かった。

 

242: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 23:39:49.24 ID:0MK8KW7y0

そんなことを考えているうちに、
金曜日も終わろうとしていた。

23時近い。
残業を終えて家に帰ってきた私は、
化粧も落とさず、体をソファーに投げ出した。

クッションの生地がほほに当たって少しざらざらして、
ああ、顔に跡がついちゃうなぁなんて思いながら、
ボーっとしていたら、

涙が出てた。

さみしいよ、谷原さん。

携帯は鳴らない。

 

243: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 23:45:02.85 ID:0MK8KW7y0

10分ぐらいかな。
本当に微動だにせずソファーでうつぶせになってた。

そしたら、かすかな振動を感じて。
ガバッて飛び起きて、
投げ出して横に倒れてるカバンを引き寄せる。

着信だ。
谷原さんからだ。

私は早鐘を打つ心臓の存在を感じながら、
震える手で通話ボタンを押した。

私「……もしもし?」

 

244: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 23:47:37.58 ID:0MK8KW7y0

彼「もしもし?ユイ!?」
私「あ……」
彼「ただいまー!帰ってきたよ、今家?」

彼の声だ。
谷原さんの声だ。

私の頭をまず最初に満たしたのは、嬉しいって気持ちだった。
嬉しい。うれしい。谷原さん。

でも直後、隠れていた憤りの感情が首をもたげてくる。

私「……」
彼「? ユイ?」
私「…・・・どうして連絡くれなかったんですか?」

 

245: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 23:49:45.48 ID:0MK8KW7y0

私「2日間も。どうして連絡くれなかったんですか?」

私「メールの一通もなくて。
  離れてるんだから、姿を確認できないんだから、連絡ほしかったです」

私「そんなに仕事忙しかったんですか?
  私のこと思い出さなかったんですか?」

こんなことを言った事、今でも思い出すとウワーってなる。

でもこのときは、本当に感情がグシャグシャにあふれ出して止まらなかった。
一方的にまくしたてた。

 

246: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 23:51:29.87 ID:0MK8KW7y0

しばらくの沈黙の後、彼が口を開いた。

彼「ごめん。ずっと取引先の人といたから、連絡できなかった。」
私「……」
彼「でもユイがそんな風に思ってたと思わなかった。
  もう少し大人だと思ってたよ。」
私「……」
彼「切るね」

電話が切れた。

振られる。
そう思った。

谷原さんを幻滅させてしまった。

 

247: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 23:53:18.47 ID:0MK8KW7y0

ツー、ツー、と鳴る通話終了音を聞きながら、
大きな後悔が私を襲っていた。

なんてこと言っちゃったんだろう。
なんてこと言っちゃったんだろう。

当たり前だ。
仕事で出張に行ってる。遊びに行ってるわけじゃないのに。

子供っぽい「さみしい」なんて感情を勝手に育てて、
何も悪くない谷原さんにぶつけてしまった。

自責と後悔の念が押し寄せて、
私はぼろぼろと涙を流した。

 

248: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 23:56:11.87 ID:0MK8KW7y0

私「ぅえ……うああっ……」

私は子供みたいに、泣きじゃくっていた。

化粧が崩れ、マスカラが私をパンダに変えるのが分かる。
そんなのおかまいなしに泣きじゃくった。

10分ほど泣き続けていただろうか、
玄関のチャイムが鳴った。

こんな顔で出られないよ…・・・
そう思いつつも、無視するわけにはいかない。

玄関から、覗き穴を覗いた。

谷原さんが、立っていた。

 

249: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/17(金) 23:58:17.57 ID:0MK8KW7y0

え!?
どうして!?

驚いて、涙が引っ込む。
私は何も考えず、次の瞬間にドアを開けていた。

私の姿を見ると、谷原さんはいつもの笑顔で

「なんて顔してんだよ」

って言いながら、玄関で私を抱きしめた。

私「ぅえ……?たにはらさ……」
彼「ごめんな。寂しい思いさせた。」

今までにないくらいの強い力で、
私をぎゅっと抱きしめる。
私のことを決して逃がさないような、そんな抱きしめ方。

 

250: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 00:01:46.06 ID:0MK8KW7y0

私「たにはらさん……ごめんなさい、私、私……」
彼「いいよもう。電話で怒ったから、お前も分かったろ?」

彼の腕の中で、コクコクと必死にうなづく私。

彼「だから、今度は俺が謝る番だと思って」
私「謝るって、なんで、悪いのは私なのに……」

一瞬体を離す。
反射的に顔を上げると、谷原さんも泣きそうな顔をしている。

ぐっともう一度引き寄せられて、彼が耳元で言う。

彼「大好きな彼女にこんな寂しい思いさせたんだ
  ごめん」

耳に、本当に心地よい音で彼の声が流れ込んでくる。
また、涙が溢れ出してきた。

 

252: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 00:05:35.35 ID:0MK8KW7y0

玄関先で、二人してへへって笑った。
お互いごめんで仲直りっていいねって、
立ったまま、笑った。

谷原さんは私のほっぺにやさしくキスをしてくれた。
涙のあとをなぞるように、何回もしてくれた。

その後、お土産のたこ焼きを二人で食べました。
大阪駅で買ったのか、ちょっとさめてたw

これがはじめてのケンカ!
ケンカっていうか、ユイが一人でスネただけだったね////

でもこれで、彼が本当にやさしい人なんだって改めてわかったんだよ////

 

253: 名も無き被検体774号+ 2012/02/18(土) 00:06:24.70 ID:UeWXTnyy0
谷原「面倒な女だな・・」

 

254: 名も無き被検体774号+ 2012/02/18(土) 00:07:33.04 ID:xLURIr5V0
>>253 
谷原さんはそんなこと言わないもん><

 

256: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 00:10:59.87 ID:xLURIr5V0
はやく谷原さんに会いたいな……☆

 

257: 名も無き被検体774号+ 2012/02/18(土) 00:13:51.94 ID:qNPhX/+q0
>>256
えっ会ったこと無いじゃん。

 

258: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 00:15:24.84 ID:xLURIr5V0
>>257
何度もデートしてるよお////

 

259: 名も無き被検体774号+ 2012/02/18(土) 00:15:25.96 ID:657fVU0J0
明日休みだからどうする?って谷原にメールしないの?

 

261: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 00:16:45.70 ID:xLURIr5V0

>>259
デートはいっつも日曜日なんだ☆
今週もたぶん、どっちかの部屋でまったりすると思う~

あとさっきまで実はメールしてて、
谷原さんもう寝ちゃったw
疲れてたみたい。

 

263: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 00:19:11.32 ID:xLURIr5V0
むむ。
なんか需要なくなってきたっぽいからこの辺で打ち止めかな?

 

264: 名も無き被検体774号+ 2012/02/18(土) 00:20:59.05 ID:+7r2udbHi
現実モード待ってるんだよw

 

267: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 00:23:09.63 ID:xLURIr5V0
じゃあ最後に初エッチのエピソードだけ書こうかな?^////^

 

268: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 00:24:48.15 ID:xLURIr5V0
ユイの中の人がポロリし始めてるけど気にしちゃだめだよ////

 

269: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 00:25:57.09 ID:xLURIr5V0

現実パート貼りもらしてたよごめんね////

気を取り直して初えっち。

実は、このケンカの後。

 

272: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 00:27:53.06 ID:xLURIr5V0

たこ焼きを食べたあと、リビングで二人並んで座ってた。

いつものように、軽いキスをする。
「んっ……」

私はちょっぴり感じやすくて、
キスだけでも声が漏れてしまう。

彼「可愛い……ユイ」

彼の右腕が、私の腰に回る。
そのまま、彼にぐっと押されるようにキスを続けた。

 

274: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 00:30:12.94 ID:xLURIr5V0

普段ならそこで口が離れて、
私が「ぷはぁ…」って息を吐いて笑われるんだけど、
その日は違った。

彼の舌が、私の口の中に入ってきた。
「んぅ!」
ぬるりと、私の舌に彼の舌が絡まる。

重なった口の隙間から、吐息が漏れる。
私は呼吸するのに必死で、頭が真っ白だった。

「っは…んふ」

いつもなら音のしないキスに、唾液の音が混じる。

瞬間、彼に押し倒された。

 

275: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 00:33:50.54 ID:xLURIr5V0

「た、谷原さ……!」

彼は私に覆いかぶさる。
上体を少しだけ上げて、私のほほに手を添える。

「……だめ?」

そう聞いてくる彼がすごく可愛くて、
キューンって音が聞こえた。

「だめっ…じゃ、ないです、から……
 その、ベッド……!」

恥ずかしくて、腕を顔の前でクロスさせて答えた。
次の瞬間、私の体はふわっと浮き上がった。

「了解しました、姫?」

彼は私をお姫様だっこして、ベッドに寝かせた。

 

276: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 00:35:01.07 ID:xLURIr5V0

そのセリフがあまりにもクサすぎて、
ベッドの上でクスクス笑う。

「何がおかしいの?」

彼は、発情した目で、私を見る。

「なんでもないです」

それに答えようと目を瞑ると、
またやさしいキスが降ってきた。

と同時に、彼の右手が私の胸に触れる。

 

277: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 00:36:42.66 ID:xLURIr5V0

服の上から、ふにふにと揉んでくる。
硬いジャケットを羽織ったままだったから、
微弱な刺激しか伝わってこなくてもどかしい。

「っ……んふ、ふあ……」

その間もキスされてるから、要求を伝えられない。
身をよじりながら、もっと強い刺激を求めた。

 

278: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 00:40:24.66 ID:xLURIr5V0

彼の手が、ジャケットの下のブラウスに入る。
キスをしながら、ボタンが外される。

ジャケットもブラウスも脱がさずに、
背中に手をするりと入れてブラのホックをはずす。

そのまま、ブラをぐいっと上にずらされた。

彼の舌が、ぬろりと私の乳首を舐める。

「ぅあっ……!」

ビクンと体がはねるのが分かった。

「乳首感じるんだ?ユイ、どうしてほしいの?」

舌の先でちろちろと転がす。
充血して赤くなった先端が、ピンと上を向く。

 

280: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 00:46:41.81 ID:xLURIr5V0

「なめて…ください…」
「いい子だね」

私の返答を聞くと、
谷原さんは私のおっぱいをペロペロと舐める。
右の乳首を舐められて、左手で乳首をコリコリされて、
もう私はたまらなくなる。

「あぁ、やぁ、谷原さっ……ああっ」

声が止まらなくて、体が火照るのが分かった。

おっぱいに意識を集中していたら、
いつのまにか谷原さんの手がパンツの中に伸びていた。

ぬるぬるにとろけていたあそこを触られて、
「ひゃうん!?」
って声が出る。

「うわ…ぬるぬるしてるよユイ…」
「やだあ…言わないで…」

 

281: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 00:50:33.44 ID:xLURIr5V0

本当に恥ずかしいぐらい濡れていて、
ぬるぬるのとろとろになっているのが自分でも分かった。

谷原さんはわざとらしく音を立てて入り口のあたりをさする。

ぴちゃぴちゃ、と卑猥な音がする。

「やぁ…恥ずかしいよ……」
「恥ずかしい?じゃあやめる?」
「やだあ……」

谷原さんの指が、中に入ってきた。

「ふぁあっ……!!」

「うわ……ユイの中、すごい熱いよ…」

耳元で囁きながら、谷原さんは私の中をぐちゃぐちゃとかき回す。
たっぷり濡れているから、掻き回すたびに大きな音が出る。
ぴちゃぴちゃと音を立てて、とめどなく愛液が溢れ出していた。

「んっ、あっ、や…ああっ」

 

282: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 00:52:14.28 ID:xLURIr5V0

「谷原さ、あっ…」

指が気持ちいいところに当たる。
ぐちゅぐちゅになったあそこがじんじんして、もう何も考えられなくなる。
私はそのままイッてしまった。

自分以外の人でイくのは初めてで、
恥ずかしいやら嬉しいやらで谷原さんに必死にしがみつくことしかできなかった。

 

283: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 00:54:04.21 ID:xLURIr5V0

見ると、谷原さんのが大きくなっているのが分かった。

体を起こして、
「次は私の番ですよ」
って言いながら谷原さんのアレを取り出した。

まずは先端にキスをする。
少し濡れて、艶めいていた。

カリよりうえをパクッとくわえて、てっぺんをチロチロ舐める。
右手を上下させながら、カリ全体を嘗め回す。

 

285: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 00:56:35.11 ID:xLURIr5V0

いったん口を離して、
舌の先を使って根元から先端まで一直線に舐める。

舌の先が触れるか触れないかの位置をキープして、
上下にスーっと舐める。
びくんびくんって動くアレが可愛くて。
思わずいとおしくなる。

何回かじらした後に、
思いっきり根元まで咥える。

手と口を一緒に上下させながら、
舌は裏筋をペロペロと舐める。
徐々に激しくしていく。

谷原さんが
「ユイダメ、いっちゃう……」
と私を止めた。

 

286: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 01:01:12.52 ID:xLURIr5V0

ゴムを付けて、
正常位で入れる。

入る瞬間、本当にゾクゾクして、
今までにないぐらい感じた。

彼「うぁ……ヤバイ、ユイの中、すっげー気持ちいい……」

そういうと、彼は激しく私を突いてくる。

「あっ!あ、あんっ、うあぁっ!」

私も感じて感じて、声が全然我慢できなかった。

 

287: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 01:03:13.26 ID:xLURIr5V0

彼のは別段大きいわけじゃないんだけど、
相性がいいのか、本当に感じた。

私の中で気持ちのいい部分に当たって、
体の芯からゾクゾクするような気持ちよさ。

彼「ユイの中、すごい絡まりついてくる…吸い付いてくるよ……」
私「や、だぁ……恥ずかしい、よぉっ、あっ、あんっ」

 

288: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 01:06:04.85 ID:xLURIr5V0

体勢を変えて、寝バックで後ろから突かれる。
つきながら、彼は私のクリトリスを刺激する。

「ふあ、あぁあっ……」

中を突かれて、クリトリスを刺激されて、
外と中の二重の刺激に私はもう骨抜きになっていた。

イキそうになる。

彼「しめつけられる…、ユイ、ごめん、イキそう」
私「いいよ……!」

宣言されてから、ものの10秒ぐらいで彼はイッた。
正直早かったと思うけど、幸せすぎてそんなことどうでもよかった。

 

290: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 01:07:55.01 ID:xLURIr5V0

イッた後、彼は私の中から優しく出て行った。

すごく名残惜しくて、もっと繋がっていたいと思った。

すぐに彼は私のことを腕枕してくれた。
汗ばんで額に張り付いた私の髪の毛を撫でて、
いつものやさしい笑顔で

「可愛いよ、ユイ…愛してる」

って言ってくれた。

私は嬉しくて、幸せすぎて、また泣いてしまった。

 

291: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 01:09:18.00 ID:xLURIr5V0

【現実パート】

私「鳴子ハナハルのwwwwzipをwwww要求するでおじゃるwwww」
友「少女マテリアルwwww今度www貸してやるよwwwww」

~スカイプにて~

 

292: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 01:09:57.40 ID:xLURIr5V0
こんな感じの初えっちでした////
ふえぇ///恥ずかしすぎるよぉ><//////

 

295: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 01:16:05.64 ID:xLURIr5V0
>>294
伝わりづらくってごめんね><
横の寝バックだよお////
あの体勢好きなんだ…////

 

298: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 01:18:24.80 ID:xLURIr5V0
まぁなんか谷原さんが実在して、
実は現実パートの方が妄想でした!とかできたら良かったんですけど
残念ながら谷原さんのほうが全部妄想です本当にありがとうございました。

 

300: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 01:19:29.59 ID:xLURIr5V0
こんなくだらないスレに3日も付き合ってくれてありがとうございました!
読んでくれた人ありがとうございます

 

301: 名も無き被検体774号+ 2012/02/18(土) 01:20:10.77 ID:ND8UAu/IP
>>300
え?
終わり?
マジで?続編希望なんだが

 

302: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 01:20:56.24 ID:xLURIr5V0
>>301
だってもうバレンタインまで書いちゃったから後は現在進行形だよお////

 

304: ユイ ◆x5gMz05B9A 2012/02/18(土) 01:21:44.33 ID:xLURIr5V0
きりがいいかなと思うのでこれで終わりにしたいとおもいます。
リアル彼氏どっかに落ちてるといいよね

 

336: 名も無き被検体774号+ 2012/02/19(日) 20:03:12.77 ID:1fPyZkNk0
おもろいスレだ

 

 

元スレ:エア彼氏と付き合ってるけど質問ある?