登校拒否の俺がメンヘラ女と逃避行した話を語る

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 19:17:43.32 ID:irrcqPxv0

需要なさそうだったら途中でやめます

まず俺が登校拒否になった理由は先輩からのイジメ。
学校に近いからといって入学した高校は風紀が乱れに乱れてた。
中学から空手をやっていた俺はそのまま空手部に入ったのが失敗だった。
その部が最悪で、後輩イジメが伝統みたいな部だった。

 

6: ココロ ◆YQTE2W.ehk 2011/09/19(月) 19:20:05.97 ID:RdgurIZD0
登校拒否なんて昭和くせーよびかた

 

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 19:23:14.03 ID:b0svkayq0
建ったら書くじゃないだけマシだな
続けたまえ

 

9: 忍法帖【Lv=36,xxxPT】 2011/09/19(月) 19:24:46.83 ID:irrcqPxv0

最初は我慢していたけど、ある日携帯を逆パカされたことにキレて
主犯の先輩の顔面に正拳突きを食らわせ、前歯二本を叩き折ってしまった。
当然、その場で先輩全員から袋叩きにあった。

俺も先輩達も停学2週間を食らった。
停学明けも普通に通学すると、待ち受けていたのはまたリンチだった。
顔は避けて、必要に腹と足を蹴られまくった。
相手は空手部の先輩だけじゃなく、ほぼ学校全部の先輩だった。

 

10: ココロ ◆YQTE2W.ehk 2011/09/19(月) 19:26:18.42 ID:RdgurIZD0
ずいぶんどキュンだなてめーは。

 

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 19:28:02.49 ID:irrcqPxv0

>>10
DQNじゃないです。ケータイとパソコンが友達の根暗です。

その次の日からは学校に行けなくなった。
最初は体が痛すぎて普通に行けなかったというのもあるけど
本心は行ってもまたボコられると思って、怖くて行けなくなった。
かくして俺は入学2ヶ月たらずで不登校児となった。

こういう時に教師というのは非常に冷たい。
不登校の理由を行っても、俺が安心する結果には繋がらなかった。
親には理由を内緒にしていた。あんな馬鹿高行っても無駄だから行かないとだけ言っていた。
多分、担任から聞いていただろうから、特に怒られることもなかった。

 

14: ココロ ◆YQTE2W.ehk 2011/09/19(月) 19:29:23.93 ID:RdgurIZD0

そうかよ。

メンヘラ女とはNETでであったのか

 

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 19:30:09.52 ID:NE0eCDtX0
うわあ…かわいそう…。
損壊と暴行なのに、なんで普通に訴えないんだろう。

 

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 19:32:16.43 ID:irrcqPxv0

>>14
メンヘラ女とはリアルで出会いました。

>>15
そのころはそういう発送はなかったです。
むしろ報復とか怖くて思いついても実行しなかったとおもう。

さて親には強がってみせたものの、申し訳ないという思いがあった。
バイトをすることも考えてけど、外に出ると先輩にはち合う可能性もあるから諦めた。
さすがのDQNどもも家に押しかけてくることはなかったものの、俺は凄く過敏になっていた。

それからは一日中部屋にいる生活が始まった。
ゲームと2chばかりする毎日。結構楽しかった。
親に申し訳ないという気持ちはすぐになくなった。
ネトゲにもどっぷり嵌った。睡眠と食事以外はほぼpcの前にいた。

 

17: ココロ ◆YQTE2W.ehk 2011/09/19(月) 19:32:21.82 ID:RdgurIZD0
いつの話だ。

 

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 19:35:36.69 ID:irrcqPxv0

>>17
今から3年ちょい前のことになります。

ネトゲに熱中し始めや俺は、課金する金が欲しくなった。
深夜のコンビニなら先輩に合うこともないだろうと
考えた俺はチャリで20分先のコンビニでバイトを始めた。
そこで出会ったのがメンヘラ女だった。

メンヘラ女は2歳年上の高三だった。
前髪パッツンのショートヘアで、背が小さかった。
モノトーンの服や小物をよく愛着していた。今思えば見た目からメンヘラ臭全開ww
しかし、その時の俺は優しく仕事を教えてくれた彼女に惚れてしまった。

 

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 19:37:36.48 ID:irrcqPxv0

俺はなんとかしてヘラ子と仲良くなりたいと思った。。
シフトが被ることが多く、ヘラ子と仲良くなるのは意外と早くて簡単だった。
深夜の暇な時間帯なので、お喋りする時間には事欠かなかったから。

聞けば、彼女もネトゲやアニメが好きだということが判明した。
おれもなんすよwwwwwwwwってその時の俺はそんな風に笑っていた。

 

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 19:41:49.70 ID:aknqclm+0
いつの間にかヘラ子に名前かわってるなwww

 

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 19:42:28.17 ID:irrcqPxv0

ネトゲしかなったオレが、バイトに行くのが生きがいになっていた。
高校入学から最悪なことしかなかった毎日が楽しくなっていた。
不登校なことで負い目を感じて、疎遠になっていた親とも会話するようになった。
バイトを始めてから約4ヶ月、全て順調に進んでいた。

あの日が来るまでは。

 

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 19:45:30.16 ID:irrcqPxv0

その日もいつもどおりにバイトに行き、ヘラ子と何気ない会話をしていた。
深夜の2時ぐらいだったろうか。3人組の客が来店した。
しゃーませー、と挨拶をしてから気づいた。
空手部の先輩だった。前歯が二本差し歯の先輩だった。

俺は咄嗟にバックルームに逃げ込んだ。
心臓をバクバクいわせながら、気づかれていないことを必死に祈った。
だけど、その願いは届かなかった

 

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 19:48:34.03 ID:irrcqPxv0

しばらくして、ヘラ子がバックルームで息を潜めていた俺の所までやってきて
「今のお客さんが>>1君のこと呼んでるよ。友達?」と言ってきた。
俺は返事を返すことができなかった。
無言の俺を見てヘラ子は何かを悟ったのか、何も言わずにレジまで戻っていった。
先輩達と何か話しているようだった。俺がgkbrと震えていると、突然怒号が上がった。

 

27: ココロ ◆YQTE2W.ehk 2011/09/19(月) 19:49:39.71 ID:RdgurIZD0
ほおおぉ…
バイトする引きこもりとは俺たちとは、すげー違うできるヤツだな…

 

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 19:53:24.74 ID:irrcqPxv0

>>27
ネトゲの金欲しさですけどね

「いるの分かってんだよ!出せよコラァ!」
先輩の声だ。正直上手く思い出せないくらい、俺は動転していた。
それと同時にヘラ子のことが心配だった。でも俺の体は動かなかった。
「帰れえええくぁwせdrftgyふじこlp;@!!!!111」
耳障りな奇声を上げたのはヘラ子だった。
凄く大きな声だった。パニックでも起こしたのかと思った。

 

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 19:52:34.82 ID:9r2pPgm50
今、>>1は、何やってんの?

 

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 19:58:26.64 ID:irrcqPxv0

>>29
今もコンビニじゃないけど絶賛フリーター中です。

ヘラ子の奇声を聴きながらも、俺は先輩達の前に顔を出せなかった。
頭の中には恐怖と情けなさと、バイトを辞めなければいけないという想いがあった。
しばらくするとバックルームにヘラ子がやってきた。
「帰ったよ」と一言。
俺はヘラ子の顔を見ることが出来なかった。

 

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 20:01:24.60 ID:NE0eCDtX0
強い;;;<ヘラ子
即効警察呼んじゃうな…というか、女の子なのに深夜番…;;;

 

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 20:02:46.40 ID:irrcqPxv0
無言の俺に、「大丈夫?」と声をかけてくれるヘラ子。
情けなさでその場で死にたくなった。正直少しだけ泣いてた。
「俺、バイト辞めます」
多分、声震えてた。そして少し噛みながらも俺はそれだけ言って、逃げ出した。

 

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 20:06:58.39 ID:irrcqPxv0
バイトのことなんかどうでも良くて、俺はチャリも置いたまま走って帰った。
先輩達に合う可能性も考えて、あえて遠回りしたから1時間ぐらいかかった。
家に帰ってからは、自殺すら考えた。けど出来なかった。
布団にくるまって、ずっと後悔だけを口にしてた。
携帯に何度か着信があった。
ヘラ子と店長からだったけど、当然出れなかった。

 

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 20:07:43.90 ID:huK7qExl0
俺は支持する

 

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 20:11:49.38 ID:irrcqPxv0

気づけば朝になっていた。いつの間にか寝てた。
携帯を見ると着信とメールがすごいことになってた。
主にヘラ子だったけど、店長と他のバイト仲間からもかかってきてた。
少し悩んだけど、店長に辞める旨のメールを出して
ヘラ子には謝罪のメールを送った。

すぐに電話がかかってきた。

 

45: 忍法帖【Lv=7,xxxP】 2011/09/19(月) 20:12:33.47 ID:vvIA6NPV0
高校生が深夜バイトってしていいんだっけ?

 

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 20:13:21.26 ID:p9FqoZC+O
>>45
10時までっす

 

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 20:14:48.40 ID:irrcqPxv0

当然、店長は凄く怒っていた。

店長のとの会話の中で、何故かヘラ子もバイトを辞めたことになっていた。
でも店長にその詳細を聞ける雰囲気じゃなく、俺の中に疑問だけが残った。
その後少し待ってみたけど、ヘラ子からの連絡はなかった。
一晩たって落ち着き始めていた俺は、勇気を出してヘラ子に連絡を試みた。

 

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 20:16:01.33 ID:mKMWmxyD0
頑張れ>>1見てるぞ

 

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 20:17:49.65 ID:irrcqPxv0

だがヘラ子は電話に出なかった。

ヘラ子に連絡がとれず、俺は混乱していた。
どうしてヘラ子までバイト辞めたのか分からないし
あのあと先輩達が戻ってきて、ヘラ子になんかあったのかもしれないし
と色々な妄想が浮かんできて気がきじゃあなかった。

 

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 20:22:04.10 ID:irrcqPxv0
それから2時間ぐらい経って、ヘラ子から折り返し電話がかかってきた。
電話口のヘラ子の第一声は「良かった」だった。
それだけで俺はなぜだか少し泣きそうになった。
ヘラ子にどうしてバイトを辞めたのか聞くと、
「なんとなくかな」と、答えをはぐらかされた。

 

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 20:25:41.92 ID:irrcqPxv0
その後、俺は先輩達からのイジメで不登校であることを説明した。
俺が話している間、ヘラ子はうんうんと相槌をうって聞いてくれていた。
あらかた説明し終わって「迷惑をかけてすいませんでした」と誤って、電話を切るつもりでいた。
この切断ボダンを押すと、ヘラ子と話すことはないだろうと、少しだけ躊躇した。

 

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 20:30:16.94 ID:irrcqPxv0
するとヘラ子が唐突に妙なことを言い出した。本当に何の前触れも無かった。
「ねぇ、>>1君、二人でどっか遠くにいこうよ」
「え?」
「もうこんな世界、私は嫌なんだ」
「はぁ……」
「二人で世界を変えようよ」
「……」
正直、この時点では何を言ってるのか分からなかったが、
本当はもっとごちゃごちゃ言ってて、超要約してる。
要するにどっかに駆け落ちしよう的な意味らしかった。

 

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 20:31:00.98 ID:Emx9p6AK0
意外に興味深い

 

62: ココロ ◆YQTE2W.ehk 2011/09/19(月) 20:33:09.16 ID:RdgurIZD0

ヘラ子いいじゃねえか…

はあはぁ

 

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 20:33:54.79 ID:irrcqPxv0
言ってる意味が理解できた俺は戸惑った。
だけど「いいですよ」、とすぐにそう回答した
もちろん不安要素はたくさんあった。それが頭をよぎらなかったわけではない。
でも提案は魅力的だった。俺を知っている人間がいない場所に行きたかった。

 

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 20:36:58.91 ID:irrcqPxv0
学校はどうするのかとヘラ子に聞くと、実はヘラ子も準不登校児ということが判明した。
お金はどうするのかと聞くと、バイトで結構蓄えがあるらしい。それは俺も同じだった。
それから県外に行くことを前提に、何処に行くか話し合った。
結局、最終決定はヘラ子にお任せとなった。

 

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 20:40:39.84 ID:irrcqPxv0
出発は次の日の早朝にした。早速、準備を始めた。
俺はリュックに服とかを詰め、ギルメンにしばらく不在にする旨を伝えた。
ヘラ子との約束だったため、家を出ることは親にも学校にも友人にも言わなかった。
準備を済ませた俺は約束の日時まで眠ろうとしたが、全く眠れなかった。
なんとかエロ動画を見まくって無理やり就寝した。

 

67: ココロ ◆YQTE2W.ehk 2011/09/19(月) 20:41:08.87 ID:RdgurIZD0
>>65
いい話じゃねえか…憧れるよ…

 

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 20:44:02.33 ID:irrcqPxv0
約束の時間に駅前に行くと、既にヘラ子が待っていた。
随分大きなキャリーケースを携えていた。
服装は黒いミニスカにピンクのTシャツで、黒ニーソックスだった。
昨日ぶりであんなことの後だから、ちょっと気まずい雰囲気が流れていた。

 

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 20:45:54.14 ID:irrcqPxv0
挨拶と改めて謝罪をする俺。顔を見れなくて仕方なく絶対領域を直視する。
とりあえず予定通り始発の鈍行に乗ることにする。
田舎の始発なんで乗客は少なく、二人で対面座席に座った。
ちょっとした旅行気分で、俺の緊張は徐々に溶け始める。

 

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 20:48:46.00 ID:irrcqPxv0
目的地は日本海沿いの温泉地とうことになった。
名前は聞いたことあったけど、俺は行ったことがない場所だった。
どれくらいかかるのか検討がつかなかったが、乗り換え含め実際6時間ぐらいで着いた。
車内では7割沈黙、3割会話ぐらい。会話はアニメとかの話が多かった。
あえて二人とも重要な話から逃げていたような気がする。

 

75: ココロ ◆YQTE2W.ehk 2011/09/19(月) 20:48:57.49 ID:RdgurIZD0
>>1はすごく文章うまいな
読みやすいぞ

 

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 20:51:01.32 ID:irrcqPxv0
着いた駅はまさしく寂れた田舎だった。温泉だけで、食いついないでいるような場所だ。
見知らぬ光景を目の前にして、現実からついに逃れられた気分になった。
とりあえず、ちょうど昼時だったから近くの喫茶店みたいところに入る。

 

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 20:54:01.00 ID:irrcqPxv0

飯を食いながら、俺はヘラ子に今日の宿泊先をどうしようかと持ちかけた。
ヘラ子は「とりあえず部屋を探そう」と答えたが、俺はよく意味が分かってなかった。
とりあえず「そっか」とだけ生返事を返した。

飯屋を出ると俺たちは不動産屋へ向かった。

 

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 20:58:30.93 ID:irrcqPxv0
まさかそこまで考えていたとは思っていなかった俺は凄く焦った。
そこまでのお金は当然持ち合わせていない。でもヘラ子はマジの様子だった。
正直、旅行気分でいた俺は気持ちの整理がつかないまま、ヘラ子にただ付き従う形になった。
当然、保証人もいない俺たちに部屋を貸してくれる訳はなかった。
身分証の提示を求められたらグゥの音も出なかった。まさか学生証を提示するわけにもいかない。

 

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:01:16.64 ID:irrcqPxv0
不動産屋を出た後、ちょっと不機嫌になったヘラ子をなだめながら、旅館に泊まるよう説得し、
結局、海沿いのちょっといい旅館に泊まることになった。
シーズンじゃなかったので、すんなりと泊まることが出来た。
ただ若い二人客に旅館の人は少し怪訝な顔をしていた。

 

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:05:05.62 ID:irrcqPxv0
旅館に部屋に着くと、ヘラ子の機嫌も良くなり、すぐに温泉に行くことになった。
もちろん、男女別々の大浴場だけど、俺はなぜだか少し緊張していた。体を入念に洗ったった。
俺は先に上がり、休憩室みたいなところでヘラ子を待った。
結構長いこと待って、ヘラ子が上がってきた。
浴衣に着替えており、髪が濡れていて、いつもと違うヘラ子だった。

 

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:06:22.34 ID:SHm7FKoz0
濡れ場クルーーーー???

 

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:07:16.30 ID:T69Sicu00
やっとか、すっかり冷えちまったぜ・・・

 

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:09:38.89 ID:irrcqPxv0
その後、旅館内のゲームコーナーでUFOキャッチャーをした。
アーム弱すぎワロス状態で結局ひとつも取れなかった。でも楽しかった。
部屋に戻ると、特にすることもなく、テレビをつけて二人で見てた。
二人とも浴衣だからか、ちょっと微妙な雰囲気が流れていた。

 

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:10:40.12 ID:SHm7FKoz0
wktk

 

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:13:31.15 ID:irrcqPxv0
それから数時間たって、晩飯を食べ終わると俺はもう一度風呂にいくことにした。
ヘラ子は部屋にいるとのことなので、一人でいった。微妙な空気はまだ継続中である。
俺はおそらく今夜童貞を捨てるだろうと悟っていた。多分、ヘラ子もその気だろうと思っていた。
一応、脱衣所の自販機で歯ブラシを買って、入念に歯を磨いておいた。

 

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:16:16.40 ID:irrcqPxv0
部屋に戻るとヘラ子は上機嫌で出迎えてくれた。
その手にはどこで調達したのか、2本のチューハイの缶。
プルタブを開けて、二人で乾杯する。
初めてのアルコールの味を、俺はあまり覚えていない。

 

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:18:16.99 ID:GwyH9UXni
青春や!青い春や!

 

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:19:40.46 ID:irrcqPxv0

それから色々な話を二人でした。酒の力か、いつもより深い話をした。
ヘラ子の家族の話を聞いた。あまりいい話ではなかった。

俺はヘラ子に告白をした。

ヒラ子は少し悲しそうな顔をしながら、
「本当の私を知っても、それまだ言える?」と言ってきた。

 

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:22:56.07 ID:T69Sicu00
ごくり・・・

 

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:23:28.40 ID:R2x9O6nR0
本当のヘラ子、、、

 

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:23:34.78 ID:irrcqPxv0

俺はもちろん、「言える!」と即答。
するとヘラ子は浴衣の裾を上げて、自分の腕を見せつけてきた。

リストカットの跡。それも、一度ではなそうだった。
一瞬、言葉が出なかった。でも「それでも、好きだ」と口にした。

深く考えもせずに。

 

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:27:17.11 ID:Nk+naKbP0

そんな金あったらレーザー治療で跡消せば良いのになぁと思いました。

消すのにすごいお金かかるけどさ

 

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:27:31.02 ID:ScNzqjjP0

リスカって構って女の典型だろ

あんなの慣れてくるとかさぶためくる程度の痛さだからな

 

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:28:02.92 ID:irrcqPxv0

補足:日中はリストバンドで傷を隠していました。

ヘラ子は笑って「ありがとう、私も好きだよ」って言ってくれた。
そして、俺はファーストキス経験した。
それはとても短かったけど、短いキスを何回もした。
そして、その晩――

俺は童貞を捨てることはなかった。

 

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:28:42.21 ID:SHm7FKoz0
>>108
おおおおおおおっとおおおお

 

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:30:36.65 ID:SHm7FKoz0
>>111
童貞を捨てることはなかったあたりで盛り上がりそうだな

 

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:32:42.89 ID:irrcqPxv0
まず俺には絶対的に度胸が足りなかった。
リストカットの跡にも怖じ気付いていた。
それに正直、息子は立たなかった。
好きだと言ったのに、俺は怖気ついていた。
その日は手をつないだまま、同じ布団で二人で寝た。
朝起きた時には繋いだ手は離れていたけど。

 

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:34:06.43 ID:SHm7FKoz0

>>114
よくあること

繋いだままなんか寝れるか

 

116: ココロ ◆tFT5.ndk7A 2011/09/19(月) 21:34:09.35 ID:RdgurIZD0
えええっ

 

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:35:14.18 ID:7v7lrybs0
二人とも若いからな
こうなるだろうよ

 

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:36:37.09 ID:irrcqPxv0
次の日、俺は早くも帰りたくなっていた。でもヘラ子はにそんな様子はない。
旅館に連拍するにも金がかかる。貯金があるといっても学生バイトの身。
このままを続けるのは無理がある。いずれは帰らなくてはいけない日がくる。
それはきっとヘラ子も分かっているはず。
いいとこもって一週間。俺はそんな風に見積もっていた。

 

119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:37:39.87 ID:ScNzqjjP0

もう転校しろよ

高校生ならがんばれば独り暮らしできなくもない

 

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:40:55.15 ID:irrcqPxv0

>>119
当時は3年以上前になるんでもう手遅れですww

逃避行の終りはそれからすぐに訪れた。
連泊を申し込んだ旅館の人に怪しまれたのが決定的だった。
身分証の提示を求められ、学生証を出すわけにもいかず
答えに困った俺達は仕方なく旅館を後にした。

 

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:42:16.19 ID:ScNzqjjP0
いきなり旅館かよブルジョワだな
まずは満喫だろ

 

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:44:34.28 ID:irrcqPxv0
しばらく、周辺を歩き回った。ここで人生初の手を繋いで歩くを経験。
コンビニで昼飯を買ってコンクリートの海岸岸?に座って食べた。
「これからどうする?」とヘラ子に聞くと違う街に行こうと言われた
正直帰りたい俺は返事を濁すも、結局本気のヘラ子に従うしかなかった。

 

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:50:06.65 ID:irrcqPxv0

それから駅に向かう途中、自転車の警官とすれ違った。
全く怪しくないのに、呼び止められる理不尽。
年齢は?学校はどうしたの?どこの学校?
と問われて、言葉に詰まる。ファビョる俺かっこ悪い。
そして結局、補導された。
これで俺たちの逃避行旅行は終了となった。

最後はすごくあっけなかった。

 

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:51:51.81 ID:GwyH9UXni
あっさりやな

 

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:51:49.50 ID:frniMnkJi
うーん、高校生は深夜バイトできないよ?

 

134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:52:32.55 ID:SHm7FKoz0
>>132
シーーーー!!

 

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:52:45.12 ID:Bi8V7bxY0
アフターストーリー書けよ

 

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:53:00.25 ID:Pse3yR080
その後は?

 

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:53:02.51 ID:QscL1qrY0
その後が気になるんだが

 

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:55:57.23 ID:irrcqPxv0

>>132
俺は10時から1時までのシフトでした。
法律違反だったのかな、でも事実です。

>>135-137
その後もヘラ子と現在まで付き合っています。
実をいうと、先日妊娠が発覚したため、結婚する予定です。
なんというかその気持ちの整理というか、決意の確認?
のためのスレ立てでした。長くなって申し訳ない。

 

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:56:49.54 ID:ScNzqjjP0

>>142
はあふざけんなよリア充が2chすんなよボケ

おめ

 

144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:57:34.22 ID:sIpgw0gS0

おめでとう

その後高校は卒業できた?

後今の職業も気になる

 

146: 忍法帖【Lv=38,xxxPT】 2011/09/19(月) 21:58:01.75 ID:Q5JEPkAm0

おいついた。

てか、なんで18未満で深夜バイトできたの?

 

155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 22:00:41.97 ID:irrcqPxv0

>>144
高校は辞めました。今は絶賛中卒フリーター中です。
なんとか就職したいと思ってるのですが

>>146
なんでかはわかりません。深夜バイト駄目なのも始めてしりました。

 

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:58:01.89 ID:Q/tA1qz90
童貞捨てるまでも書こうぜ

 

148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 21:58:22.95 ID:T69Sicu00
なんか釈然としないな
初セクロスの話よろ

 

157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 22:01:42.89 ID:irrcqPxv0
>>147-148
脱童貞話はそんな面白くないですよ。
需要あるなら試しに書いてみましょうか?

 

159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 22:03:02.48 ID:JdYqIGw40
へら子のメンは治ったんかい?

 

161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 22:05:09.20 ID:irrcqPxv0
>>159
ヘラ子のメンヘラは治ってませんが
リスカだけは辞めさせました。
傷が治せるということもレスで知れたので
スレ立てて本当に良かった。

 

162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 22:06:42.67 ID:SHm7FKoz0

>>161
ガキにヒステリー起こしたりもっとひどいコトが起こる可能性あるから本気で気をつけろ

 

164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 22:08:55.39 ID:irrcqPxv0

>>162
ご忠告ありがとうございます。気をつけます。

アフターストーリー云々ですが、ちょっと疲れたのでやぱ止めます
すいません

そいじゃあこの辺で終了します。
本当にありがとうございました。

 

166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/19(月) 22:14:11.89 ID:WkYxhf1M0

なんと!

おめでとうございます♪

 

167: ココロ ◆tFT5.ndk7A 2011/09/19(月) 22:14:46.11 ID:RdgurIZD0
えー
なんで最初の夜道程捨てられなかったの?

 

 

元スレ:登校拒否の俺がメンヘラ女と逃避行した話を語る

関連まとめ

恋愛の関連記事

  • 変わる決心をした

    変わる決心をした

  • 彼女と別れたいんやが何をどうしたらいいの?

    彼女と別れたいんやが何をどうしたらいいの?

  • DQNだった俺を更正させた女の話をする

    DQNだった俺を更正させた女の話をする

  • 好きだった人が雑誌に載ってた。

    好きだった人が雑誌に載ってた。

  • オープンキャンパスで一目惚れした話

    オープンキャンパスで一目惚れした話

短編の関連記事

  • (元)彼女に浮気されたけど質問ある?

    (元)彼女に浮気されたけど質問ある?

  • 好きだった人が雑誌に載ってた。

    好きだった人が雑誌に載ってた。

  • オープンキャンパスで一目惚れした話

    オープンキャンパスで一目惚れした話

  • みんな俺の初恋の話を聞いてくれ

    みんな俺の初恋の話を聞いてくれ

  • ピザデブヲタな私が結婚できた話をする

    ピザデブヲタな私が結婚できた話をする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です