10年の片想いに決着をつけたいと思う

2018年8月16日

1: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 12:01:12.14 ID:JPySpQ+Q0
もし良ければ聞いてくれ

 

2: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 12:03:10.67 ID:yXzz4zvz0
仕方ねえから突き合ってやるよ

 

4: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 12:04:24.46 ID:JPySpQ+Q0
>>2
誤字に反応したのは私だけでいい

 

3: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 12:04:18.56 ID:U8TErQDFi
話してみなさい

 

5: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 12:07:51.60 ID:JPySpQ+Q0

とりあえず、スペック晒す

みーくん 18歳
私の好きな人 
死別した好きな人が居る

みーちゃん 18歳
私。 みーくんが好き

えーちゃん
死別した人。可愛い美人
色々と万能なひと

 

8: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 12:10:51.51 ID:JPySpQ+Q0

みーくんと私が出会ったのは小学生の時で
私は転入生で、みーくんも少し前に転入してきたみたいで
お互いなんとなく仲良くなった。
好きになった理由はいまいち解らなかったけど
気付いたら好きになってたし、一緒に居るのが普通だった。

その頃私は女の子らしくもなくてボーイッシュな感じだったから
別に周りにからかわれるって事もなかったからかもしれない

 

13: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 12:14:55.53 ID:JPySpQ+Q0

私は男勝りで直ぐ足が出る様な女の子だったから
男の子と喧嘩をしたりなんて事が多かったんだけど
みーくんにだけは女の子で居れた気がする。

「ねえ、みーくん」って声を掛ける癖は未だに治らない。

でも小学生だったし告白するとかはなくて
ただ一緒に居るだけだった。

でも、中学生になってそんな関係はどんどん変わってしまうんだけど

 

15: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 12:18:17.17 ID:QgvW3PZJ0
ねえムーミン

 

17: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 12:21:26.82 ID:JPySpQ+Q0

中学に上がって、クラスが変わった。
それでも、家が近いから一緒に帰った。
でも部活を始めて毎日みーくんと会えなくなっていった。

私は運動部で、みーくんは文化系の部活だった
朝練や放課後の部活、休日の部活、全てがずれていって
みーくんとは廊下でたまに会うだけになった。

それでも私はみーくんの隣に居るのは私だけだって思ってたし
自信があったから平気だった

 

20: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 12:25:08.40 ID:JPySpQ+Q0

でも、忘れ物をしてみーくんに借りに教室へ行った時
そんな自信は吹っ飛んで行った。
みーくんの隣には可愛い女の子が居た。

男勝りで短い髪にほんのり日焼けした肌の自分と正反対の女の子
大人ぽくって長い髪で白い肌。その女の子がえーちゃんだった。

 

21: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 12:27:52.87 ID:JPySpQ+Q0

私に気付いてみーくんは声を掛けてくれた。
いつもの態度いつもの声で「あ、みーちゃん」って、
でも子供な私は不機嫌で、でも隣立っているえーちゃんは
「あ、あれがみーちゃんなんだ」なんて事を言っていた気がする。

みーくんの隣は私じゃなくてもよかったらしい。
その事実に保健室に行って調子の悪い振りをして泣いた。

私は子供だった。

 

22: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 12:30:05.14 ID:dV0wxIuu0
歳こそ違うが似たような関係の友達がいたな
結局みーくんポジションの男は幼馴染と付き合ってるわ。紫煙

 

24: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 12:31:28.77 ID:JPySpQ+Q0

部活も休んで、友達にえーちゃんの事を聞いた
皆が皆知って居て、私が如何にみーくんしか見て居なかったかが解った。

えーちゃんはみーくんと同じ部活で
目立ちはしないけど、頭がよくて美人だよねぇ!と
彼女の悪口を言う人はいなかった。

勝ち目なんか最初から多分なかったんだと思う。

意識すると見えてしまうもので
みーくんとえーちゃんが一緒に歩いて居るのをよく見るようになった

 

25: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 12:35:41.48 ID:JPySpQ+Q0

意識しないように意識しない様にした
同じ運動部系の男子に告白されて付き合おうとした事もある
グループもどんどん変わって行って、運動部のリア充達とつるんでいた。

でも、楽しくは全然なかった。

でも、残酷かな。二年生になってみーくんとえーちゃんと同じクラスになってしまった

私は極力無視しようとしたけど、みーくんは普通に接してきて
どうしていいか解らなくなった、自己嫌悪した。

 

26: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 12:38:58.04 ID:JPySpQ+Q0

ただ気付いた事が有って、えーちゃんにはみーくん以外に
仲のいい人は居ない事だった。
特別嫌われている訳ではないのに、女の子は余り彼女と仲良くして居なかった
大人っぽい容姿や彼女の綺麗な雰囲気がそうさせて居たのかもしれない。

だから、思い切って体育の時間彼女に声を変えてみた。
「一緒に体操しよう」と。えーちゃんは子供みたいな笑顔で頷いて
可愛い人だなと思った。それから少しずつえーちゃんとも仲良くなった。

でもえーちゃんとみーちゃんは私とえーちゃんより、私とみーくんより
仲が良くて、それを見るのがすごく苦しかった。

 

27: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 12:48:50.12 ID:JPySpQ+Q0

でも2年の3月頃、えーちゃんが事故で死んだ。
みーくんの目の前だったらしい。これは友達から聞いた話だった。

その日の夜にみーくんが私の家に来た。
みーくんは見るからに弱って居て、私を頼ってくれているのだと
少しだけ思ってしまった、なんだかどうしようもない自分に落ち込んだ。

「僕のせいで死んだのかもしれない」

みーくんが言った。そう言った。

「そんな事無いよ」

私はそんな風に答えた。

 

29: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 12:52:29.62 ID:JPySpQ+Q0

「俺が多分迫ったから」

そう濁してみーくんは言った。
すごく濁し濁しだったけど
『えーちゃんが小さな頃から性的な虐待を受けて居た事』
『えーちゃんとみーちゃんが付き合って居た事』
『みーくんは虐待を知って居てキスを迫った事』を話していた。

みーくんの手は震えて居て
いつも優しくて強いみーくんは居なくて。
抱きしめようとして、でもその手を引っ込めてしまった。

「キスしたの?」

私はそんな事を聞いてしまった

 

30: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 12:55:59.71 ID:JPySpQ+Q0

「してないよ」
みーくんは浅く笑った泣きそうな変な顔だった。
私はみーくんをやっと抱きしめた。

みーくんは泣きだした子供みたいだった。
私も泣いた、悔しかった。みーちゃんと始めて付き合ったのがえーちゃんだったから
でもえーちゃんの事も私は嫌いになんかなれなくて最終的にはえーちゃんを悼んで泣いた。

 

31: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 13:05:01.95 ID:JPySpQ+Q0

その日を境に隣に居るのはまた私になった。
私は部活を辞めて、髪を伸ばした。
みーくんは周りから色々言われて居たけど
事が事だったから、周りも直接言ったりする事はなかった。

みーくんは抜けがらみたいだった。
私と居てもみーくんはただ笑うだけだった。
なにも言ってくれなかった。

 

32: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 13:05:15.37 ID:Xm5hW3ot0
虐待の事実を知ってキスを迫るとか
みーくんがクズだとしか思えないのは
俺が小さい人間だからなんだろうか

 

34: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 13:10:19.23 ID:JPySpQ+Q0
>>32
みーくんは好きの延長で言ったんだとおもう
結局しなかったわけだし。

 

36: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 13:11:40.23 ID:1bWCw72o0
>>32
中学生だしなぁ。おれは特に屑だとは思わない。

 

33: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 13:09:38.67 ID:JPySpQ+Q0

私はみーくんの進路調査をこっそりと見て
同じ高校へ行く為に勉強した。

高校へ上がって、特殊科だったから同じクラスになれた。
付き合って居るわけじゃなかったけど
みーくんの隣はいつも私で、クラスメートからは
付き合って居るんんじゃないかときかれる事が多かった。

答える事はなかったけどそういう関係で良いと思ってた。
みーくんは多分一生他の人とは付き合わないから
私がみーくんの隣に居れば、わたしのものだって思ってたから

 

37: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 13:14:34.32 ID:JPySpQ+Q0

でも違った。
いつも見てるのはえーちゃんで私の事を見てはくれなかった
私の髪はえーちゃんと同じくらいになっていた日焼けした肌も今はもう真っ白だった

大人っぽく振舞っていた、えーちゃんになろうとしていた。
でもみーくんは時々えーちゃんを思って泣いた。
そのたびに私じゃダメなんだなって思って辛かった

そんな感じで今も日々を過ごしている。
でもいい加減、高校を卒業するまでに告白がしたい。

そう思ってスレを立ててみますた。
ごめん対した話じゃないんだけどね、今日告白しにいくよ
みーくんはえーちゃんが好きなのを知ってるから報われる訳ないんだけどね

 

38: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 13:17:03.92 ID:1bWCw72o0
>>37
今日いくのか!
応援してるよ。上手くいくといいな。

 

39: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 13:17:59.53 ID:JPySpQ+Q0
>>38
うん、決着付けるために立てたスレだからね
多分振られるし、私も今これ書いてて思ったけど大分病んでるし
早く終わらせるべきだって思ってる

 

40: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 13:19:43.78 ID:1bWCw72o0
>>39
病んでるとはおもわないし、
えーちゃんが死んだ後ずっとそばにいたのは>>1なんだし、
必ずしも振られるとは思わないぞ。

 

41: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 13:23:00.27 ID:JPySpQ+Q0
>>40
いやどうかなぁ
えーちゃんは私とかと比べれない位好きなんだと思うよ
見てて解るし、無謀だなぁって
もちろん振られてもみーくんが他の女の子好きになるまでは一緒に居るよ
みーくん一人にしたくないし、できないし

 

42: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 13:26:07.90 ID:1bWCw72o0
>>41
そうかも知れないけど、死んだ人はもう居ないわけだからな。
たとえ今日振られたとしても、ずっと一緒に居ればまたチャンスは有ると思うよ。

 

44: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 13:30:42.11 ID:7zJfP296i
えーちゃん越えられなくて良いと思えて
二番目で良いならそれを伝えて告れよ

 

45: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 13:38:56.52 ID:50Vyqqm30
まぁみーくんもいつまでもえーちゃん引きずるわけにはいかないだろうしな

 

46: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 13:48:28.35 ID:JPySpQ+Q0
>>42
それは思うよ、でもずっとは居れないよ
大学までは頑張れば一緒に居られるけど
其れ以上はきっと無理だと思う
>>44
二番目はやだよ。無理だよ
誰も報われないと思う
>>45
それはそう思うよ

 

47: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 13:48:44.88 ID:JPySpQ+Q0
今から断髪式して行ってくるよ

 

48: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 13:51:57.48 ID:g8/W1ckli
俺も高1の頃十年の片思いに決着つけに行ったわ

 

52: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 14:03:52.02 ID:QmXpG/EU0

>>47
今はえーちゃんと同じくらいなんだよね?
バッサリといこう!

そしてがんばってこいよ

 

53: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 14:05:19.07 ID:Ip4Oxwtwi

死んだ奴には勝てない、だけど生きてる奴にしかできない事のが多いぞ。

もしみーちゃんがみーくんを本当に思っていてずっとこのまま傍にいたいなら何回でも告白しろ。えーちゃんになろうとなんてしないでありのままのみーちゃんでいけ!みーくんもその方がいいと思うぞ?

応援してる。

 

54: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 14:23:55.50 ID:JPySpQ+Q0
>>48
おお、どうでしたか
>>52
自分でやったから微妙だけど切ってみたよ
>>53
そうだけど、うーんこれで最後にする。
みーくんも可哀想だと思う私と居ても。
みーくんが好きなのはえーちゃんで
えーちゃんを好きなみーくんも含めて私は好きなんだ

 

56: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 14:52:46.51 ID:50Vyqqm30
応援してる。

 

68: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 17:52:31.74 ID:yof/37Kx0
しえん
がんばってー!

 

70: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 18:09:26.50 ID:GCNyAoJli
しえん
がんばれ!

 

71: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 18:20:10.86 ID:BBLWxiUvO
今のみーくんを理解して包んでやれるのはみーちゃんお前だけだっ!!
えーちゃんの存在含めてみーくんを愛してやれるならゆけっ!!
辛い事も待ってるだろうがお前の愛した人が愛した人なんだ、受け入れて進め!!マジ頑張れよ!!

 

78: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 19:55:02.17 ID:1bWCw72o0
他人事なのにめちゃめちゃdkdk

 

79: みーちゃん 2012/04/27(金) 20:56:29.31 ID:JPySpQ+Q0
こんばんは。みーちゃんです。
とりあえず告白してきました。
全部携帯で読んでました、でも書き込みは規制なのか
長文は打てなかったので、返事ができずごめんなさい

 

80: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 20:58:55.48 ID:oX5AEcQV0

>>79
おかえり

報告できる?

 

81: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 21:00:10.05 ID:JPySpQ+Q0
>>80
今からします。
大丈夫です、私はそれなり強いと思うし
好きとか嫌いとか付き合うとかもうそういう次元ではないですし

 

82: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 21:01:02.77 ID:oX5AEcQV0
>>81
のんびり聞くよ

 

83: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 21:01:39.21 ID:JPySpQ+Q0
>>82
ありがとう、ゆっくり書いて行くよ

 

84: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 21:02:58.98 ID:Ba3cKm430

おかえり

おなじくゆっくり聞く

 

85: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 21:05:36.76 ID:JPySpQ+Q0

結果から書くのはよくないかもだから
しっかり書きますね。

あの後3時半にみーくんと待ち合わせをした。
小学校の近くの小さい公園。
一方的にメールを送って約束したし、3時半だと学校をさぼらなきゃ来れないから
ただ私が行きたかっただけなんだけど。

でもみーくんは居て
「なんで今日休んだのさ、その髪どうしたの」
と優しかった。
「失恋したの?」
みーくんが珍しく私にたくさん質問した。
「しに来たんだよ」
ちゃかして言ってみた。棒読みだった。

 

86: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 21:08:43.87 ID:JPySpQ+Q0

みーくんが黙った。
「帰ろうよ」
みーくんの癖。私の好意を知ってるから、いつもそういう話は
こうやって誤魔化そうとする。
私の事振りたくないんだなぁ、優しいんだなぁって泣きそうになった。

「帰らないよ、いい加減返事を聞かせてください。
私はみーくんが好きだよ、えーちゃんよりきっとみーくんが好きだよ
みーくんがえーちゃんを好きでも私はみーくんが好きだよ」

ずっと考えてた言葉だった。すらっとは言えなかった。
途中で酷い事言ってるのにも気付いた、でも止まらなかったし
止める気もなかった。みーくんは困った様に笑った。
前に見た泣きそうな顔だった。

 

87: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 21:11:00.17 ID:JPySpQ+Q0

「えーがまだ好きなんだよ」

息を詰まらせて言った。

「もう居なくてもさ」

諦めた様に呟いた、私は酷い事をしてる気がする。
大好きな人の死を無理矢理口にさせてる。
酷い子だなぁと思うと同時に失恋したんだと思った。
解り切ってる事だったから涙は出なかった。

「でもさ、みーちゃんも好きだよ」

みーくんが私の頭を抱きしめた。
暖かった、みーくんは香水の匂いがした。

 

88: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 21:15:07.63 ID:JPySpQ+Q0

正直この後はよく覚えて居なかったんだ。
泣いてしまって。いやなんか、うん。
こう絶対報われないと思っていたし、好きの意味は違ったのかもしれないけど
溢れてしまって、どうしていいか解らなくなった。

でもやっぱりみーくんの好きはストレートな好きじゃなかった。
『えーちゃんが好きでみーちゃんも好き』
『えーちゃんに悪いと思ってる』
『俺はえーを好きで居なきゃいけない』
『でも、みーちゃんを失うのは俺は怖いよ』

そんな感じの事を言って居た気がする。
でもそんな言葉誰も幸せになんかなれないじゃないかと
私は泣いて居たせいもあって何も言えなかった

 

89: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 21:17:52.90 ID:oX5AEcQV0
聞いてるからね

 

90: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 21:19:09.77 ID:JPySpQ+Q0

なんでえーちゃん居ないんだ、と思って苦しくなった。
私じゃ結局みーくんを癒せないんだと改めて言われた気になった。

私は頑張って笑顔を作った。
そうとう不細工で可愛くなかったと思う。

「ねぇ、みーくん。お話ししようよ、私とみーくんが出会った頃から今迄の事」

そう言ってみた。何で言ったのかわからないけど
此処に吐き出す見たいにしたらお互い見えないものとか
これからの関係とか出口みたいなものが見つかるんじゃないかなぁって
安易に考えたからだと自分では思ってる。

 

91: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 21:19:32.47 ID:59qTJJ6DO
なんか切ないな
けどこの二人ならずっと凄くいい関係でいられそうな気がする

 

92: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 21:23:57.34 ID:JPySpQ+Q0

みーくんの本音を沢山聞いた気がする。
二人で小さい頃の話をして、えーちゃんに会うまでは
「みーちゃんと一生居るんだろうなって思ってた」と言われて
どうしようもなくうれしくて沢山泣いた。
二人で笑って泣いて、小さい頃みたいに喧嘩して、気付いたら6時位で

急にみーくんが立ち上がって
「お墓参りに行こう」
そう言った。私は驚いた、みーくんはえーちゃんのお葬式もお墓参りも
一度もいった事がなかったから。
二人でみーくんの自転車の後ろにのって花屋さんで500円分くらいの花と
お線香を買った。暗くて怖かったけどお墓へ行った。
なんでこう思ったのかみーくんには聞いてないからわからない

 

93: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 21:27:35.84 ID:JPySpQ+Q0

私も中学時代から一度も行ってなくて
土地柄から山の方にあるお墓だから迷いながら、行った。
時間は見て居なかったけど、もう7時近かった気がする。
二人でお花とお線香を供えた、えーちゃんのお墓は未だに
クラスメートやご両親が来ているのかお花が沢山あった。

そうしたらみーくんが泣きだした。崩れ落ちて
何を言って居るのか解らないくらい泣いてた。

「みーちゃん」

私の名前を時々呼んでいた。

 

94: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 21:30:18.02 ID:JPySpQ+Q0

「みーくん、えーちゃんのは事故だよ」

良い忘れたんだけど、みーくんの目の前で死んだっていうのは
噂だったらしい、目の前ではなくて二人で逢ったその帰り。
だから本当にえーちゃんの事は事故だったんだ。
えーちゃんもみーくんも悪くない、本当にそう思っていった言葉だった。
でも私は少し物事をストレートに言う癖があるからみーくんを傷付けたかもしれない。

「関係ないんだよ」

みーくんが嗚咽混じりに行った

 

95: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 21:33:43.51 ID:JPySpQ+Q0

「関係あるよー、みーくんが早くえーちゃん以外の女の子を好きになってほしい
みーちゃんが居なくてもみーくんが確り生きていける様になって欲しいんだよ」

「そんなに弱くないよ、えーちゃんじゃないならみーちゃんを選ぶよ」

「変わりにならみーちゃんはもうなれないんだよー」

精一杯の強がりだったけど、少し馬鹿にしたような態度を取ってしまった。
そうしなきゃいっそに泣いてしまいそうで、みーくんを抱きししめてしまいそうだったw
中学の繰り返しなら、私じゃなくても出来る人は居るだろうなって思ったんだ。

 

97: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 21:36:38.67 ID:JPySpQ+Q0

「そんな事言うなよ」

みーくんが立ち上がって、私の手を引っ張った。
えーちゃんに見られたくないんだろうなぁって思って。
また泣きそうになった。

「言うよ、今しか言わないよ。変わりだとか濁さなくていいさ」

そんな事を言った気がする、ああ因みに台詞とかはこんな感じだったってだけで
言葉選びは殆どあってないかもしれない。

「みーちゃんはみーくんに見てもらいたいんですよー変わりじゃなくってさ」

 

99: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 21:40:19.14 ID:2Xp/tgoc0
泣きながら支援

 

100: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 21:40:58.66 ID:JPySpQ+Q0

みーくんは不満そうに私を見て居た。
今日1日でずいぶん表情が柔らかくなったなぁ…。と思った。

「みーくんは、また目のまえから女の子が消えちゃうのが怖いだけだよ」
「えーちゃんと重ねてるだけだよ」
「みーくんの場合の失うのが怖いは=好きではないんだよ」

私は泣かなかった!これだけは褒めて貰ってもいいと思う。

 

 

101: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 21:43:48.95 ID:JPySpQ+Q0

「ねぇ、みーくん」
「みーくんは、えーちゃんが居なかったら、いやえーちゃんが生きて居て
でもみーくんとえーちゃんは別れてて、そしたら私と付き合ってくれるんでしょう?」

脚が震えた。えーちゃんに恨まれそうだなぁって思った。
でもそれは怖くはなかった。拒絶されるんじゃないかっていう方が怖かったんだ。

みーくんはずっと何も言わなかった。

 

102: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 21:46:47.47 ID:JPySpQ+Q0

「付き合ってたと思う、でもそれはそういう前提があったからだよ」
みーくんがやっと答えた。それだけでも私は良かったけど
だからなんだって気付いた。何にもみーくんは前に行けてないんだなって。

「そっか、ありがとう。私は別にみーくんと付き合いたい訳じゃないんだ
私はいい加減決別したいんだ、この片想いとかさいろいろから」

「離れるってこと?」

今度は反応が早くて、みーくんは優しくて強くない。
弱いから優しいんだなぁって思った

 

103: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 21:50:00.04 ID:JPySpQ+Q0

「そうだよ。勿論これからもみーくんとは友達だよ。」
「でも、少なくとも私はみーくんみたいに、中学の儘居たくないんだよ」
「みーくんみたいに過去にとらわれたくない、普通に恋がしたいし結婚もしたい」
「ずっとその相手はみーくんだと思ってたけど、違うなら次に進みたいから」

それだけ言い捨てて走った。
顔が見れなかったし、これ以上言われたらまた絆されて
変わらない彼女「みたい」な関係になるんだろうなって思った。
みーくんの事は見守るけど、前みたいにするのは違うんだって解ってきたんだ。
やっと、ここで

 

104: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 21:55:35.34 ID:JPySpQ+Q0

でも当たり前のごとく、自転車のみーくんに追いつかれてしまったorz
かっこよく終わりたかったのになぁ、帰って泣いて
明日になったら、昨日までのあのべたベタを無くして、普通の普通な
男女の友達になろうって思っていたのになぁ、空気読めない男だなって思った。

「みーちゃん、ごめん。やめて離れないで無理だよ、ごめんって」

みーくんが私にすがりつく見たいな事を言った。

「俺だって忘れたい、忘れるのは違うかもだけど、そろそろ確りしなきゃって思ってるよ」
「その相手はいつもみーちゃんが良いと思ってる」
「だから、待って本当に、しっかりみーちゃんだけ見れる様になるから」

みーくんがすごい喋っていた。解りやすく誤魔化す事は会っても
嘘をつく人ではない。一番知っている、でも今迄の行動を見て居る事もあって
返事はできなかった。

 

105: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 21:58:17.35 ID:1bWCw72o0
切なさ乱れうちだな。。

 

106: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 21:58:42.24 ID:JPySpQ+Q0

「じゃあ、期限付ける。私が20歳になるまで。20歳になって」
「その時えーちゃん、えーちゃんって言うなら、私は本当に離れるよ」
「約束、できる?」

みーくんが返事をしない私に困って居たから、仕方なく口を開いて
子供の時見たいに小指を突き出した。

みーくんは一瞬戸惑う様にも見えたが小指同士を絡めた。
歌を歌って指を離して、私は笑った、結局許してしまったなと。

それでもきっと前よりは前に勧めたと思ってる。
そのあとはさっきまでの事がウソみたいに普通に話して帰った。

 

107: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 21:59:34.32 ID:oX5AEcQV0

おつかれさん

吐き出せてよかったな

 

108: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 22:00:19.43 ID:JPySpQ+Q0

だから私の片想いはなんだかんだ決着が付きませんでした。
スレタイに反してるよね、クソスレさーせん。

それでも前に勧めた事はこのスレのお陰だろうと思う。
とりあえずまた二年後位にスレ建てようかなとか思ってる
って言っても見てくれてた人がどのくらい居るか解らないんだけどね

 

110: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 22:03:10.49 ID:2Xp/tgoc0
泣いた
お前さんは絶対に幸せになる。
みーくん違いだけど保証する。

 

111: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 22:03:19.14 ID:kApc1JRXi
結果はどうであれ、吐き出せて良かったね。おつかれさま!少なからずはスッキリできた?

 

113: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 22:05:08.04 ID:JPySpQ+Q0
>>110
ありがとうw
>>111
どうなんだろうね、個人的には振られて終わりたかったから。
どっかでえーちゃんを好きなみーくんが好きだったんだと思う
一途でかたくなに其れを貫くwみたいなね

 

112: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 22:04:33.86 ID:1bWCw72o0
少しいい方向に進んだんじゃないか?
みーくんが気持ちに区切り付けられたら、
良い仲になりそうだね。

 

114: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 22:05:30.46 ID:oX5AEcQV0

たぶん
2年は待たせすぎwww

でも笑ってやれよ
人生長いんだしな

 

115: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 22:07:27.59 ID:JPySpQ+Q0

>>112
一応幼馴染ですからね。
えーちゃんが居る前はゆるーく仲が良かったんだ
>>114
やっぱそう思う?
私は短大行く予定だしその辺りで区切り付けたくてさ

うん、どんな結果になろうともみーくんはみーくんだ。
笑って別れたり、付き合ったりしようと思ってる

 

116: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 22:10:31.99 ID:JPySpQ+Q0
ああ、そうだ。GWに二人で遊園地に行って来るんだ。
どんな恰好が良いかな、今迄はえーちゃんぽい恰好しかしてなかったんだ
えーちゃんになろうとしてたから。なんかちょっと変えてみようかなぁって
もし、まだ暇してるびっぷら居たら答えてほしいです

 

117: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 22:12:03.16 ID:1bWCw72o0

>>115
いや、良い仲ってのは恋仲って意味でね。

格好は自分の好きな格好すればいいんじゃねぇの?
そういうのも決別なのではないかと。

 

119: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 22:14:06.86 ID:JPySpQ+Q0

>>117
どうかなぁ、でもなんか結局みーくんを捨てきれないんじゃないかなぁとは思ってる

うーん、そうなんだよね。でも自分の好みとかが出来上がる位の時期に
えーちゃんにならなきゃ、って頑張ってしまったせいで割と自我がない。
ボーイッシュで可愛い感じとかがいいのかなぁ…

 

118: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 22:12:36.81 ID:oX5AEcQV0

>>116
子供の頃の、雰囲気だしてみるか?

ボーイッシュなのかどうかはわからんが

 

120: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 22:14:54.54 ID:JPySpQ+Q0

>>118
そうしようかなぁ、とは思ってるんだけど
あんまり男ぽいのも良くないし難しいorz

ちなみにえーちゃんは清楚ぽい感じなんだよね。

 

122: 名も無き被検体774号+ 2012/04/27(金) 22:21:02.69 ID:HDooQcr10
今の状況がダラダラ続くのは嫌ってことはお互いに分かったんだ
それぞれの道を歩き始めて、自然とその道が重なる時がくるといいな

 

 

元スレ:10年の片想いに決着をつけたいと思う